このページでは、日清食品のカップライス、「日清台湾メシ 魯肉飯」と「日清台湾メシ 鹹豆漿粥」を食べてレビューしていきます。



「日清台湾メシ」はどんな商品?


今回レビューするのは、日清食品の「日清台湾メシ 魯肉飯」と「日清台湾メシ 鹹豆漿粥」。2024年3月18日に発売された新商品です。台湾の屋台料理の定番である「魯肉飯」と朝食の定番「鹹豆漿粥」がカップライスで再現されています。



台湾料理を再現した「台湾メシ」


日清食品のカップライスは、「カレーメシ」、「ぶっこみ飯」、「オシャーメシ」、「炎メシ」など多岐にわたりますが、今回は「台湾メシ」とのことで、そのまま台湾料理がカップライスで再現されています。現状、「炎メシ」が韓国料理のカップライスなので、これでアジア料理が2つ並び立ったことになりますね。


今回の2品のうち「鹹豆漿」は、以前東洋水産からカップ麺化されていました。
台湾の「鹹豆漿拉麺(シェントウジャンラーメン)」とマレーシアの「Prawn Mee(プロウンミー)」を再現したカップ麺食べ比べ

台湾の「鹹豆漿拉麺(シェントウジャンラーメン)」とマレーシアの「Prawn Mee(プロウンミー)」を再現したカップ麺食べ比べ

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 鹹豆漿拉麺(シェントウジャンラーメン)」と「マルちゃん Prawn Mee(プロウンミー)」を食べてレビューしていきます。「鹹豆漿拉麺」と「Prawn Mee」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「鹹豆漿拉麺(シェントウジャンラーメン)」と「Prawn Mee(プロウンミー)」。2023年10月2日発売の商品。台湾とマレーシアの料理をカップ麺で再現していま...



内容物、価格、購入額など




左が「魯肉飯」で右が「鹹豆漿粥」。入っているものが両者違うのはもちろんですが、パフライスの粒の大きさが全然違います。「魯肉飯」はいつものパフライスの粒なのに対し、「鹹豆漿粥」はだいぶ大きめのパフライスとなっています。他社のパフライスは後者に近いものが多いですね。後者のみ別添袋1つ。

品名日清台湾メシ 魯肉飯
日清台湾メシ 鹹豆漿粥
メーカー日清食品
発売日2024年3月18日(月)
麺種別ライス
かやく・スープ魯肉飯:なし
鹹豆漿粥:1袋(加味特製香醤辣油)
定価税別268円
取得価格税別218円(マックスバリュ)


「日清台湾メシ 魯肉飯」食べてみた



人気の台湾グルメを、"お湯かけ5分" の「台湾メシ」で!
台湾の定番料理 "魯肉飯" をカップメシで再現した商品。甘辛いしょうゆだれに、豚肉の旨みと八角やシナモンなど数種類のスパイスをブレンドした五香粉の香りをきかせ、やみつきになる味わいに仕上げました。


「魯肉飯」は、豚バラ肉をしょうゆ味のスープで甘辛く煮込んだものをごはんにかけて食べる台湾料理です。屋台料理の定番として知られますが、屋台だけではなく定食や家庭料理などでも登場する台湾の庶民料理を代表する存在のひとつです。

味付け




豚の旨みを効かせた甘辛しょうゆだれに、五香粉を香らせることで台湾風に仕上げています。甘めのしょうゆ味は日本でも食べ慣れているような味わいで、台湾料理全般に言えますが、外国のものにあまり食べ慣れていなくても台湾料理は比較的食べやすい味の印象で、今回も地のしょうゆ味は食べ慣れた味のように感じられます。

五香粉が香ることで多少異国感があり、ほんのりスパイシー。スパイス感よりもシナモン由来と思われる甘い香りが目立っており、これが多少の異国感の大きな要因になっていました。シナモンの甘い香りによって後を引く味わいに仕上がっていました。


ライス・具




ライスは湯戻し時間5分のパフライス。いつものライスで、「炎メシ」と同じ汁少なめタイプで、「ぶっこみ飯」ほどスープは多くありません。時間経過とともにライスがスープを吸ってだんだん水気が弱くなっていきます。、ライス量も「炎メシ」と同じ。

具は、コロチャーシュー、ミンチポーク、ネギ。2種の肉が入っていますが、特にコロチャーシューの量がかなり多く、これはかなり食べ応えがあります。カップライスは具が乏しいことが多い中で、「謎肉丼」まではいかなくても、これだけ量が多いとお得感がありますね。「魯肉飯」の肉とはだいぶ違いそうですが、日清流の魯肉飯ということでこれはこれで素晴らしいのではないでしょうか。



「日清台湾メシ 鹹豆漿粥」食べてみた



人気の台湾グルメを、"お湯かけ5分" の「台湾メシ」で!
台湾の定番朝食 "鹹豆漿" をカップメシ流にアレンジしたおかゆ商品。豆乳にお酢の酸味をきかせた、コクのあるやさしい味わいが特長です。仕上げに「加味特製香醤辣油」を加えれば、辣油の香ばしい風味が口の中に広がります。


「鹹豆漿」は、台湾の朝食の定番である豆乳スープで、今回の「台湾メシ」ではそのスープをおかゆにアレンジしています。

スープ




クリーミーな豆乳スープに、お酢の酸味とほんのりだしを加え、「鹹豆漿」風に仕上げています。豆乳スープはクリーミーで、実際豆乳以外にも乳成分が多く入っているものと思われ、やさしい甘みが特徴的。このやさしい甘みに酸味がアクセントを加えており、いやむしろ、酸味にやさしい甘みで奥行きを加えているような感覚になりました。この酸味はかなり効果的。



別添のラー油。辛味はそれほど強くありませんが、日本で食べるラー油ではあまり感じない独特の香りがあり、これが少し異国感を出していました。そしてこの風味が酸味と好相性で、豆乳スープよりもこの両者の組み合わせこそが主役だと感じました。


ライス・具




ライスは、湯戻し5分のパフライス。湯戻し前はいつものカップライスより粒が大きかったですが、湯戻しすることでいつもより大きい気泡に水分が入るからか、ごはんがやわらかくなり、おかゆのような食感になります。これは日清のカップライスでは今までお目にかからなかった食感。豆乳やクリーミングパウダーなどでスープにとろみが強く、ライスと合わせてボリュームを確保していますが、それでもライス自体はだいぶ少なく、食べ応えも「魯肉飯」にかなり見劣りしている感が否めません。

具は、アミエビとネギ。アミエビとはとても小さなエビのの仲間で、「アミ」とか「オキアミ」とは別のものとのこと。真っ赤ですね。食べてみても小さすぎてエビの味はよくわかりませんでした。色味で存在を主張しています。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清台湾メシ 魯肉飯」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
  • 日清食品 「日清台湾メシ 鹹豆漿粥」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

両者ともに個性的でおいしかったですが、味とボリュームを両立している「魯肉飯」を特におすすめしたいです。甘い香りと大量の肉がとても良かったです。「鹹豆漿粥」は日清カップライスで珍しいおかゆで、酸味とラー油が印象的な味でした。

台湾で有名なおかゆだそうです。見た目あまり・・・な感じがしなくもないですが、台湾のおかゆなのできっとおいしいのでしょうね。食べてみたい。







栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分魯肉飯
96g(めん75g)
鹹豆漿粥
56g(ライス26g)
エネルギー376kcal242kcal
たんぱく質8.4g4.0g
脂質6.5g7.6g
炭水化物71.0g39.3g
食塩相当量3.2g1.9g

  • 原材料
・日清台湾メシ 魯肉飯

ライス(米(国産)、乳化油脂、食塩)、味付けの素(豚脂、粉末しょうゆ、砂糖、でん粉、小麦粉、香辛料、ポーク調味料、粉末みそ、食塩、麦芽糖、酵母エキス、オニオンパウダー、植物油脂、オイスターソース、たん白加水分解物、発酵調味料)、味付豚肉、ねぎ/調味料(アミノ酸等)、トレハロース、カラメル色素、乳化剤、香料、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、酸味料、香辛料抽出物、くん液、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)


・日清台湾メシ 鹹豆漿粥

ライス(米(国産)、乳化油脂、食塩)、スープ(豚脂、乳等を主要原料とする食品、砂糖、粉末豆乳、でん粉、小麦粉、しょうゆ、食塩、クリーミングパウダー、植物油脂、粉末しょうゆ、醸造酢、麦芽糖、大豆粉末、こんぶ調味料、発酵調味料、大豆イソフラボン)、でん粉加工品、あみえび、ねぎ/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、トレハロース、酸味料、乳化剤、リン酸塩(Na)、カラメル色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Ca、香辛料抽出物、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、カロチノイド色素、ベニコウジ色素、シリコーン、(一部にえび・小麦・乳成分・ごま・大豆・豚肉を含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加