このページでは、日清食品のカップそば、「日清の最強どん兵衛 鴨だしそば」を食べてレビューしていきます。



「日清の最強どん兵衛 鴨だしそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清の最強どん兵衛 鴨だしそば」。2023年12月4日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。あの「最強どん兵衛」から第3弾の「鴨だしそば」が登場です。



第3の「最強どん兵衛」は「鴨だしそば」


第3の「最強どん兵衛」として登場した「鴨だしそば」。お揚げや天ぷらという確固たる主役が存在する前2品に比べると今回は主役不在のように見えますが、「コクと深みの鴨だし」「太そば」「香ばしつくね」という三本柱のようです。ただ、通常商品の「鴨だしそば」がかなり強い商品なので、それに勝ることはなかなか高い障壁のように思います。

「最強どん兵衛」の先輩商品、「きつねうどん」と「かき揚げそば」。




内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺の他につくねが入っていますが、大きいし10個も入っているしで、こりゃなかなかすごいですね。

品名日清の最強どん兵衛 鴨だしそば
メーカー日清食品
発売日2023年12月4日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体スープ・特製鴨オイル)
定価税別280円
取得価格税別158円(ドン・キホーテ)

「日清の最強どん兵衛 鴨だしそば」食べてみた!



"すべてが主役" の、こだわり抜いた「最強どん兵衛」
弾力とのどごしが楽しめる「太そば」、濃口醤油をベースに鴨のうまみを加え、たまり醤油でコクと深みを出した「鴨だしつゆ」、炭火で焼いたような風味が楽しめる「香ばしつくね」、つゆに鴨の甘みを加える「特製鴨オイル」。すべてが主役の「どん兵衛」です。




鴨だしや和風だしなどを効かせたしょうゆ味のつゆに、いつもより太い油揚げ麺のそばと、大きな鶏つくね10個などを合わせています。

つゆ


鴨だしや魚介など和風だしを用いた濃口しょうゆ味のつゆ。たまりしょうゆも使ってコクを出しているとのこと。液体つゆならではのしょうゆの香りや風味の強さが味わえます。主役の一角である鴨だしは、いつもの「鴨だしそば」より確かに厚みがありました。

また、「鴨だしそば」といえば他の商品よりだいぶ甘みが強いことが特徴ですが、今回もしっかり甘いです。ただ、いつもの「鴨だしそば」より特別甘いようには感じませんでした。

「特製鴨オイル」




つゆとは別に「特製鴨オイル」が別袋となっています。湯気からふわっと香り、口に入れると鼻に抜けていく鴨の香りを楽しむことができます。これも通常「鴨だしそば」より多少強そうです。






湯戻し時間5分の太めでストレート形状の油揚げ麺のそば。通常の「鴨だしそば」の湯戻し時間は3分なので、それよりだいぶ時間が長いことが太さの証左となっています。いつもより太い麺なので主張強めですが、つゆもいつもより濃いためバランスが取れています。

太い麺ではなくいつもの麺で食べたら、もっとつゆの最強ぶりを実感できたかもしれませんね。





鶏つくねとネギが入っています。鶏つくねはかなり大きいものが10個も入っておりこれはリッチ。焼き目がついたものもあり、香ばしさもあります。通常「鴨だしそば」との価格差が44円ありますが、ほぼこの鶏つくねの差ではないかと思えるほど充実していました。肉々しいですね。

オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「日清の最強どん兵衛 鴨だしそば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
通常の「鴨だしそば」が十分すぎるほどおいしいため、正直、つゆは確かにおいしいとは感じたもののこれでなくてもいいという感じに思いましたが、鶏つくねの充実ぶりがすごく、鴨だしそばのおいしさプラス鶏つくねを食べるための商品と考えれば十分に存在価値があるように感じました。鶏つくねリッチでした。

もちろんどん兵衛もおいしいのですが、東洋水産の商品も素晴らしくおいしいです。





栄養成分表、原材料


1食103g(めん66g)あたり
エネルギー423kcal
∟めん・かやく∟346kcal
∟スープ∟77kcal
たん白質11.9g
脂質19.7g
炭水化物49.6g
食塩相当量5.4g
∟めん・かやく∟1.8g
∟スープ∟3.6g
ビタミンB10.34mg
ビタミンB20.40mg
カルシウム137mg

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、大豆食物繊維)、スープ(しょうゆ、糖類、鶏脂、合鴨エキス、たん白加水分解物、合鴨調味油、合鴨脂、植物油脂、魚介エキス、食塩、酵母エキス、香味油、かつおぶし粉末)、かやく(味付鶏つくね、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、リン酸塩(Na)、香料、炭酸Ca、乳化剤、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、チャ抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・そば・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加