カップラーメンのカテゴリ記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

カテゴリ:カップラーメン

カップラーメンのカテゴリ記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2019-11-10 カップラーメン
このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」を食べてレビューしていきます。 「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」。2019年11月4日に発売された、「凄麺」シリーズの新商品です。毎年冬の恒例商品「冬の塩らーめん」が今年も登場です。 今年の「冬の塩らーめん」は白菜とにんに...

記事を読む

2019-11-09 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」を食べてレビューしていきます。 「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」。製造は日清食品が担当。2019年10月28日にリニューアル発売された、セブンプレミアムの看板シリーズのひとつ、「蒙古タンメン中本カップ麺」シリーズの新商品です。東京上板橋に...

記事を読む

2019-11-08 カップラーメン
このページでは、日清食品のカップ麺、「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定 柚子塩らーめん まろ味」を食べてレビューしていきます。 「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定 柚子塩らーめん まろ味」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定 柚子塩らーめん まろ味」。2019年11月4日に発売された、「日清THE NOODLE」シリーズの新商品です。東京とその近郊などに...

記事を読む

2019-11-07 カップラーメン
このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「麺創研紅監修 濃厚辛味噌ラーメン 紅」を食べてレビューしていきます。 「麺創研紅監修 濃厚辛味噌ラーメン 紅」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「麺創研紅監修 濃厚辛味噌ラーメン 紅」。2019年11月4日発売の新商品です。東京府中市の人気ラーメン店「麺総研 紅」監修による「辛味噌ラーメン」です。 「麺総研 紅」は東京府中の人気...

記事を読む

2019-11-07 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「五行 焦がし味噌」を食べてレビューしていきます。 「五行 焦がし味噌」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「五行 焦がし味噌」。製造は日清食品が担当。2019年11月4日に発売された、「一風堂カップ麺」シリーズの新商品です。東京西麻布にある「一風堂」プロデュースのラーメン店、「五行」のメニュー「焦がし味噌麺」を再現したカップ麺で...

記事を読む

冬の恒例カップ麺を実食! 「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」を実食レビュー!



このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」。2019年11月4日に発売された、「凄麺」シリーズの新商品です。毎年冬の恒例商品「冬の塩らーめん」が今年も登場です。



今年の「冬の塩らーめん」は白菜とにんにく!


ヤマダイのノンフライ麺商品の定番「凄麺」シリーズの、冬限定商品「冬の塩らーめん」が今年も登場。今年でなんと15回目の発売となります。カップ麺業界でも屈指の長寿シリーズですね。「寒い冬に美味しい塩らーめん」をコンセプトに、毎年異なった味の商品を発売しており、今年は「冬が旬の美味しい白菜をたっぷり入れた、豚脂のコクが濃厚な一杯に仕上げ」たとのことです。



毎年、冬にぴったりのこってりしお味スープを標榜し、レトルトチャーシューや背脂を加えて仕上げていることが多いシリーズですが、今年はパッケージ等に背脂とは書いていません。今回はどうやら、「白菜」と「にんにく」がキーワードのようです。



白菜がたっぷり入っていることに加え、今回は「おろしにんにくペースト」の小袋が入っています。おろしにんにくは昨年バージョンにも入っていて、かなり猛威を奮っていました。



2018年12月に発売された、昨年バージョンの「冬の塩らーめん」。大量の背脂とおろしにんにくの入ったパワー型のしおラーメンで、「身も心も暖まる濃厚な背脂スープ」をテーマにしたとても良くできた一杯でした。

冬の定番カップ麺「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」は背脂とニンニクの効いた一杯

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」(2018年)を食べてレビューしていきます。「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」。2018年12月3日発売の新商品です。「凄麺」シリーズの冬の恒例商品、「冬の塩らーめん」の2018年バージョンです。「冬の塩らーめん」は今回で14回目の発売「冬の塩...


内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ液体スープ」、「かやく」、「おろしにんにくペースト」の3袋。



「かやく」袋には白菜を中心に野菜を使ったFDブロックが入っています。結構大きいです。

品名ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん
メーカーヤマダイ
発売日2019年11月4日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・かやく・おろしにんにくペースト)
定価税別220円
取得価格税込214円(コープ)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブン激辛カップ麺の雄「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」のリニューアル版を食べてみました!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」を食べてレビューしていきます。



「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」。製造は日清食品が担当。2019年10月28日にリニューアル発売された、セブンプレミアムの看板シリーズのひとつ、「蒙古タンメン中本カップ麺」シリーズの新商品です。東京上板橋に本店のある激辛ラーメン店、「蒙古タンメン中本」の味を再現したカップ麺です。大定番の人気激辛カップ麺がリニューアルとなりました!


  • 定番激辛カップ麺のリニューアル
大定番商品の「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」が久々にリニューアルされました。前回のリニューアルは2016年6月だったので、3年以上ぶりとなります。激辛カップ麺の中では中本の商品は独壇場のような状態が長く続いていましたが、ローソンから2017年に「東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」が発売され、この間にライバルが出現しています。両者の比較を行った記事はこちら。

コンビニ激辛カップ麺対決!!「蒙古タンメン中本」vs「トナリ辛激タンメン」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(日清食品が製造)とローソン限定のカップ麺、「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」(明星食品が販売)の、両社コンビニの誇る激辛カップ麺を食べ比べてレビューしていきます。セブンとローソンの激辛カップ麺対決!!今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」と、ローソン限定で明星食品の「明星 東京タ...


  • リニューアルによる変更点は2点
今回のリニューアルで変更された点は2つ!



まずは麺。「麺増量食べ応えアップ」とのことで、麺量が以前の80gから85gへと5g増量しています。タテ型カップで85gというのはこれまであまりなかったんじゃないですかね。バケツ型カップの麺量が90gであることが多いので、「スーパーカップ1.5倍」や「でかまる」などに迫る麺量となっています。ライバルローソンの「トナリ」は80gなので、5g多いということになります。





2つめは別添のオイル。これまでは「辛味オイル」というものが入っていましたが、今回からは「辛旨オイル」に変更になっています。具体的には、辛味中心だった味が、生にんにくを加えて旨みをアップしているとのことです。にんにくが強烈な「北極」に少し近づいたというところでしょうか。中本の商品でも、ごはんやスープの商品には以前から「辛旨オイル」が用いられています。

【蒙古タンメン中本ごはん対決】 辛旨おにぎり雑炊 vs 辛旨飯 【セブンプレミアム】

セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本」シリーズのごはん商品を食べ比べ!今回は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨おにぎり雑炊」と、「蒙古タンメン中本 辛旨飯」を食べ比べます。ともに製造は日清食品。セブンプレミアムですっかりおなじみの「蒙古タンメン中本」シリーズの商品で、ともにごはんを使用する商品という共通点があります。どちらも雑炊タイプですね。ただ、「辛旨おにぎり雑炊」の方は最初からごはん...


内容物、価格、購入額など




別添袋は、今回変更になった「辛旨オイル」1袋。カップにはこれまでと同じように豆腐やキャベツなど具がたっぷり入っていますが、麺量が増えたためか、以前より内容物が上部にせり上がってきているように見えました。すごい迫力です。

品名蒙古タンメン中本 辛旨味噌
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2019年10月28日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(辛旨オイル)
定価税込216円
取得価格税込216円(セブンイレブン)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

淡麗スープ名店の味をカップ麺で再現!「THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定 柚子塩らーめん まろ味」



このページでは、日清食品のカップ麺、「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定 柚子塩らーめん まろ味」を食べてレビューしていきます。



「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定 柚子塩らーめん まろ味」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定 柚子塩らーめん まろ味」。2019年11月4日に発売された、「日清THE NOODLE」シリーズの新商品です。東京とその近郊などに多店舗展開する人気ラーメン店「AFURI」の味を再現したカップ麺です。



「AFURI」は東京とその近郊に多店舗展開する人気ラーメン店


AFURI」は、恵比寿など東京とその近郊に多店舗展開する人気ラーメン店です。神奈川県厚木市にある「ZUND-BAR」が起源。店主の弟さんが経営するこちらも有名店「中村屋」の製法をベースに独自進化を遂げ、おしゃれな雰囲気を持つ人気ラーメン店となっています。

今回は、お店の1番人気メニューである「柚子塩らーめん」を、鶏油の量を選ぶ「淡麗」と「まろ味」のうち量の多い「まろ味」で仕上げた冬季限定の一杯となっています。「柚子塩らーめん」はこれまでに何度もカップ麺で再現されていますが、今回は「まろ味」でよりこってりした一杯が期待できそうです。

「柚子塩らーめん」のカップ麺が最初に発売されたのは2016年3月で、「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん」という商品でした。

日清食品 「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん」

どうもオサーンです。プロ野球が開幕しましたねぇ。開幕前にいろいろゴタゴタあったし、その余波が今後も続くと思われますが、まぁひとまず野球見ましょう。今年は新外国人の当たり年っぽいですかね。ドラゴンズのビシエド選手やタイガースのヘイグ選手、ジャイアンツのギャレット選手あたりがいいスタートを切りました。個人的にはヘイグ選手がかなり打ちそうな気がしています。ギャレット選手もオープン戦見てるとダメかなって感...


「日清THE NOODLE」シリーズ




日清THE NOODLE」は、「洗練された独自の世界観を持つラーメン店が監修し、お店の人気メニューが手軽に楽しめる」シリーズとのことですが、2015年3月にシリーズ第1弾として登場した「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定鶏塩らーめん」以来、シリーズの商品の大半を「AFURI」が占めており、2017年3月発売の「日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」を最後に、「AFURI」以外の商品の発売はありません。AFURI専用シリーズ状態です。

「日清THE NOODLE」の第1弾商品、2015年3月に発売された「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定鶏塩らーめん」。

日清食品 「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定鶏塩らーめん」

どうもオサーンです。私はジャイアンツファンですが、今年のスワローズ雄平選手は昨年以上に打ちそうですね。あのフルスイングで打率も残すってどんな野球センスしてんだよって思います。雄平選手とか山田選手とか、本当に羨ましい。ジャイアンツも大田選手や中井選手の覚醒が待ち遠しいです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定鶏塩らーめん」。東京恵比寿にあるAFURIは、神奈川の名店ZUND-BAR...



「AFURI」以外のお店を再現した最後の「日清THE NOODLE」シリーズの商品。2017年3月に発売された「日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」。「AFURI」と同じくおしゃれな雰囲気を持った一杯でした。

日清食品 「日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」

今回のカップ麺は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」。銀座に本店のあるイタリアンシェフだった店主が作るラーメン店です。いかにもオシャレな佇まいのカップで、実際のお店も女性に人気があるそうです。私みたいなオッサンだと入りづらそうですが、カップ麺でこうして雰囲気を感じられるのはありがたいです。楽しみです。商品概要品名:日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏...


内容物、価格、購入額など




別添袋は「芳醇香油」1袋。カップにはスープ粉末とともに炙りコロチャーシューやメンマなどのかやくが入っています。

品名日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定 柚子塩らーめん まろ味
メーカー日清食品
発売日2019年11月4日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(芳醇香油)
定価税別220円
取得価格税込232円(ファミリーマート)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

府中の人気ラーメン店お味をカップ麺で再現!「麺創研紅監修 濃厚辛味噌ラーメン 紅」を実食!



このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「麺創研紅監修 濃厚辛味噌ラーメン 紅」を食べてレビューしていきます。



「麺創研紅監修 濃厚辛味噌ラーメン 紅」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「麺創研紅監修 濃厚辛味噌ラーメン 紅」。2019年11月4日発売の新商品です。東京府中市の人気ラーメン店「麺総研 紅」監修による「辛味噌ラーメン」です。



「麺総研 紅」は東京府中の人気ラーメン店


麺創研 紅」は、東京府中市にある人気ラーメン店です。府中の他に国分寺に支店があり、その他にも「荒節にはらい」や「紅BLACK」といった別業態のお店も展開しています。お店の看板メニューは「紅らーめん」で、みそ味のスープに辛味を加えたラーメン。今回の一杯も「紅らーめん」の味が再現されています。

「麺総研 紅」は1度カップ麺化されており、2018年11月に発売されていた「サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅」。商品名は今回とまったく同じですが、前回からブラッシュアップされている部分もあるようです。

「麺創研 紅」の「乱切り麺」を再現したカップ麺!!サンヨー食品 「サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅」

東京府中の人気ラーメン店「麺創研 紅」の味を再現したカップ麺今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅」。2018年11月12日発売の新商品で、東京府中にある人気の辛みそラーメン店「麺創研 紅」のメニュー「紅らーめん」を再現したカップ麺です。「麺創研 紅」は、東京府中にあるラーメン店で、昼時には行列のできる人気店です。おとなりに「麺創研 紅 BLACK」という別業態のお店が...

3種類の麺で再現した乱切り麺




お店の麺は、2mmから1cmまでの7種類の麺が使用されていて、様々な食感が楽しめる乱切り麺です。今回は7種類とまではいきませんが、3種類の太さの違う麺が用いられているそうで、前回のカップ麺の2種類から1種増えています。前回の麺もなかなか良かったので、今回さらに楽しみです。



「紅らーめん」は3段階の中間の辛さ




お店では、「紅らーめん」の他に、紅より辛い「鬼紅らーめん」と、辛味のない「みそらーめん」の3種類が基本味となっています。今回は「紅らーめん」の再現。「紅」というからにはかなり辛いものを想像しますが、お店では中間的な位置づけで、前回のカップ麺を食べてた時には、激辛や大辛というほどの辛さは感じませんでした。今回は果たしてどんな一杯なのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は「仕上げの小袋」1袋。カップにはスープ粉末やかやくが入っています。

品名麺創研紅監修 濃厚辛味噌ラーメン 紅
メーカーサンヨー食品
発売日2019年11月4日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(仕上げの小袋)
定価税別220円
取得価格税込232円(ファミリーマート)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムのカップ麺「五行 焦がし味噌」を食べてみました!一風堂プロデュースのお店



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「五行 焦がし味噌」を食べてレビューしていきます。



「五行 焦がし味噌」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「五行 焦がし味噌」。製造は日清食品が担当。2019年11月4日に発売された、「一風堂カップ麺」シリーズの新商品です。東京西麻布にある「一風堂」プロデュースのラーメン店、「五行」のメニュー「焦がし味噌麺」を再現したカップ麺です。



  • 一風堂プロデュースの「五行」
五行」は、全国に展開する博多ラーメンの名店「一風堂」が手掛ける焦がしラーメンのお店です。東京西麻布のお店の再現商品ですが、東京の他にも京都と名古屋にお店を構えています。

お店の看板メニューは「焦がしラーメン」で、今回のカップ麺が再現している「焦がし味噌麺」の他に、「焦がし醤油麺」、「焦がし豚骨麺」、「焦がし担担麺」などがあります。昼は定食メニューがあり、また夜は博多料理主体の一品メニューとお酒を供していて、飲みの〆にラーメンを食べるのがお店の薦める流れのようです。もちろん、ラーメン単体でも大丈夫そう。京都や名古屋のお店ではもつ鍋なんかも供しているようです。

セブンの一風堂カップ麺といえば、名店再現系カップ麺のさきがけ的存在のひとつ、「セブンプレミアムゴールド 日清名店仕込み 一風堂 赤丸新味博多とんこつ」ですよね。現行商品は2018年5月にリニューアルされています。

セブンのカップ麺「日清名店仕込み 一風堂 赤丸新味博多とんこつ」をリニューアル前後で食べ比べしてみました!

リニューアルされたセブンの「一風堂」カップ麺をリニューアル前後で食べ比べます!今回は、セブンプレミアムゴールドの「日清名店仕込み 一風堂 赤丸新味博多とんこつ」。製造は日清食品。、2018年5月28日にリニューアルされたセブン&アイグループ限定の「日清名店仕込み」シリーズの3品のひとつです。「日清名店仕込み 山頭火 旭川とんこつ塩」と「日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌」は先週すでにレポ済で、ともにスープ量...



  • 「焦がし味噌麺」をカップ麺で再現


今回のカップ麺で再現されている「焦がし味噌麺」は、お店では「焦がし醤油麺」と並ぶ人気メニューだそうで、パッケージの写真のように真っ黒いスープが特徴。一風堂の「赤丸」でも使われている焦がし香味油が使われているようです。果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「特製焦がし香油」1袋。カップには黒いスープ粉末と、ミンチ肉やキャベツなどのかやくが入っています。

品名五行 焦がし味噌
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2019年11月4日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(特製焦がし香油)
定価税込224円
取得価格税込224円(セブンイレブン)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加