サンヨー食品と福岡のマルタイが資本提携して業務提携もするんだとか。日清食品と明星食品の資本&業務提携は日清がホワイトナイトとして明星を救う形で行われたものですが、今回の資本提携は経営と資産効率の向上のためという、いかにも業界再編的な理由となっています。他業界のようにこれからいろいろ動いてくんですかね。マルタイの商品がサンヨー食品の流通ラインに乗って九州以外でも気軽に食べられるようになると良いですが、実際はどうなるんでしょうか。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 青葉 西荻窪店限定メニュー 新味中華そば」。以前同じサンヨー食品から「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」が出ていましたが、今回は青葉西荻窪店限定の「新味」ということで、サンヨー食品は青葉にかなり力を入れていますね。前の青葉はとてもおいしかったので今回も期待大です。





スープは、「透明感がありながらも、濃厚でリッチなコクを感じさせる新しいスープの味わい」で、「爽やかな風味の柚子唐辛子」がスープを引き立てるとのこと。柚子唐辛子が入っていて透明なスープということ以外は何のことやらサッパリわからない説明ですが(笑)、前の青葉のカップ麺の味に比べるとかなりおとなしく、まるでしおラーメンのようにさっぱりしています。柚子の香りが強めに効いていて独特です。ほんのりと香る魚介ダシや塩加減が繊細ですが、カップ麺でこういう味を再現するのはなかなか難しいように思います。本物はもうちょっと繊細な中に自己主張があるんだろうなと思わせる味でした(思わせる味ってどんな味だ)。カップ麺で食べるなら私は前作の方が好きですね。

は、「やや幅広のストレート麺」とのこと。確かに幅広ですが、前作とあまり変わらない気がしました。ただ、繊細なスープによくマッチした麺で、スープの邪魔をせずおいしかったです。本物の麺はやわらかいそうですが、この麺はちょっとゴリゴリする硬めな麺でした。

は、チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、海苔3枚。普通の具なんですが、チャーシューうまかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
おいしいことはおいしいんだけど、本物はもっと繊細な中に主張のあるスープなんだろうなと思わせる味でした。なかなか遠方からは食べにいけない味を楽しめるので、こういう商品はいいですね。

品名:サッポロ一番 名店の味 青葉 西荻窪店限定メニュー 新味中華そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2009年10月19日(月)
麺種類:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(あといれ液体スープ・かやく2袋・焼のり)
定価:税別240円
取得価格:税込248円(サンクス)
製品URL:http://www.sanyofoods.co.jp/product/product_main.asp?PKG_TYP=%83J%83b%83v%82%DF%82%F1&BRAND=%91%E5%94%BB%82%C7%82%F1%82%D4%82%E8#20091019

標準栄養成分表
1食121g(めん70g)あたり
エネルギー:394kcal
たん白質:15.1g
脂質:10.2g
炭水化物:60.4g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく0.8g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg

サンヨー食品HP:http://www.sanyofoods.co.jp/

昨日の歩数計:924歩

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加