全国展開する札幌味噌ラーメンの代表的なお店のひとつ、味の時計台の「味噌ラーメン」です。上の写真は、ネギラーメンの味噌味で、普通に「味噌ラーメン」を注文すると下のようなものが運ばれてきます。100円程度の差でネギラーメンのこのボリュームを得られるので、ネギラーメンの味噌がオススメです。





「味の時計台」の味噌ラーメンは、同じく札幌を代表するラーメン店である「すみれ」の味噌ラーメンとは大きく異なります。「すみれ」のラーメンは表面のラードの層とコッテリなのに対し、前者は味噌特有の甘さを活かした味作りにあると思います。評判は、ラーメン博物館のNO.1として長らく君臨した「すみれ」の方が上ですが、「味の時計台」の癖になる甘さも捨てがたいものがあります。スープがご飯とよく合うのも特徴です。

ただ、「味の時計台」には決定的な欠点があります。多店舗化した弊害か、店によって味のばらつきが大きいのです。札幌駅から南に伸びる駅前通沿いの数店舗は「味の時計台」の味のポテンシャルをフルに発揮している優良店舗なのですが、郊外店などではそうとは限らないのです。人的な弊害なのか、多すぎるメニューの問題なのかはわかりませんが、スープが薄かったり、麺が延びていたり、スープがぬるかったり、そんなことはザラです。私が確認した数店の郊外店のうち半分は、このような状況でした。駅前通沿いの店舗とは明らかに味と完成度が違うのです。見た感じ、郊外店の大部分のラーメンを作ってる人は、経験の少ないアルバイトだと思います。麺の湯切りの悪さが目立ちます。どんなにおいしいスープでも、これでは価値が半減です。タチの悪いことに、FC店よりも直営店でこの状況が顕著に見られました。人員が店舗数に追いついていない状況が明らかだと思います。

味の時計台の味噌ラーメンは、一級品だと確信しています。なので、食べに行かれる方々には、駅前通沿いの数店舗をオススメします。とてもおいしいです。郊外店に行かれる場合は、過度の期待は禁物です。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加