このページでは、サンヨー食品のカップ焼そば、「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば」を食べてレビューしていきます。



「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば」。2024年2月26日にリニューアル発売された「旅麺」シリーズの商品です。「旅麺」シリーズの東京代表商品となっています。



「Tokyo Tokyo」ロゴの「浅草」焼そば


「旅麺」は、全国各地のご当地麺の味を安価で再現したシリーズで、ご当地麺の定番である「札幌」「喜多方」「横浜」「博多」がラインナップされている中で、今回の「浅草焼そば」だけちょっと違う空気があるように思います。浅草の名物料理で焼そばというのはあまり聞かないし、どちらかというともんじゃとかですよね。「浅草開化楼」という有名な製麺所がありますが、焼そばとは結びつきませんよね。

東京の魅力をPRする「Tokyo Tokyo」のロゴを取得しており、東京ブランドをアピールしています。浅草といえば東京でも有数の観光地なので、「旅麺」ブランドとして向いているのかもしれませんね。リニューアル前の商品はこちら。
サンヨー食品 「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば」

サンヨー食品 「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば」

このページでは、サンヨー食品のカップ焼そば、「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば」を食べてレビューしていきます。「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば」。2023年2月27日にリニューアル発売された「旅麺」シリーズの商品です。浅草の味を標榜したカップ焼そばとなっています。「浅草」の味を再現...



内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。キャベツのみ入っていました。

品名サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば
メーカーサンヨー食品
発売日2024年2月26日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体ソース・かやく)
定価オープン価格
取得価格税別108円(マックスバリュ)

「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば」食べてみた



ウスターソースの酸味と甘みに豚バラ肉を炒めた香りが香ばしい、風味豊かな浅草風のソース焼そばです。
表面につるみをもたせた、粘りのある食感のめんです。ちぢれをつけることでソースが絡むめんに仕上げました。
ウスターソースにラードのコクと豚バラ肉を炒めた香りを合わせ、こしょうでアクセントをつけた、風味豊かな浅草風の焼そばソースに仕上げました。
焼そばに定番のキャベツを具材に使用しました。


ソース




豚脂で豚肉の旨みを効かせたウスターベースのソース。酸味が強めで、そのままソースのような味がしており、手の込んだ味でも奇をてらった味でもありません。後味にスパイスなど焼そばらしい味も感じられますが、以前に比べてもだいぶ酸味が前に出てきている印象を受けました。





湯戻し時間2分の中細で緩やかに縮れのついた油揚げ麺。湯戻し時間を2分と短めに設定することでコシをキープしています。以前とカップ形状が代わり、麺量も85gから70gに減量されてしまいました。また、食感も以前とちょっと変わっており、麺の弾力がアップしたように感じました。個人的には以前のもう少し歯切れのよい麺が好きだったので、ちょっと残念でした。





キャベツのみ。少ないですが、リニューアル前よりは量増えたでしょうか。でも「かけ焼そば」に近いですかね。



オススメ度(標準は3です)


  • サンヨー食品 「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば」
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
今回リニューアルで麺量が15gも減ってしまっており、具はキャベツのみは継続。本来なら値上げ分を量減少にしていると思われますが、商品の魅力がかなり損なわれたように感じました。そして引き続き、どの部分が「浅草」なのかもよくわかりませんでした。

安価カップ焼そば最強の一角。「ごつ盛り」か「デカうま」かですよね。今回の商品の麺量が倍近いのですが、価格差はあまりありません。





栄養成分表


1食90g(めん70g)あたり
エネルギー364kcal
たん白質5.2g
脂質13.9g
炭水化物54.4g
食塩相当量3.3g
ビタミンB10.34mg
ビタミンB20.31mg
カルシウム156mg

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、みそ、砂糖)、ソース(ソース、糖類、豚脂、植物油脂、食塩、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料)、かやく(キャベツ)/加工でん粉、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、レシチン、クチナシ色素、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(キサンタン)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・大豆・りんご・ゼラチンを含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加