明日は阪神競馬場で「阪神ジュベナイルフィリーズ」が開催されます。自慢じゃないですが、今秋のG1シリーズは馬券的に1勝もできてない私なので、そろそろ当てておきたいところ。2歳の牝馬なんて実力があったとしても子供ですから、大歓声のG1の舞台だと舞い上がってしまう場合がほとんど。馬の能力だけじゃなくて、どれだけキャリアを積んでいるかが大事だったりします。多少負けていても、重賞に数多く出走している馬とか狙い目だと私は思います。馬券的にも、すでに有力といわれている馬とは決着がついていると思われているので、人気がなく高配当の場合が多いです。

今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 豚そば背脂醤油味」。今週発売ではいちばん楽しみにしていた新商品ですが、以前食べた「凄麺 男は豚そば背脂豚骨醤油味」がイマイチだったので今回もちょっと不安です。同メーカーで同じような味でも「凄麺 熟炊魚介豚骨醤油」はものすごくおいしかったんですけどね。





スープは、「ガラ感の強いポークエキスに隠し味にチキンの旨みをプラスした、旨みとコクの豊かなスープで」、「隠し味にメンマ粉を使用し風味豊かな味わいのあるスープに仕上げ」、「レトルトと共にスープにも豚背脂をふんだんに使用し、コッテリ感を付与し」たとのこと。確かに背脂は多く使われていましたが、スープが背脂頼みの味で、ちょっと単調に感じました。地のスープにこってり感がないので、背脂とのバランスがあまり良くなかったです。味の濃さを謳っている商品ですが、それは残念ながらあまり感じられませんでした。パッケージに「脂多め! 味濃いめ!」と記載されている私好みの商品コンセプトだったのでちょっとがっかりでした。

は、「つるみがあり、モチモチとした生麺に近い食感を再現した当社独自製法のノンフライ麺(太麺)」とのこと。いつもの凄麺ですね。今回背脂はこってりだけどスープ自体にそれほど押しがないので、凄麺独特の存在感が前に出すぎていました。背脂でゴリゴリの麺を食べているような感覚になります。バランスが悪いですね。

は、豚バラチャーシュー、メンマ、背脂、輪切りねぎ、唐辛子、ローストガーリックチップ。チャーシューがものすごくやわらかかったですが、こういうチャーシューって需要があるのかなとちょっと疑問。ラーメン店でも適度に硬さのあるチャーシューの方が好まれている気がするんですけどね。メンマは量が多く、ボリュームあって良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
ちょっとバランスが悪かったけど、まずい商品というわけではなくそれなりに楽しめると思います。ただ、250円の商品としてはもうちょっと完成度の高さを望みたいのでこの評価にしました。背脂も良いですが、背脂がなくても十分にこってりと思えるスープじゃないと、背脂の存在が浮いていしまうように思います。好きなコンセプトの商品なので、今後も頑張って開発してもらいたいです。

品名:凄麺 豚そば背脂醤油味
メーカー:ヤマダイ
発売日:2009年12月7日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・レトルト調理品・かやく)
定価:税別250円
取得価格:税込258円(セイコーマート)
製品URL:http://www.sugomen.jp/product/d00136.html

標準栄養成分表
1食145g(めん60g)あたり
エネルギー:492kcal
たん白質:11.8g
脂質:24.4g
炭水化物:56.2g
ナトリウム:3.2g(めん・かやく0.2g、スープ3.0g)

ヤマダイHP:http://www.newtouch.co.jp/

昨日の歩数計:1055歩

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加