このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担担麺」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担担麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担担麺」。2023年3月5日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの商品です。広島のご当地麺「広島汁なし担担麺」を再現したカップ麺となっています。



「広島 THE・汁なし担担麺」のリニューアル


「広島汁なし担担麺」は、広島市を中心に供されるご当地ラーメンのひとつ。広島県はラーメン文化が古くから根付く地域で、県頭部では尾道ラーメンや福山ラーメン、そして広島市を中心とする県西部ではしょうゆとんこつ味の広島ラーメンが親しまれてきました。

広島汁なし担担麺は、それら歴史のあるご当地ラーメンと違い、発祥は2000年台に入ってからと比較的新しいですが、あっという間に全国区の知名度を得た存在です。花椒のシビレを前面に押し出し、汁ありの練りごま中心のスープとは一線を画しています。「凄麺」シリーズでも一緒に並ぶ名古屋の「台湾まぜそば」とともに、2000~2010年台に汁なし麺の新潮流としてブームとなり現在に至ります。
【名古屋めし】定番のヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」を実食レビュー

【名古屋めし】定番のヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」を実食レビュー

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」を食べてレビューしていきます。「ニュータッチ 凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」。2023年3月5日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの商品です。名古屋のご当地麺「台湾まぜそば」を再現したカップ麺となっています...



内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。肉そぼろのみ入っていました。

品名ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担担麺
メーカーヤマダイ
発売日2023年3月5日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体タレ・かやく・ふりかけ)
定価税別255円
取得価格税込257円(イトーヨーカドー)

「ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担担麺」食べてみた!



「凄麺」の強みである「ゆでたての旨さ」を最大限に活かし、お店で食べるような本格的な汁なし担担麺をカップ麺で再現しました。 麺はモチモチとした食感と歯切れの良さが自慢の、ノンフライ中細麺です。 まろやかで香ばしいゴマダレの濃厚な旨みと、花椒・唐辛子の痺れる辛さがクセになる味わいです。


たれ




練りごまや豚脂の旨みを効かせたしょうゆ味のたれ。唐辛子や花椒が効いており、たれ単体で広島汁なし担担麺の味が成立しています。「広島汁なし担担麺」としては練りごまや豚脂が少し強めに感じられ、まろやか味な印象。以前はもうちょっとしょうゆが強くて、花椒のキレと合わせると塩辛く感じましたが、今回はマイルドになっていて塩辛さはそうでもなかったです。

一方で唐辛子や花椒、特に「広島汁なし担担麺」は花椒がキレッキレなイメージが強いですが、それに比べると今回はマイルドで比較的食べやすい味。もちろん辛いものが苦手な人が注意な必要なレベルではあります。





湯戻し時間4分の中細ストレートのノンフライ麺。「凄麺」は基本的に太めで弾力のある多加水麺食感の麺が多いですが、今回の麺は歯切れの良い低加水麺よりの食感で、広島汁なし担担麺の特徴を再現しています。また汁なしカップ麺としても、最近は太麺のものが多い中でこれだけ細めなのは珍しい存在で新鮮味がありました。

たれの味が少しマイルドになったためか、麺の小麦由来の自然な甘みが感じられ、凄麺らしい生麺っぽさが感じられました。以前より麺とたれの相性が良くなっています。



ふりかけ




別添の「ふりかけ」には、すりごま、ネギ、花椒、唐辛子が入っています。特に幅を利かせているのは花椒ですが、すごくたくさん入っている割には刺激はおとなしく、刺激の強さよりもたれの刺激をより立体的に表現する役割を担っていました。刺激だけではなく食感でも花椒を感じられます。

花椒はもちろん刺激があってシビれるのですが、広島のイメージほどでもなければ、見た目のボリュームほどでもなかったです。





「かやく」袋に入っているのは肉そぼろのみ。たれと合わせることで汁なし担担麺の肉味噌が再現されています。粒が細かめなのは好感持てますが、大きいよりはだいぶ肉味噌感が出ます。量はもうちょっと欲しかったですが、価格を考えると文句言えません。



オススメ度(標準は3です)


  • ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 広島 THE・汁なし担担麺」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「広島汁なし担担麺」としてはやや刺激が物足りないですが、マイルド系に振ったたれの味に花椒の刺激があわさり、加えて中細低加水麺食感の本格ノンフライ麺も秀逸で、素晴らしい一杯でした。現在のご時世下だと他社なら300円超えの商品だと思いますが、これが定価税別255円で買えるのは企業努力の賜物のように思います。個人的にはこの麺がとても好きです。

「凄麺」で今回の汁なし担担麺とともに「ご当地シリーズ(汁なし)」のラインナップにある「名古屋THE・台湾まぜそば」。





栄養成分表、原材料


1食119g(めん72g)あたり
エネルギー414kcal
たん白質9.8g
脂質12.8g
炭水化物64.8g
食塩相当量4.1g

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、大豆食物繊維)、タレ(植物油脂、しょうゆ、ねりごま、糖類、食塩、動物油脂、みそ、醸造酢、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(味付肉そぼろ、ごま、ねぎ、花椒、唐辛子)/調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、かんすい、香料、増粘剤(グァーガム)、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、(一部に卵・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加