このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「鯱輪監修 旨辛にんにくラーメン」を食べてレビューしていきます。



「鯱輪監修 旨辛にんにくラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、寿がきや食品の「鯱輪監修 旨辛にんにくラーメン」。2023年9月11日発売の商品。名古屋にある辛麺専門店「名古屋辛麺 鯱輪」監修のカップ麺となっています。



「辛麺屋輪」×「麺屋はなび」=「名古屋辛麺 鯱輪」


名古屋辛麺 鯱輪」は、名古屋にある辛麺専門店。もともとは宮崎にある「辛麺屋輪」の支店でしたが、台湾まぜそば発祥「麺屋はなび」の新山氏プロデュース店となり、今回のカップ麺でも再現されている「旨辛にんにくラーメン」を看板メニューに人気店となっています。

「辛麺屋輪」の辛麺要素と「麺屋はなび」の台湾ラーメン要素が合わさった商品で、残ったスープにごはんを入れてもおいしいとのこと。残念。私は炭水化物を制限しているのでそんなキケンな行為は断じてできないんですよね。他をあたってください。

「辛麺屋輪」と「麺屋はなび」のカップ麺。

明星食品 「明星 辛麺屋輪監修 とろみ宮崎辛麺」

明星食品 「明星 辛麺屋輪監修 とろみ宮崎辛麺」

このページでは、明星食品のカップ麺、「明星 辛麺屋輪監修 とろみ宮崎辛麺」を食べてレビューしていきます。「明星 辛麺屋輪監修 とろみ宮崎辛麺」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、明星食品の「明星 辛麺屋輪監修 とろみ宮崎辛麺」。2023年11月13日の新商品です。宮崎辛麺の人気店「辛麺屋 輪」監修による冬バージョンのとろみ仕様となっています。「辛麺屋 輪」の冬限定商品「辛麺屋 輪」...

【ファミマ】新たに加わった背脂の効果は?ファミマル「麺屋はなび監修 台湾まぜそば」を実食レビュー

【ファミマ】新たに加わった背脂の効果は?ファミマル「麺屋はなび監修 台湾まぜそば」を実食レビュー

このページでは、ファミマPB「ファミマル」のカップ麺、「麺屋はなび監修 台湾まぜそば」を食べてレビューしていきます。ファミマル「麺屋はなび監修 台湾まぜそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ファミリーマートPB「ファミマル」の、「麺屋はなび監修 台湾まぜそば」。製造はサンヨー食品。2023年4月25日発売の新商品です。名古屋に本店がある「台湾まぜそば」発祥のお店、「麺屋はなび」監修のカップ...



内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。かきたま、ニラ、唐辛子などが見えます。これって、ほぼ辛麺要素のような・・・。

品名鯱輪監修 旨辛にんにくラーメン
メーカー寿がきや食品
発売日2023年9月11日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(液体スープ・かやく・あとのせかやく)
定価税別316円
取得価格税別258円(ドン・キホーテ)

「鯱輪監修 旨辛にんにくラーメン」を食べてみた!



新感覚名古屋名物ラーメン
名古屋発祥の「台湾ラーメン」と「宮崎辛麺」を融合させた「旨辛にんにくラーメン」が人気のお店『名古屋辛麺 鯱輪』監修。
スープは豚ガラと鶏ガラベースに濃口醤油を合わせ、背脂とにんにくでパンチのある味わいに仕上げました。 残ったスープにごはんを入れる「追い飯」もおすすめです。




豚鶏ベースのしょうゆ味のスープに辛味やニンニクを効かせ、中細で縮れのついたノンフライ麺とかきたまやニラ、背脂などの具が合わせられています。見た目はだいぶ宮崎辛麺要素が強そうです。


スープ




豚鶏ベースのしょうゆ味に唐辛子の辛味や背脂、ニンニクを加え、宮崎辛麺と台湾ラーメンを融合したスープとなっています。基本ベースにあるのは辛麺のようですが、ニンニクが強調されていたり背脂が加わっているのは台湾ラーメン要素でしょうか。背脂は台湾ラーメンというより「麺屋はなび」要素でしょうかね。ベースがあっさりな辛麺よりもこってり仕上げとなっているのが特徴的。特に辛麺と台湾ラーメンの両要素であるニンニクのパンチが目立っていました。

一方で、真っ赤な色味でいかにも辛そうに見えるものの、実際のところはピリ辛程度。拍子抜けするほど辛くありません。史上最強に赤色と辛さに乖離があるスープではないでしょうか。桃白白がサイボーグ化してめちゃくちゃ強そうになったのに天津飯にあっさりやられたのを思い出しました。桃白白が弱いわけじゃなくて天津飯が強すぎたんですけどね。エンターテイナーな赤。






湯戻し時間5分の中細でゆるく縮れのついたノンフライ麺。特にお店の麺を再現したわけではなさそうで、寿がきや食品のよく見る汎用的な麺だと思われます。お店の麺も細めですが、それよりひとまわり細そうです。細めなので主張が穏やかで、ニンニクの効いたスープを立てるバランスでした。





先入れと後入れの具が入っています。先入れのかきたま、唐辛子、肉そぼろ、ニラ。これだけ見ると完全に宮崎辛麺ですよね。寿がきやのカップ麺は具がショボいことが多いのですが、今回は結構たくさん入っています。



「後入れかやく」。背脂粒、ニンニク粒、ネギが入っています。背脂はスープの中で埋没気味ですが、ニンニクはしっかり目立っており、スープとともにニンニクの味をキレ鋭くしていました。かなり賑やかな具の構成でした。


「追い飯」してみた!




炭水化物を控える生活をしているのでまったくやる気はなかったのですが、気づいたらスープの中にごはんが入っていました。自然発生的に湧いて出たか、食べている人が夢遊の発作が起きたのかちらかだと思いますが、しかも結構な量入れてしまいました。

豚脂と豚ガラで豚に厚みがあるのとニンニクがしっかり効いているのとでごはんと相性はよく、このあたりは台湾まぜそばっぽい要素だと感じました。「鯱輪」もそうらしいですが、「麺屋はなび」でも追い飯が有名ですよね。今回も必須とまではいきませんが、麺だけで足りないならごはんを入れてみるのも良いと思います。



オススメ度(標準は3です)


  • 寿がきや食品 「鯱輪監修 旨辛にんにくラーメン」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
300円超えの高額商品ですが、いつもの寿がきや商品より具が多くて確かにちょっとリッチな一杯でした。宮崎辛麺にニンニクや背脂を強化して台湾まぜそば要素を加えていて、追い飯も楽しめました。

台湾ラーメンとか台湾まぜそばが食べたくなります。ヤマダイ凄麺のおいしくてコスパ良いやつ。





栄養成分表


1食122g(めん65g)あたり
エネルギー428kcal
∟めん・かやく∟333kcal
∟スープ∟95kcal
たん白質10.0g
脂質17.4g
炭水化物57.8g
食塩相当量7.4g
∟めん・かやく∟1.8g
∟スープ∟5.6g
カルシウム105mg

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、小麦たん白、植物油脂、大豆食物繊維、たん白加水分解物)、スープ(動物油脂、ポークエキス、しょうゆ、食塩、砂糖、チキンエキス、おろしにんにく、香味油、ゼラチン、ローストガーリックペースト、酵母エキス、たん白加水分解物)、かやく(唐辛子、玉子、背脂顆粒、にんにく、味付肉そぼろ、ねぎ、にら)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、トレハロース、かんすい、着色料(カロチノイド、カラメル)、炭酸カルシウム、ソルビット、乳化剤、グリセリン、リン酸Na、セルロース、酸化防止剤(V.E、ローズマリー抽出物)、炭酸水素Na、酸味料、(一部に卵・小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加