このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング パクチーMAXやきそば」を食べてレビューしていきます。



「ペヤング パクチーMAXやきそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング パクチーMAXやきそば」。2024年3月11日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの商品です。以前も出ていた「パクチーMAX」が再登場しました。



「パクチーMAX」アゲイン


パクチーといえば以前は馴染みのない東南アジアの料理で使われる臭いやつというキワモノ扱いでしたが、今や山盛にしてサラダにするなど東南アジアの料理には留まらない、当たり前のようによく使われる存在になりましたよね。パクチーマニア的な人も多くいて、マヨネーズのマヨラーのごとく何でもパクチーを入れて食べることも珍しくはなくなりました。

今回の「パクチーMAX」は、約7年前に発売されていたことがありますが、今回久々の再登場。当時はパクチーが大ブームになっていた時期だと思われますが、当時とどう違うのか楽しみです。
まるか食品 「ペヤング パクチーMAXやきそば」

まるか食品 「ペヤング パクチーMAXやきそば」

今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング パクチーMAXやきそば」。ついにきましたねペヤング×パクチー。いつかくるんじゃないかと思っていましたが、いざきてみると期待と不安が半々です。遊び心をうまく味に昇華できているのか、とても楽しみです。ペヤングの遊び心はあんまり失敗している印象がないので、今回もたぶん大丈夫でしょう!ちなみにペヤングは私の住む地域では基本的に売っていないのですが、最近ブログではすっか...



内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺のみが入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。これはガチというかマジというか、パクチー苦手な人は身の危険を感じるレベルで凄まじいパクチー臭が漂います。生半可な気持ちで手に取ってはキケン。パクチーまみれのフライドガーリックがのりしおポテチみたいでおいしそうですが、まるで別物のはず。

品名ペヤング パクチーMAXやきそば
メーカーまるか食品
発売日2024年3月11日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(やきそばソース・かやく)
定価税別236円
取得価格税込255円(ヴィレッジヴァンガード)

「ペヤング パクチーMAXやきそば」食べてみた!



東南アジア料理の定番『パクチー』をメインに使用した商品です。
エスニックブームの先駆けとなったパクチーの旨味をより多くの人に楽しんでいただくため、パンチの強いガーリックと組み合わせることで”ペヤングらしく”パクチーを堪能できる商品に仕上げました。


ソース




パクチーの風味を強くつけた塩味のソース。ものすごくパクチーです。ピリ辛程度の辛味で輪郭をハッキリさせ、魚介やエビっぽい旨みで中間を持ち上げていますが、基本はパクチーのゴリ押し。ビジュアル的に具の大量のパクチーが目立ちますが、何のなんのソースのパクチーの主張も凄まじいものがありました。

筆者はパクチーが大好きなのでものすごくおいしいソースだと感じましたが、少しでも苦手ならかなり厳しいのではないでしょうか。完全にパクチー一辺倒に見えて辛味や魚介などの旨みが良い仕事をしているのも印象的でした。






湯戻し時間3分の中細で縮れのついた油揚げ麺。いつものペヤングの麺です。食感や油揚げ麺臭でペヤングらしさを出していますが、今回は相手が悪いです。ソースと具のパクチーゴリ押しに加え、具のフライドガーリックや辛味もかなり幅を利かせており、いつも以上に麺の存在感はありませんでした。パクチー全開。





大量のパクチーと大きなカットのフライドガーリック。いつものキャベツや挽肉は入っていません。まずは何といってもパクチー。ほうれん草のおひたしと見紛うレベルでたくさん入っています。そしてもこちらもソースに負けない強い香り。パクチー好きには素晴らしいですが、好きじゃない人が食べなくてもそばにいるだけで、もう悪魔六騎士が7人に増えてパクチー地獄を開設するレベルでしょう。

そしてフライドガーリック。こちらも存在感抜群で、ソースについた辛味とともにパクチーの味に輪郭を加えており、より切れ味を鋭くしています。これはかなり効果的で、パクチーの風味に翼が生えた感覚。まるでパクチー自体がパワーアップしたようでした。



オススメ度(標準は3です)


  • まるか食品 「ペヤング パクチーMAXやきそば」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
文字通り「パクチーMAX」な商品で、ソースと具のダブルで強烈にパクチーを効かせていました。ソースの辛味や具のフライドガーリックもパクチーの威力にキレを加えており、よりパクチーを際立たせる存在でした。これまでにもカップ麺でパクチーを主役に据える商品は多々ありましたが、筆者が食べた中では今回の商品が最もパクチーが強烈でした。

追いパクチーしますか?今回ばかりは必要ない気がしますが。



栄養成分表、原材料


1食110g(めん90g)あたり
エネルギー504kcal
たん白質8.9g
脂質26.0g
炭水化物58.6g
食塩相当量3.0g

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、食塩、魚醤(魚介類)、たん白加水分解物、香辛料、植物油脂、ガラスープ、レモン果汁、おきあみエキス)、かやく(パクチー、フライドガーリック)/酒精、香料、調味料(アミノ酸等)増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB₂、(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉・魚醤(魚介類)を含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加