このページでは、セブンイレブンのレンジ麺、「中華蕎麦とみ田監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX」を食べてレビューしていきます。



「中華蕎麦とみ田監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX」はどんな商品?


今回は、セブン-イレブンの「中華蕎麦とみ田監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX」。2023年12月20日発売の、セブン-イレブン恒例のレンジ麺です。千葉・松戸にある豚骨魚介の名店、「中華蕎麦 とみ田」監修の二郎インスパイア商品となっています。今回は「ワシワシMAX」と銘打たれています。



ワシワシ強化の「とみ田」二郎インスパイア


中華蕎麦 とみ田」は、千葉・松戸にある魚介豚骨の名店。セブンのカップ麺でもおなじみのお店ですが、今回は「とみ田」のもうひとつの顔である二郎インスパイア。「雷」という二郎インスパイア店を営んでおり、またセブンのレンジ麺として「豚ラーメン」もすっかりおなじみの存在となりました。

2022年6月発売の「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン ニンニク増し」。この時は「ニンニク増し」が売りとなっていました。今回は麺が「ワシワシ×2」になっていることに加え、「背脂ニンニク増量」とも謳われています。

【セブン】二郎インスパイアレンジ麺の大定番が巨大チャーシューですごいことに!? 「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン」を食べてみた!

このページでは、セブンイレブンのレンジ麺、「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン」を食べてレビューしていきます。「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン」はどんな商品?今回は、セブンイレブンの「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン」。2022年2月16日から順次発売となった、セブン-イレブンのレンジ麺です。千葉・松戸にある「中華蕎麦 とみ田」監修による「二郎インスパイア」。「とみ田」の二郎インスパイ...



内容物、価格、購入額など




本来は容器は開けずにレンジに入れるだけですが、撮影のために調理前に開封しています。大きなチャーシューや野菜などで麺が覆われて見えません。麺の底にはゼラチンスープが入っていました。



レンジ調理後すぐにフタを開けた状態。野菜が小さくなっていますが、それでも大ボリュームです。レンジ調理時間は500Wで7分40秒、お店の1500Wで2分30秒となっています。

品名中華蕎麦とみ田監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX
メーカーセブンイレブン(製造会社は地域により異なる)
発売日2023年12月20日(水)
麺種別レンジ麺
かやく・スープなし
定価税別640円
取得価格税別640円(セブン-イレブン)

セブン「中華蕎麦とみ田監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX」食べてみた




人気ラーメン店「中華蕎麦とみ田」が監修した食べごたえのある豚骨醤油ラーメンです。


とんこつしょうゆ味のスープに、200gのワシワシ麺と、大きなチャーシュー、背脂、刻みニンニク、もやし、キャベツが合わせられています。かなりのボリュームとなっています。


スープ




とんこつしょうゆ味のスープ。ベースのとんこつ部分はそれほど太くなくしょうゆのキレの方が目立ちますが、麺からだいぶ成分が溶けだしており、ややボヤけた味のように感じました。セパレートタイプ以外のレンジ麺共通の欠点だと思いますが、この商品に限っては他の要素が色々ありすぎてスープは完全に脇役状態なので、正直スープはこんなもんかなとも思います。




スープの底にはとんこつの骨粉が残っています。とんこつはそんなに太くないと書きましたが、骨粉まで入っているとなると本来のこのスープのとんこつポテンシャルはもっとすごいものがあるのかもしれませんね。



背脂&ニンニク




パッケージに「背脂ニンニク増量」と書かれたシールが貼られていますが、大粒の背脂と刻みニンニクが入っています。背脂は全体的な味に影響を及ぼすわけではなかったですが、数粒入っているものが口に入ったときには凄まじい豚脂の風味が感じられます。刻みニンニクはスープの味にパンチを加えていました。局地的には背脂がパワフルですが、全体的にはニンニクの方が目立っていますね。





調理前200gの大量の麺。強く縮れがつけられた硬い食感の麺で、二郎インスパイアのよく使われるワシワシした食感の麺となっています。いつもワシワシしていますが、今回は確かにさらにワシワシしており、麺の硬さもすごいです。

実際のところ、三田のラーメン二郎の麺は「硬め」を注文しなければやわらかい食感の麺(通称デロデロ麺)が出てくることが多いため、二郎インスパイア店のワシワシ麺は一体何をインスパイアしているのかよくわからなくなってくるのですが、今回の麺はいつにも増して強烈なワシワシ麺でした。


大きなチャーシュー




分厚くて大きな豚バラチャーシューが1枚入っています。先日、ローソンの二郎インスパイアレンジ麺に対し史上最強のチャーシューと言いましたが、あちらは2枚で史上最強、こちらは1枚として史上最強と言っても良いかもしれません。ローソンの方が僅差で肉量多そうですが、今回の1枚はすごいです。お店の豚1枚より多分大きいです。


もやし&キャベツ




二郎インスパイアの重要な要素であるヤサイ。今回の強調ポイントとはなっていませんが、実は過去一で野菜が多いように思います。もやしが多いのはいつものことですが、今回はキャベツもたくさん入っていました。野菜山盛で素晴らしかったです。



オススメ度(標準は3です)


  • セブン-イレブン「中華蕎麦とみ田監修デカ豚ラーメン ワシワシMAX」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
二郎要素を概ね全て打ち込んだ一杯。ボリュームは圧巻で、麺、チャーシュー、さらに今回は野菜の満足感も大きかったです。局地的な影響力しか持たない背脂や、ややボケた味のスープあたりが欠点といえば欠点ですが、色々キャラが濃すぎてほとんど気になりませんでした。大満足です。

いつか自分で納豆を作ってみたいと思っているのですが、3パック50円くらいで売っているのを見ると、絶対これ買ったほうが安上がりだなと思って手を出せません。安価で買える納豆で十分満足できる自分の味覚が悔しくもあり誇らしくもあり。





栄養成分表、原材料


1食682g(めん200g)あたり
エネルギー842kcal
たん白質40.9g
脂質40.2g
炭水化物84.6g
∟糖質73.7g
∟食物繊維10.9g
食塩相当量8.1g


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加