カップラーメンのカテゴリ記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

カテゴリ:カップラーメン

カップラーメンのカテゴリ記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-12-05 カップラーメン
このページでは、ローソン限定のカップ麺、「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」(ヤマダイ製)を食べてレビューしていきます。 「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、ローソン限定、ヤマダイの「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」。2018年12月4日発売の新商品で、ローソン限定のカップ麺としてレギュラー化している「麺屋武蔵カップ麺」シリーズのどんぶり型ノンフライ麺新バージョンで...

記事を読む

2018-12-05 カップラーメン
このページでは、ファミリーマート限定のカップ麺、「来来亭 こってりラーメン」(エースコック製)を食べてレビューしていきます。 「来来亭 こってりラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、ファミリーマート限定、エースコックの「来来亭 こってりラーメン」。2018年12月4日発売の新商品で、ファミマ限定カップ麺「来来亭カップ麺」シリーズのカップ麺です。ラーメンチェーン店「来来亭」のメニューである「こっ...

記事を読む

2018-12-03 カップラーメン
このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「サッポロ一番 みそラーメン 50周年記念豪華版 三重県産伊勢海老使用 タテビッグ」を食べてレビューしていきます。 「サッポロ一番 みそラーメン 50周年記念豪華版 三重県産伊勢海老使用 タテビッグ」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 みそラーメン 50周年記念豪華版 三重県産伊勢海老使用 タテビッグ」。2018年12月3日発売の新商品で、袋麺の...

記事を読む

2018-12-02 カップラーメン
このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「サッポロ一番 マルホン太香胡麻油 とろみ醤油ラーメン」と「サッポロ一番 マルホン太香胡麻油 とろみ塩ラーメン」を食べてレビューしていきます。 「マルホン太香胡麻油」を使用したカップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 マルホン太香胡麻油 とろみ醤油ラーメン」と「サッポロ一番 マルホン太香胡麻油 とろみ塩ラーメン」。竹本油脂のごま油、「マルホン太香...

記事を読む

2018-12-01 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「たっぷり具材 しょうゆヌードル」、「たっぷり具材 カレーヌードル」、「たっぷり具材 シーフードヌードル」を食べてレビューしていきます。 「たっぷり具材ヌードル」のしょうゆ、カレー、シーフードはどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムのヌードル系カップ麺、「たっぷり具材 しょうゆヌードル」、「たっぷり具材 カレーヌードル」、「たっぷり具材 シー...

記事を読む

ローソン限定!フォアグラ風味の「麺屋武蔵」高級カップ麺!「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」



このページでは、ローソン限定のカップ麺、「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」(ヤマダイ製)を食べてレビューしていきます。


「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ローソン限定、ヤマダイの「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」。2018年12月4日発売の新商品で、ローソン限定のカップ麺としてレギュラー化している「麺屋武蔵カップ麺」シリーズのどんぶり型ノンフライ麺新バージョンです。

  • 「麺屋武蔵」は96年組と呼ばれるラーメン業界のトップランナーのひとつ
麺屋武蔵」は、東京西新宿になる有名店で、90年代後半~2000年代には長蛇の行列ができることで有名なお店でした。現在でも人気は続いており、もう20年以上ラーメン業界のトップランナーとして君臨し続けています。動物系と魚介系のWスープの流行の発端の一つになったお店としても知られ、中野の「青葉」、横浜の「くじら軒」と並んでラーメン店の96年組と呼ばれ、その後開店していくラーメン店にも多大な影響を与えてきました。

現在は東京都内に「麺屋武蔵〇〇」と名のつくお店が15店舗にも及んでいます。都心制圧ですね。麺屋武蔵での経験を経て独立開業したお店も含めると、かなりの勢力を占めることになります。

  • ローソンではタテ型カップ麺や冷凍焼おにぎりも発売
2018年5月にローソンから「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」(エースコック製)が発売され、現在も店頭に並んでいるお店が多いです。また、スープや焼おにぎりの発売もあり、ローソンではセブンの「蒙古タンメン中本」のように、「麺屋武蔵」をシリーズ化して強力に押し出そうとしているようです。

エースコック 「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」 (ローソン先行発売)

ローソン先行発売の「麺屋武蔵」の再現カップ麺 今回のカップ麺は、エースコックの「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」。2018年5月22日にローソンで先行発売された新商品です。「麺屋武蔵」は東京西新宿にある一世を風靡したラーメン店。移り変わりが激しいラーメン業界の流行の中にあって、20年もの間第一線で居続けることというのは大変なことだと思います。私あんまり行列に並んだりしないのですが、それこそ20年前くら...

旭松食品 「麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味」 (ローソン先行発売)

「麺屋武蔵」のWスープの味を再現したラーメンスープ 今回は、旭松食品の「麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味」。ローソン先行で2018年5月22日(火)に新発売となった商品です。先日発売された「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」と同じく、東京西新宿に本店のある「麺屋武蔵」の味を再現した商品です。今回はスープ商品で、このブログ初登場となる旭松食品製造の一杯。旭松食品と言えば味噌汁やこうや豆腐の商品を多...

ローソンで売られている冷凍焼おにぎり「麺屋武蔵監修焼おにぎり」はどんな味?

西新宿の有名ラーメン店「麺屋武蔵」の味を冷食焼おにぎりで! 今回は、ローソンから11月6日に新発売となった冷凍食品、「麺屋武蔵監修焼おにぎり」を食べてみたいと思います。製造はニチレイフーズ。またもや冷凍食品のレビューで、カップ麺じゃないじゃないか!と思われる方がおられるかもしれませんが、ローソン&麺屋武蔵のタッグでカップ麺も商品化されているため、味の比較がしやすいとということで食べてみることにしました...



  • 以前はとかち麺工房製でサークルKサンクスから出ていた「麺屋武蔵」カップ
2009年から2010年くらいにかけて「麺屋武蔵」のカップ麺は、今はなき「とかち麺工房」製で、サークルKサンクスから製品化されていました。ガーナチョコレートを使用したカップ麺があったりで、なかなか冒険していました。

とかち麺工房 「石神秀幸が唸った名店 麺屋武蔵 神山ら~麺」

今回のカップ麺は、とかち麺工房の「石神秀幸が唸った名店 麺屋武蔵 神山ら~麺」。今回の商品は今までの「石神秀幸が唸った名店」シリーズとは異なり、サークルKサンクスのオリジナル商品となっています。「麺屋武蔵 神山」というお店は、東京神田にある「麺屋武蔵」の支店で、もともと青山にあった「麺屋武蔵 青山」が移転してリニューアルしたお店だそうです。「神山ら~麺」というのはお店の看板メニューで、角煮がウリのWスー...

とかち麺工房 「麺屋武蔵 味噌ガーナ」

本日水曜日はつい先日このブログ定休日と定めたばかりですが、今回はすぐに記事にしたいカップ麺があったので定休日返上で更新します。 今回のカップ麺は、サークルKサンクスオリジナル商品で、とかち麺工房の「麺屋武蔵 味噌ガーナ」。「味噌ガーナ」とは、昨年に東京上野の「麺屋武蔵 武骨」でバレンタインデー期間限定で供されたメニューで、今回はサークルKサンクスの「ロッテ ガーナフェア」の一環で発売されたカップ麺と...

とかち麺工房 「麺屋武蔵 赤黒武骨ラーメン」

今回のカップ麺は、サークルKサンクスオリジナル商品、とかち麺工房の「麺屋武蔵 赤黒武骨ラーメン」。東京上野にある「麺屋武蔵 武骨」のメニューであるイカ墨入りのマー油を使った「黒武骨」に、赤唐辛子をアレンジしたカップ麺オリジナルの味です。3種類の食べ方があるとかで、赤唐辛子のみを入れる、黒マー油のみを入れる、そして両方入れるという3種類の食べ方があるとのことです。今回はひとまず赤唐辛子もマー油も入れてみ...

  • 東洋水産から「麺屋武蔵×ゴーゴーカレー」なんてカップ麺も
2014年には東洋水産から「麺屋武蔵×ゴーゴーカレー」のカップ麺なんてのも出ていました。カレースープにエビ油の入った、ガーナチョコレートのラーメンに負けない意欲作でした。

東洋水産 「マルちゃん 麺屋武蔵×ゴーゴーカレー 黒カリー麺」

どうもオサーンです。先月末に予約していたiPhone6が家に届いたのですが、余裕を持って頼んだはずのケースと保護フィルムがまだ届かず、iPhoneの箱を開けていない状況です。もっと若い時ならば新しいガジェットを目の前にして我慢できずに開けて触っていたところですが、後で指紋拭いたりするのがめんどくさくて開けないこの状況は、おそらく年取ったってことなんでしょうな。 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺屋武...

  • フォアグラ風味の背脂を使った定価税込318円の高額商品!
過去の「麺屋武蔵」のカップ麺を振り返っていて長くなりましたが、今回のカップ麺は、フォアグラ風味の背脂が入った鴨だしラーメンなんていう、主役がいくつ入ってんだ状態の一杯になっています。店頭に並んでいるタテ型カップ麺とは異なる、どんぶり型ノンフライ麺商品で、メーカーもタテ型製造のエースコックではなく、凄麺でおなじみのヤマダイ製になっています。



そしてなんと言っても税込318円という高額商品!これはハードル上がりますねぇ。フォアグラ香料にコストが嵩むのでしょうかね。高額商品な上、「麺屋武蔵」というブランド、高級食材フォアグラ、パッケージのデザイン派手さで、かなり期待が高くなってしまいますが、期待に見合うくらいの一杯に仕上がっているのか、食べるのが楽しみです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」、「後入れ粉末スープ」、「かやく」、「レトルト調理品」の4袋。さすが高額商品、4袋も入っています。「レトルト調理品」には背脂が入っているようです。



先入れの「かやく」を入れた状態。かやくにはねぎのみ入っています。見るからにザ・凄麺の太めの麺が入っていました。

品名麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺
メーカーヤマダイ(ローソン限定商品)
発売日2018年12月4日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ4袋(後入れ液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく・レトルト調理品)
定価税込318円
取得価格税込318円(ローソン)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「来来亭」のノンフライ麺使用高級カップ麺!ファミマ限定「来来亭 こってりラーメン」



このページでは、ファミリーマート限定のカップ麺、「来来亭 こってりラーメン」(エースコック製)を食べてレビューしていきます。


「来来亭 こってりラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ファミリーマート限定、エースコックの「来来亭 こってりラーメン」。2018年12月4日発売の新商品で、ファミマ限定カップ麺「来来亭カップ麺」シリーズのカップ麺です。ラーメンチェーン店「来来亭」のメニューである「こってりラーメン」を再現しています。

  • 来来亭は滋賀県野洲に本店のあるラーメンチェーン店
来来亭」は、滋賀県の野洲市に本店があり、東北以南に店舗展開する大チェーン店です。駅前立地よりも駐車場のあるロードサイド展開を基調とし、ファミリー層に人気のあるお店となっています。

本店は滋賀ですが、京都風のしょうゆラーメンをメニューの中心に据え、その他にもファミリー層を意識した定食メニューなど、多様なメニュー展開をしているのが特徴です。

  • 「来来亭」カップ麺はファミリーマートの定番シリーズ
来来亭」はカップ麺としても長く続いている定番シリーズで、ファミリーマートに吸収される前のサークルKサンクス時代から定期的に新商品が発売されていました。

エースコック 「来来亭 しょうゆラーメン」 (ファミリーマート限定商品)

京都風背脂しょうゆラーメンでおなじみの「来来亭」の再現商品 今回のカップ麺は、エースコックの「来来亭 しょうゆラーメン」。前回の「旨辛麺」に引き続き、滋賀県野洲市に本店のある全国チェーンのラーメン店「来来亭」の再現商品で、ファミリーマート・サークルK・サンクス限定商品です。「しょうゆラーメン」は押しも押されぬ「来来亭」の看板商品です。京都風のしょうゆラーメンで、大量の背脂がのったスープが大きな特徴と...

エースコック 「来来亭 旨辛麺」 (ファミリーマート限定商品)

京都背脂しょうゆラーメンのお店の激辛商品 今回のカップ麺は、エースコックの「来来亭 旨辛麺」。ファミリーマート・サークルK・サンクス限定商品です。滋賀県野洲市に本店のあるラーメン店「来来亭」のメニュー「旨辛麺」の再現商品で、以前にも出ていたものとなりますが、このブログでは初めて食べます。「来来亭」は滋賀県にありながら京都の背脂しょうゆラーメンを供するお店で、背脂がたくさん入っていることが大きな特徴と...

基本的には上記のようなタテ型油揚げ麺商品として商品が出ていますが、たまに今回のようなどんぶり型ノンフライ麺商品としても発売されています。だいぶ価格は高くなりますが、レトルト背脂を使った本格的な味を楽しむことができます。

エースコック 「 来来亭 しょうゆラーメン」

どうもー、ハンサムです。実はワタクシ、春ぐらいから減量計画を実行しておりまして、この度8kg痩せて4kgリバウンドしたところでありますw 年末で暴飲暴食シーズン突入な感じですが、心機一転心を入れ替えて頑張ろうと思います。期間とか目標とか特に定めていないのがコツ!…と自分では思っていますw 心機一転だけど、カップ麺は食べますよーw さて、今回のカップ麺は、エースコックの「来来亭 しょうゆラーメン」です。サー...

渋チン評価でおなじみの?ハンサム氏のレポなので評価はあまり高くないですが、私オサーンが食べた時はこの商品結構おいしかったです。ハンサム氏は当時ダイエット中だったみたいで、背脂を好意的に捉えるか否かで評価は異なってきそうな一杯でした。

今回の商品はお店の看板メニューである背脂の入った鶏ガラしょうゆ味の「ラーメン」ではなく、とんこつしょうゆスープがベースの「こってりラーメン」を再現しています。税込278円という高価格商品ですが、「来来亭」らしい背脂の魅力たっぷりな味に期待したいです。果たして今回の「こってりラーメン」はどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」が2つと「かやく」の3袋。「後入れ液体スープ」の1つは背脂が入っているようです。



先入れのかやくを開けた状態。かやくはチャーシュー、ネギ、メンマのオーソドックスな構成。中細で黄色い麺が入っています。

品名来来亭 こってりラーメン
メーカーエースコック(ファミリーマート限定商品)
発売日2018年12月4日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ2袋・かやく)
定価税込278円
取得価格税込278円(ファミリーマート)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重県産伊勢海老パウダーを使った50周年豪華版!!「サッポロ一番みそラーメン」のカップ麺



このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「サッポロ一番 みそラーメン 50周年記念豪華版 三重県産伊勢海老使用 タテビッグ」を食べてレビューしていきます。


「サッポロ一番 みそラーメン 50周年記念豪華版 三重県産伊勢海老使用 タテビッグ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 みそラーメン 50周年記念豪華版 三重県産伊勢海老使用 タテビッグ」。2018年12月3日発売の新商品で、袋麺の定番「サッポロ一番みそラーメン」をカップ麺でアレンジした商品です。今回は袋麺発売から50年を迎えた記念「豪華版」として、豪勢に「三重県産伊勢海老」を使用したカップ麺となっています。

  • 袋麺「サッポロ一番みそラーメン」の誕生は札幌みそラーメンとの出会いが発端
袋麺の大定番、「サッポロ一番みそラーメン」は、サンヨー食品先代社長が出張先の札幌で出会ったみそラーメンの味に感動し、袋麺でみそラーメンを出そうとしたことが発端となっています。

当時はしょうゆが主流だったラーメン業界の中で、袋麺でみそラーメンができないか、研究に着手します。「みそ汁ラーメン」にならないよう、試行錯誤を重ねた上で商品化、今日のみそラーメンの全国的な広がりは、袋麺「サッポロ一番みそラーメン」の貢献が大きいと言われています。

サンヨー食品製品の商品名に「サッポロ一番」とつくのは、この先代社長の札幌でのみそラーメンとの出会いがきっかけとなっています。「サッポロ一番みそラーメン」は1968年に発売、同じく定番の「しょうゆ味」は1966年で2年早く、「塩らーめん」は1971年の登場なので3年後となっています。

  • 袋麺「サッポロ一番みそラーメン」50週年を記念した商品
今回の商品は、その袋麺「サッポロ一番 みそラーメン」が誕生して50年を迎えての記念商品ということで、豪勢に「三重県産伊勢海老」が使用されています。価格も定価税別230円でちょっと高いんですけどね。

同じく「サッポロ一番袋麺」シリーズをアレンジした商品である「BESTレシピ」シリーズとサイズは同じですが、定価税別で25円ほどの価格差があります。「BESTレシピ」シリーズはおいしい商品が多いので、それより価格が高いというのは大きなハードルとして立ち塞がりそうですが、価格に見合う豪華な味に期待したいと思います。果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。

サンヨー食品 「サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ」

2017年発売時よりキムチが30%増量した「豚キムチ」 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ」。2018年10月8日発売の、「サッポロ一番みそラーメン」のアレンジ商品です。2017年10月にも同名商品が出ていましたが、今回はその当時よりキムチが30%増量しているとのことです。 「サッポロ一番 BESTレシピ」は、袋麺のサッポロ一番シリーズにアレンジを加えておいしく仕上げ...



内容物、価格、購入額など




定価税別230円と高価なので豪勢な具が入っているのかと思いましたが、そうでもないようです。「BESTレシピ」シリーズと大きな差は感じませんでした。おそらくスープがすごいんですよね!!別添袋は「仕上げの小袋」ひとつでした。

品名サッポロ一番 みそラーメン 50周年記念豪華版 三重県産伊勢海老使用 タテビッグ
メーカーサンヨー食品
発売日2018年12月3日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(仕上げの小袋)
定価税別230円
取得価格税込228円(セイコーマート)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マルホン太香胡麻油」のカップ麺!「とろみ醤油味」と「とろみ塩ラーメン」



このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「サッポロ一番 マルホン太香胡麻油 とろみ醤油ラーメン」と「サッポロ一番 マルホン太香胡麻油 とろみ塩ラーメン」を食べてレビューしていきます。


「マルホン太香胡麻油」を使用したカップ麺


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 マルホン太香胡麻油 とろみ醤油ラーメン」と「サッポロ一番 マルホン太香胡麻油 とろみ塩ラーメン」。竹本油脂のごま油、「マルホン太香(たいこう)胡麻油」を使用したカップ麺です。

  • マルホン太香胡麻油とは?
マルホン太香胡麻油は、「厳選したゴマを浅く焙煎し、有機溶剤による抽出をせず高い圧力だけで搾油を行う『圧搾製法』により、ごま油特有の香味・風味をおだやかに引き出したごま油で、「澄んだ琥珀色と穏やかな香り立ちが特徴」とのこと。

なるほどなるほど。「圧搾製法」というのが大きな特徴のようですね。で、「圧搾製法」ってなんですかね。

圧搾製法とは、有機溶剤による抽出をせず、高い圧力だけで搾油を行う方法」で、「抽出法に比べ歩留りも悪く、手間もかかりますが、品質にこだわる竹本油脂では、全てのごま油製品を圧搾法により製造してい」るとのこと。

「有機溶剤」を使わないというところが重要なようで、圧力だけで搾油することによって品質を落とさずにごま油を製造できるということですね。なるほど勉強になりました。(ほんとにわかってる?)

私なんかはあんまりごま油にこだわりを持って買ってこなかったので、どこでも売ってる「かどや」(大好きな「酒場放浪記」のスポンサーだったし!)か、もしくは業務スーパーの安いごま油を買うくらいなんですが、今回の「マルホン太香胡麻油」はいつもの「かどや」とはまた違ったこだわりのありそうなごま油なので、どんな味なのか楽しみ。

マルホン太香胡麻油は香りが控えめで料理の下ごしらえから仕上げまで幅広く使えるということなんですが、このマルホン太香胡麻油で仕上げたカップ麺2品は果たしてどんな味なのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




左が「とろみ醤油ラーメン」、右が「とろみ塩ラーメン」。ともに別添袋は3つで、「とろみ醤油ラーメン」には液体スープ、「とろみ塩ラーメン」には調味油が入っているという違いがあります。ともに粉末である「特製スープ」と「かやく」が入っていますが個装デザインが異なっています。



先入れのかやくを開けた状態。左が「とろみ醤油ラーメン」、右が「とろみ塩ラーメン」。「とろみ醤油ラーメン」にはチンゲン菜やキクラゲといった中華風のかやく、「とろみ塩ラーメン」にはキャベツやかき卵が入っています。麺は両者共通のようです。

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コスパ最高!セブンプレミアムの「具材たっぷりヌードル」しょうゆ・カレー・シーフードの3品



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「たっぷり具材 しょうゆヌードル」、「たっぷり具材 カレーヌードル」、「たっぷり具材 シーフードヌードル」を食べてレビューしていきます。


「たっぷり具材ヌードル」のしょうゆ、カレー、シーフードはどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムのヌードル系カップ麺、「たっぷり具材 しょうゆヌードル」、「たっぷり具材 カレーヌードル」、「たっぷり具材 シーフードヌードル」の3種類。セブン&アイグループとサンヨー食品の共同開発商品で、セブンイレブンならどこに行ってもたいがい見かける定番商品です。

「たっぷり具材~」とつく商品はセブンイレブン限定のようで、イトーヨーカドーなどスーパーでは「たっぷり具材」がついてなくてもっと価格の安い「しょうゆヌードル」「カレーヌードル」「シーフードヌードル」が販売されています。価格差はいずれの商品も税込で35円です。

  • "カップヌードルキラー"的な立ち位置の商品
最強PBの呼び声高い「セブンプレミアム」はカップ麺も充実したラインナップを誇りますが、今回レビューするヌードル系カップ麺3品は昔からラインナップされている定番商品です。

カップヌードル」シリーズの「カップヌードル」「カップヌードルカレー」「カップヌードル シーフードヌードル」の味やクオリティを標榜していると思われ、その上で60円程度の価格差という強みを持っています。原材料や栄養成分を比較してみても結構近いものがあり、つまるところセブンで買える"カップヌードルキラー"と呼ぶべき立ち位置にあるのではないでしょうか。

あまりにも定番すぎて、新商品を追っているこのブログではなかなか食べることができていませんでしたが、今回はその"カップヌードルキラー"であるセブンプレミアムの「具材たっぷりヌードル」のカップ麺3品を食べてみて、味やお得感について検証していきたいと思います。



内容物、価格、購入額など




上が「しょうゆヌードル」、下左が「カレーヌードル」、下右が「シーフードヌードル」。

3品とものフタを開けた状態。定価税込127円の商品ですが、この価格とは思えない具材の充実ぶりがおわかりいただけるかと思います。特に「たっぷり具材 しょうゆヌードル」と「たっぷり具材 シーフードヌードル」の具はすごいことになっています。

セブンプレミアムのカップ麺は価格の割にボリュームがあることが多いですが、今回の3品はその中でも群を抜いた具の量だという印象です。

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加