その他のカテゴリ記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

カテゴリ:その他

その他のカテゴリ記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。
No Image

2013-08-09 その他
https://www.youtube.com/watch?v=fqmZFM6krqo ※音が出ますのでご注意を!! 以前紹介した「インスタントラーメンは自作できるのか?」に続き、コメントを頂いたdat47さんの動画です。今度はノンフライ麺のインスタントラーメンを自作しています。 麺がやたらうまそうです!途中ハプニングもあり面白い動画ですよ! 前回同様、これがおいしかったのかどうか、油揚げ麺の時と比べて完成度が違うのか、とても気に...

記事を読む

No Image

2013-06-13 その他
https://www.youtube.com/watch?v=Y0i1daWyv68 ※音が出ますのでご注意を!! コメントを頂いたdat47さんの動画です。インスタントラーメンを自作しています。 食べてばっかりの自分からしたら、これは眼から鱗でした。 ラーメン好きならば面白い動画だと思いますのでぜひご覧ください!! これがおいしかったのかどうかがかなり気になるんですが・・・w インスタントラーメンは自作できるのか?...

記事を読む

2012-09-09 その他
どうもー、ハンサムです。久々の不定期日曜版です。今回は、赤城乳業株式会社の「ガリガリ君リッチ コーンポタージュ味」です。 これね、発売されるの全然知らなかったんです。いつもの仕事の帰りにカップ麺買うのに立ち寄ったコンビニで発見したんです。げー、ガリガリ君コンポタ味とかヤバイでしょーナイナイ! という事でその日は買わずにw 数日後、オサーン氏との会議中にガリガリ君の話になってですね。なんと、ガリガリ...

記事を読む

2011-09-17 その他
どうもオサーンです。今回は久々にカップ麺じゃなくてラーメン店の記事をば。 1年近くご無沙汰してたのかな、札幌平岸のmen-eiji HIRAGISHI BASEさんにお伺いしました。私の最もお気に入りだったラーメン店だったのですが、3回連続で臨時休業で門前払いをされてしまい、それからというものお店から遠ざかってしまいました。もともと私の生活圏にないため私にとって行き辛い店だったことに加え、予告なく臨時休業されてしまうと...

記事を読む

2011-09-02 その他
どうもオサーンです。最近、このブログのアクセス数が伸びています。非常にありがたいとともに、しっかりやらなきゃという思いを強くしています。ただ、その思いとは別に、私オサーンの本業が時間的に不安定で、いつ何時ブログを更新できなくなるかわからない状況でもあります。もし更新できなくなった場合は、ハンサム氏にまたフル稼働してもらうつもりです。 さて本題ですが、何か変わったことがやりたいなと思い、自分のブロ...

記事を読む

インスタントラーメンは自作できるのか?ノンフライ編

  •  投稿日:2013-08-09
  •  カテゴリ:その他
https://www.youtube.com/watch?v=fqmZFM6krqo

※音が出ますのでご注意を!!


以前紹介した「インスタントラーメンは自作できるのか?」に続き、コメントを頂いたdat47さんの動画です。今度はノンフライ麺のインスタントラーメンを自作しています。 麺がやたらうまそうです!途中ハプニングもあり面白い動画ですよ!


前回同様、これがおいしかったのかどうか、油揚げ麺の時と比べて完成度が違うのか、とても気になりますw


インスタントラーメンは自作できるのか?ノンフライ編



 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インスタントラーメンは自作できるのか?

  •  投稿日:2013-06-13
  •  カテゴリ:その他
https://www.youtube.com/watch?v=Y0i1daWyv68 ※音が出ますのでご注意を!!

コメントを頂いたdat47さんの動画です。インスタントラーメンを自作しています。
食べてばっかりの自分からしたら、これは眼から鱗でした。 ラーメン好きならば面白い動画だと思いますのでぜひご覧ください!!


これがおいしかったのかどうかがかなり気になるんですが・・・w


インスタントラーメンは自作できるのか?



 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤城乳業 「ガリガリ君リッチ コーンポタージュ」

  •  投稿日:2012-09-09
  •  カテゴリ:その他
007_20120909220642.jpg

どうもー、ハンサムです。久々の不定期日曜版です。今回は、赤城乳業株式会社の「ガリガリ君リッチ コーンポタージュ味」です。
これね、発売されるの全然知らなかったんです。いつもの仕事の帰りにカップ麺買うのに立ち寄ったコンビニで発見したんです。げー、ガリガリ君コンポタ味とかヤバイでしょーナイナイ! という事でその日は買わずにw 数日後、オサーン氏との会議中にガリガリ君の話になってですね。なんと、ガリガリ君リッチ コーンポタージュ味、販売休止。理由は予想を上回る売れ行きで生産が追いつかない為だとか! な、なんだってー!? それは幻となる前に食べなければ!! …という事で購入に至ったワケでありますw 焦って買いに行ったけど、まだ残ってて良かったw

009_20120909220642.jpg

さて、中身はこんな感じです。コンポタらしい黄色です。アイスとしてのコンポタ、コンポタとしてのアイス。う、うゎぁぁ、なんだ何を信じればいいんだオレはぁぁ…っ何を頼りにすればいいんだぁぁ…っ ってな心境w

010_20120909220642.jpg

そして目を閉じて自分を開放するがごとく一口目。 ぬおーなんじゃ当然ながら紛れもなくコンポタだよオィィィ(涙) そして紛れもなく甘さもしっかりのアイスだよオィィィ(涙) なぜにコンポタを選んだのだ赤城よォォ(涙)
えっとですね。食感はあのガリガリ君と同じです。外側は普通のアイス、中が氷アイスでシャリシャリ。そして味はしっかりコンポタです。そしてアイスらしく甘いです。自分の中でコンポタに重点を置くべきか、アイスに置くべきか混乱しそうになりますw 中にはしっかりコーンも入ってます。写真には一粒しか写ってないけど、けっこう入ってます。不味くはないです。ちゃんとコンポタだし。ただでも何かが腑に落ちないw

012_20120909220641.jpg

iphoneだけどなかなかよく撮れたw 複雑な気持ちのまま食べ進めていくと、不思議な現象が起こりました。なんと、自分が何味のアイスを食べているのか、よくわからなくなってきたんですw 何味かわかんないけど、美味しいな。と感じるようになったんです。考えるな、感じろ。の世界w すげーです、ガリガリ君。新境地。コーンの食感もなんだか楽しめる。

そんな感じでガリガリ君リッチ コーンポタージュ味をいただいたのでありました。不味くはなかったけど、今思い出しながら記事を書いてても、何か腑に落ちない複雑な気持ちが蘇ります。これはなんだろうなーと考えてたんですけど…たぶん、自分わかったかも。何が引っかかるのか。それはきっとコーンポタージュはアイスで食べなくてもいいなって事。あぁ、ボクは先入観を捨て切れない大人になっちゃったのかもしれないw


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

men-eiji HIRAGISHI BASE 「濃厚煮干らーめん」

  •  投稿日:2011-09-17
  •  カテゴリ:その他


どうもオサーンです。今回は久々にカップ麺じゃなくてラーメン店の記事をば。

1年近くご無沙汰してたのかな、札幌平岸のmen-eiji HIRAGISHI BASEさんにお伺いしました。私の最もお気に入りだったラーメン店だったのですが、3回連続で臨時休業で門前払いをされてしまい、それからというものお店から遠ざかってしまいました。もともと私の生活圏にないため私にとって行き辛い店だったことに加え、予告なく臨時休業されてしまうと結構厳しいものがあり、なかなか伺えなくなってました。その間はラーメン店自体にも遠ざかってしまってましたが。ただ最近は、twitterで臨時休業など告知していることがわかり、それを頼みの綱にして伺ってみることにしました。

お店は、今年の8月頭に同じ平岸ですが移転しており、だいぶ店内も広くなってました。メニューにも変化がありましたが、場所やメニュー等については他の方がたくさん書かれているので、私はラーメンについて書くことに専念したいと思います。



今回食べたのは、「濃厚煮干らーめん」。私がよく通っていた頃にはなかったメニューです。なかなかよい面構えしてますよね?器を含めたこのセンスも店主の素晴らしいところだと思います。おいしいのに美しいって素敵じゃないですか。そして、一般的に煮干ラーメンと聞いてイメージするのはあっさりな味だと思うのですが、このスープは見るからに濃厚。食べる前からドロドロしているのがわかりますよね。



麺は以前のさがみ屋製麺のものから、自家製麺に替わっているようです。以前の濃厚魚介のものに比べて、見た目は低加水になっているのかなと感じます。食べてみると、まぁとにかく!!濃い!!強烈な煮干と下支えするとんこつの風味が絶妙で、こりゃ陶酔しますね。さすがmen-eiji、相変わらずやってくれてます。見た目も濃い印象だったんですが食べるとそれ以上に濃厚なことがわかります。日本中のラーメンを食べ尽くしたわけではないですが、これは相当なオリジナリティだと思います。背脂など油系で出す濃厚さではなく、煮干で濃厚さを出すなんて、本当にすごいことですよね。やっぱりmen-eijiは最強だと思います。

私の評価は大絶賛、そう、大絶賛なんです。本当においしかったです。ただちょっと、あまりよくなかったなぁと思う部分も書かせていただこうかなと。私がmen-eijiを好きになったのは、それほそれは素晴らしいとんこつスープに惚れたからだったんですが、今回の味だと、とんこつは下支えとしては優秀であるものの、その良さを活かしきれてはいないように感じました。煮干が、そして塩気が濃すぎるからです。これはこれで素晴らしい味には間違いないんですが、men-eijiのとんこつファンとしては、煮干もとんこつも主役でいられる構成にしてもらいたかったですね。せっかくの最強とんこつなんですから。

そして上記に関連していますが、スープが濃いために麺に対して勝ちすぎてしまい、多少スープと麺のバランスの悪さを感じます。せっかくの自家製麺がその存在感を発揮しきれていないように感じられました。麺をもっと太くしたりすると解決するのかもしれませんが、私の希望としては、煮干と塩気をもっと弱めて欲しいですかね。濃い味が好きな人にはまったくもって問題ない味だと思いますが、塩気が苦手な人、特に年配の方だとちょっと厳しいかもしれません。

私がお店に通っていた頃は、他の店によくありがちな日によっての味のばらつきというのがほとんど見られない店でした。今もそうなんだと思うので、この濃い味はお店のデフォなんだろうと思われます。他の方の感想とかをネットで見ていると、味について批判している人はほとんどいなかったので、今回の私の書いたことはたぶん多くの人にとって的外れなことなんだろうと思います。あくまで味に不確かな私個人の感想だとご理解ください。



批判ちっくなことを書いてしまいましたが、先ほども書いたとおり本当においしかったです。大好きなmen-eijiであるがゆえに書いたことであり、これが他の店で出てきたらもう大絶賛しかありません。本当にすさまじいスープでした。困ったことにeijiへの要求は果てしなく大きくなってしまいます。そして濃すぎるとか言っておいて、しっかりとスープ飲み干しましたw(さらにラーメンのオカワリまでしてしまったんですが、それはまた次回に書きます)

これだけ濃厚なスープを作るためには、どれだけの材料費がかかるんですかね?具もチャーシューがかなり大振りだし、麺だって素性がよいのは食べてすぐわかる・・・。相当に原価率が高そうです。店員さんの制服が黒に統一されたことを含め、師匠筋の九段斑鳩とどんどん似てきている(味は違いますが)感じがしました。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「カップ麺をひたすら食いまくるブログ」を分析してみました

  •  投稿日:2011-09-02
  •  カテゴリ:その他
どうもオサーンです。最近、このブログのアクセス数が伸びています。非常にありがたいとともに、しっかりやらなきゃという思いを強くしています。ただ、その思いとは別に、私オサーンの本業が時間的に不安定で、いつ何時ブログを更新できなくなるかわからない状況でもあります。もし更新できなくなった場合は、ハンサム氏にまたフル稼働してもらうつもりです。

さて本題ですが、何か変わったことがやりたいなと思い、自分のブログで更新したカップ麺のメーカーの内訳とか、評価の平均とかを割り出して分析してみました。いやー手前味噌というか痛い人というか、自分で自分のブログの分析をするという寒いことをやってしまいました。付き合ってくれる方だけお付き合いくださいませませ。



まずは表1ですが、更新したカップ麺の個数と割合について示しています。私オサーンが772個、ハンサム氏が159個のカップ麺を評価していることがわかります。全部で931個。カップめんblogさんは1700個なのでまだまだ先人の偉大さを痛感します。

メーカー別に見ていくと、オサーン、ハンサム共にトップが日清食品。オサーンに至っては33%が日清食品で、3個に1個は日清の製品を食べていることになります。2番目に食べているのが、オサーンはエースコック、ハンサム氏は東洋水産。オサーンが東洋水産の製品をあまり好んで食べないため(特に本気盛やでかまるなどのガッツリ系油揚げ麺)、ハンサム氏がオサーンをフォローする形で東洋水産の製品を食べていることが数字に反映されているものと考えられます。

あとはオサーンもハンサム氏もおおむね似たようなメーカー構成ですが、とかち麺工房とまるか食品について触れておきます。まず、とかち麺工房ですが、基本的にオサーンもハンサム氏も好んでは食べません。ですが、ハンサム氏のその傾向はオサーンを上回っており、電話でなんとなく「今週はとかちのやつ食べてよ~」と依頼しても、「北海道の会社なんだから北海道の住人(オサーン)が食べた方がメーカーが喜ぶよ~」などと、意味不明な返答をして結局食べません(フィクションですが)。まるか食品については、北海道では製品が売られていないため(ドンキにぺヤング焼そばは売ってますが)、オサーンが食べられない分をハンサム氏が食べてくれています。東洋水産と同様、ここでもハンサム氏の内助の功ぶりがわかります。



続いて表2、評価の平均をメーカー別に示しています。全メーカー平均がオサーン3.89、ハンサム氏3.91で、ほとんど同じくらいでしたが、両者のの評価平均上位3社が、すべてバラバラという興味深い(と勝手に思っている)結果が出ました。オサーンの1位明星食品と2位ヤマダイについては、高価格帯ノンフライ麺のとんこつ系ラーメンという、オサーン好みの商品を選り好んで食べているところがあり、上位に来るのは当然といえますが、それにしてもブログ左肩に書いているとおり「明星びいき」ぶりが半端ないです。

一方でハンサム氏は、日清食品が大好きなようです。オサーンとハンサム氏の間では暗黙の役割分担があり、高価格帯ノンフライ麺をオサーンが、注目商品と油揚げ麺をハンサム氏が担うことが多くなっています。特に日清のカップヌードルシリーズはハンサム氏の領域となっていることが、数字に反映されているのかもしれません。ハンサム氏はプロフィール欄で「凄麺シリーズびいき」を公言していますが、ブランドのポジションやパッケージの野暮ったさにシンパシーを抱いても、それが評価には繋がらないようです。

まとめ:
ハンサム氏の「オレっち、本当は日清大好きなんだけどよぉ、オサーンの野郎が日清ばっかり食べるもんだから、しゃーねーからオレっちが、あいつの食べねぇ東洋水産とかまるか食品でも、食べてやるか」という気持ちがよく現れた数字でした。
※表まで作っておいて分析が尻すぼみで申し訳ありませんw

オサーンはTwitterをやっております。基本的にはこのブログの更新告知として利用していますが、たまに食べ物のことやおたくっぽい内容をほざいてます。
http://twitter.com/ossern


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加