このページでは、セブンイレブンのレンジ麺、「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン ワシワシMAX」を食べてレビューしていきます。



「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン ワシワシMAX」はどんな商品?


今回は、セブン-イレブンの「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン ワシワシMAX」。2024年2月発売の、セブン-イレブンの名物レンジ麺です。千葉・松戸の名店、「中華蕎麦 とみ田」監修の二郎インスパイア商品で、前回2023年12月の発売時に引き続き「ワシワシMAX」と銘打たれています。



ワシワシ強化の「とみ田」二郎インスパイア


中華蕎麦 とみ田」は、千葉・松戸にある豚骨魚介つけ麺の名店。すでにその名声は全国を制圧し天下統一した感がありますが、二郎インスパイア店「雷」を手掛ける別の顔も有しています。セブンのレンジ麺としては豚骨魚介よりも自郎インスパイアの方がおなじみで、「デカ豚ラーメン」というヘビー級の商品が定期的に発売されています。今回の商品も二郎インスパイアで、2023年12月以来のかなり短期スパンでの再登場となります。
【セブン】名物「とみ田」×「二郎インスパイア」!「中華蕎麦とみ田監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX」食べてみた

【セブン】名物「とみ田」×「二郎インスパイア」!「中華蕎麦とみ田監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX」食べてみた

このページでは、セブンイレブンのレンジ麺、「中華蕎麦とみ田監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX」を食べてレビューしていきます。「中華蕎麦とみ田監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX」はどんな商品?今回は、セブン-イレブンの「中華蕎麦とみ田監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX」。2023年12月20日発売の、セブン-イレブン恒例のレンジ麺です。千葉・松戸にある豚骨魚介の名店、「中華蕎麦 とみ田」監修の二郎インス...



内容物、価格、購入額など




本来は開けずにレンジに入れるだけですが、撮影のためフタを開けています。相変わらず大盛の麺に大きなチャーシューや大量の野菜、背脂ニンニクなどが入っています。



麺の底にはいつも通りゼラチンスープが入っていました。



レンジ調理後、フタを開けてすぐの状態。たっぷり入っていた背脂ニンニクの背脂部分の多くがスープに溶け出して、大粒背脂と粒状ニンニクが残っています。レンジ調理で焦げが・・・。さすがジンオウガ亜種ばりの高火力。バチバチいいますからね。500Wレンジで7分40秒、1500Wレンジで2分30秒となっています。

品名中華蕎麦とみ田 監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX
メーカーセブンイレブン(製造会社は地域により異なる)
発売日2024年2月
麺種別レンジ麺
かやく・スープなし
定価税別640円
取得価格税別640円(セブン-イレブン)

セブン「中華蕎麦とみ田 監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX」食べてみた




人気ラーメン店「中華蕎麦とみ田」が監修した食べごたえのある豚骨醤油ラーメンです。


とんこつしょうゆ味のスープに、極太強縮れの大盛麺と、巨大チャーシュー、背脂、刻みニンニク、そして山盛の野菜が合わせられています。相変わらずの大ボリュームですが、栄養成分を見ると前回2023年12月発売時とまったく同じもののようです。


スープ




スープ表面に豚脂をたっぷり浮かせたとんこつしょうゆ味のスープ。栄養成分や原材料を見る限りは以前と同じスープのはずなのですが、以前よりとんこつの厚みが感じられ、しょうゆのキレもあります。これは個体差なのでしょうかね。カップ麺に比べるとだいぶ手作業のウェイトが大きそうな商品なので、個体差みたいなものは大きいのかもしれませんね。前回よりだいぶパワフルです。

そして、実は調理前にフタを開けた段階から感じていたのですが、背脂ニンニクが前回食べた時よりもだいぶ大きくて、実際完成したスープを見ると表面に浮く油の量がまったく違っていました。これも個体差だと思われますが、油の量が多くてだいぶこってり感が強かったです。スープのパワーは二郎系に沿うものでした。





極太で強縮れの麺。三田の二郎本店だと麺はちょっとやわらかいのですが、とみ田の二郎インスパイア店「雷」では、極太縮れ麺が硬く茹でられており、二郎系の麺でよく形容されるワシワシ麺の食感そのもの。前回と今回は「ワシワシMAX」と銘打たれていますが、加熱時間が短くて戻ってないのではないかと心配してしまうくらい硬い食感でした。正直、こんなワシワシ麺はお店でも食べたことがありません。

麺量は200g。二郎系のお店やつけ麺店ではもっと多い麺量のメニューもありますが、レンジ麺として200gを目の当たりにするとかなりすごい量です。私オサーンはクラスで5位以内に入る程度の大食いですが、私レベルだと丁度よいか、体調によってはちょっと多いかなと感じてしまう量です。超硬い麺が大盛りなので、よく噛んで食べないと胃がやられますよ。






まずは巨大チャーシュー。「豚1枚」レベルだとお店でもこれより大きなチャーシューはないのではないでしょうか。惚れ惚れするほど巨大。脂分もたっぷりついている豚バラチャーシューで、厚みがあるのにすごくやわらかいです。



背脂ニンニクの背脂がある程度スープに溶け出した後の、大粒の背脂と大量の刻みニンニクです。背脂はよほど燃えるのか?レンジ調理で少し焦げつきました。背脂は良い意味でかなり体に悪そうな味がしており、もう油感全開です。

大量の刻みニンニクもパワフルで、濃いスープに負けないニンニクのキレが感じられました。二郎要素すべて高レベルで実現しており、ここまでの二郎系商品は他にないと思います。



ヤサイ。もやしとキャベツどちらもたくさん入っています。おそらく、リビルドする気力さえあれば山盛にできる量入っているのではないでしょうか。



オススメ度(標準は3です)


  • セブン-イレブン「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン ワシワシMAX」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
前回発売時と栄養成分や原材料がまったく同じだったので、手を加えていない再発売商品と思われますが、私が手に入れた個体についていえば前回よりとんこつや油がパワフルで、二郎インスパイアとしてより完璧な商品でした。ここまですごければ税込で700円近くしてもまったく納得です。

これはぜひ試してみたいですね。二郎系たれなのでしょうか。





栄養成分表、原材料


1食682g(めん200g)あたり
エネルギー842kcal
たん白質40.9g
脂質40.2g
炭水化物84.6g
∟糖質73.7g
∟食物繊維10.9g
食塩相当量8.1g


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加