このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ」を食べてレビューしていきます。



「カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ」。2024年4月22日発売の「カップヌードル」シリーズの新商品です。「バターコーン」をシーフードヌードルと組み合わせた異色のカップ麺となっています。



「バターコーン」+「シーフードヌードル」


「カップヌードル シーフードヌードル」は、「レッドシーフード」や「ミルクシーフード」を始めとして多くの派生アレンジ商品が出ていることでお馴染みですが、今回はその「シーフードヌードル」に「バターコーン」を組み合わせてきました。

バターコーンのカップ麺といえば東洋水産から毎冬発売される「でかまる コーン塩バター味ラーメン」や「味噌バター味ラーメン」が思い浮かびますが、塩味や味噌味はバターコーンと相性良かったです。今回のシーフードは果たしてどうでしょうか。
冬の定番商品が今年も元気に登場!「マルちゃん でかまる コーン塩バター味ラーメン」を実食レビュー

冬の定番商品が今年も元気に登場!「マルちゃん でかまる コーン塩バター味ラーメン」を実食レビュー

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん でかまる コーン塩バター味ラーメン」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん でかまる コーン塩バター味ラーメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる コーン塩バター味ラーメン」。2023年11月20日発売の、「マルちゃん でかまる」シリーズの新商品です。毎年冬恒例の定番商品が今年も登場しました。バター...

冬の風物詩カップ麺が登場!「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」を実食レビュー

冬の風物詩カップ麺が登場!「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」を実食レビュー

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」。2024年1月15日発売の新商品です。冬恒例の商品がコーン最大量を携えて2年ぶりに登場しました。毎年冬恒例の「味噌バター味ラーメン」「味噌バター味ラーメン」は...



内容物、価格、購入額など




別添袋はひとつ。カップには麺や粉末、かやくが入っています。シーフード要素弱そうですね。

品名カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ
メーカー日清食品
発売日2024年4月22日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(特製バター風味オイル)
定価税別271円
取得価格税別238円(マックスバリュ)

「カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ」食べてみた!



バターの風味とコーンの甘みが広がる濃厚やみつきシーフードヌードル!
ポークとあさりの旨みを凝縮した「シーフードヌードル」のスープを「特製バター風味オイル」で仕上げる、まろやかな味わいが特長です。具材はコーン、イカ、ネギ、キャベツ。


スープ




ポークベースでクリーミーに仕上げたシーフード味のスープに、別添「特製バター風味オイル」でバターの風味を加えています。スープ自体はいつものシーフード味ですが、押し出しが少し弱いように感じました。

これがシーフード味自体の出力が弱いのか、それともバター風味オイルと合わせたことによる影響なのかはわかりませんが、「ミルクシーフード」の時もシーフードが弱い印象を受けるので、それと同じ感じでしょうか。シーフードヌードル好きからすると少し物足りないかもしれません。



「特製バター風味オイル」。今回はバターとコーンをちょい足しするレシピを参考にしているとのことなので、あくまで脇役として入れているのでしょうが、「ミルクシーフード」の圧倒的なミルク感に比べると今回のバター風味は物足りず、シーフードとバターどちらもお互いに気を使うあまりどちらも中途半端な味になってしまっている印象を受けました。どっちかは突き抜けてほしかったです。






湯戻し時間3分の中細で縮れのついた油揚げ麺。ノーマルカップヌードルより太くカレーなどより細い、よく見るカップヌードルの麺と大きな違いはなさそうです。スープのりが良く、麺とスープに一体感があり、その中で食感でカップヌードルらしさを現していました。

麺量は80gでタテ型カップの大盛サイズ。「シーフードヌードルBIG」を始めレギュラー商品は85gですが、スポット商品はいつも80gとなっています。





コーン、イカ、ネギ、キャベツが入っています。イカとキャベツがシーフードヌードルのいつもの面々で、かにカマやたまごなどは入っていません。代わりにコーンとネギが入っていますが、全体的な具のボリュームはシーフードヌードルほどはなかったです。コーンはしっかり入っており、つぶつぶの食感と甘みで目立っていました。



オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
決してまずいわけではなかったのですが、バター風味とシーフード味が主導権を譲り合っている印象で、どちらも中途半端に感じられたのが残念でした。シーフードスープとコーンの組み合わせが面白かったり、ミルクシーフードの成功例もあるので、ブラッシュアップした「バターコーンシーフード」に期待したいです。大きいサイズではない方が「ミルクシーフード」のように超濃厚にしやすいかもしれませんね。

追いバターコーンする手もあります。こんな商品あるんですね。「バタコ」は商標登録されているそうです。アンパンマンとは競合しないので良かったです。




栄養成分表、原材料


1食96g(めん80g)あたり
エネルギー438kcal
∟めん・かやく∟384kcal
∟スープ∟54kcal
たん白質10.4g
脂質17.4g
炭水化物60.0g
食塩相当量5.9g
∟めん・かやく∟2.8g
∟スープ∟3.1g
ビタミンB10.92mg
ビタミンB20.32mg
カルシウム121mg

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ、香辛料、香味調味料)、スープ(ポーク調味料、チキン調味料、植物油脂、糖類、香辛料、粉末しょうゆ、乳等を主要原料とする食品、にんじん調味料、バターオイル、たん白加水分解物、あさり調味料、野菜調味油、食塩、紅しょうが、オニオンパウダー、魚醤、ポーク調味油)、かやく(コーン、乾燥いか、キャベツ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、香辛料抽出物、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加