このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「龍上海本店 赤湯からみそラーメン」を食べてレビューしていきます。



「龍上海本店 赤湯からみそラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「龍上海本店 赤湯からみそラーメン」。製造は明星食品。2023年11月27日にリニューアル発売された新商品です。山形・赤湯の名店「龍上海」監修のどんぶり型カップ麺です。セブンで長らく売られているおなじみのお店となっています。



リニューアルされた「龍上海」カップ麺


龍上海」は、山形・赤湯にある辛味噌ラーメンの名店。山形はもちろん、東北でも屈指の有名店で、ラーメン博物館に2005年から出店し続けていることでもおなじみ。さらには、カップ麺としてはセブン&明星食品から長きに渡って定期的に商品が出続けており、カップ麺で知っているお店という人も多いのではないでしょうか。

最初にカップ麺で登場したのがおそらく2008年で、「地域の名店シリーズ 龍上海」という商品でした。当時の私は龍上海のおいしさが理解できなかったようで、★3をつけていましたが、みそラーメンといえば札幌ラーメンという固定概念に囚われ、そこから逸脱する味をおいしいと思えなかったのかもしれませんね。今はむしろみそラーメンで一番好きなのが龍上海というくらい大好きです。もうだいぶ昔ですがラー博にも行きました。いつか本店にも行ってみたいものです。
明星食品 「地域の名店シリーズ 龍上海」

明星食品 「地域の名店シリーズ 龍上海」

伊調馨選手の金メダル感動しましたね。前回のアテネの金メダルに比べるとだいぶ苦しい試合だったように思いますが、苦しんだ末の勝利はまた格別なんでしょうね。姉の千春選手は惜しくも銀メダルでしたが、妹が姉を応援する姿、姉が妹を応援する姿を見て、なんて強い絆で結ばれた2人なんだろうと感心しました。小さい頃からずっと2人で練習してきて、お互いの存在がなければここまでの選手にはならなかったんでしょうね。姉も妹も世...



内容物、価格、購入額など




別添袋は4つ。カップには麺のみ入っています。リニューアル前と同じ構成。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギが入っていました。

品名龍上海本店 赤湯からみそラーメン
メーカーセブンプレミアム(製造は明星食品)
発売日2023年11月27日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ4袋(液体スープ・辛味噌・かやく・ふりかけ)
定価税別288円
取得価格税別288円(セブン-イレブン)

セブンプレミアム「龍上海本店 赤湯からみそラーメン」食べてみた!




山形の行列が絶えない銘店「龍上海本店」の味を再現!湯戻りが良く、表面につるみがあるノンフライ麺を使用し、スープは味噌感と煮干し感を強め、オイルで甘みとコクをプラスしました。お店と同じ”辛味噌”を使用することでクセになる味わいに仕立てました。


スープ


煮干しだしを効かせた鶏ガラベースのみそ味のスープ。煮干しとともにしょうゆもろみを効かせることで舌の横にちょっとほろ苦さみたいなものが感じられる味わいとなっており、普段札幌ラーメンで慣れているとまったく異なる味となっています。塩気が強いしみそも濃いのであっさりはしていませんが、炒め風味や油脂でこってりした札幌ラーメンのスープとは違い、多少繊細さを持ち合わせた風味で勝負するスープとなっています。

辛味噌




別添の「辛味噌」。辛味とニンニクが入ったみそです。この辛味噌、直接舐めると結構辛いのですが、スープに溶かすとうまいことピリ辛程度に収れんします。辛さはちょっとしたアクセント程度ですが、ニンニクが結構パンチがあり、みそ、煮干しとともに大きな核となっていました。味は濃いですが複雑かつ繊細でおいしいです。



以前のスープと比べて今回のリニューアルで「味噌感と煮干し感を強め、オイルで甘みとコクをプラスし」たとのことですが、確かに煮干しは濃くなったような感じがしました。他はすいませんよくわかりませんでした。新旧を横に並べて食べ比べるとわかるのでしょうけどね。






湯戻し時間5分の太くて縮れのついたノンフライ麺。麺表面のつるみともちもち感が強い多加水麺食感で、縮れによって多少お店の手打ち麺の雰囲気が感じ取れます。濃いスープに対し麺の主張も強くてバランスが取れていました。

麺量は80g。多めの麺量となっています。ただ、太くてひと口に入る麺量が多いのと、おいしいのでどんどん食べ進めてしまうことにより、ズンズン食べ進めてしまい多めの麺量なのがあまり実感できません。





「かやく」に入っているチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ。チャーシューはそれほど大きくないですが脂身が多く、かなり肉感が強いタイプ。ナルト1枚でネギは少量ですが、メンマが多めに入っているのが特徴的です。



「ふりかけ」に入っているあおさ。磯風味で複雑な味のスープをさらに複雑にするとともに、赤っぽいスープの中で緑色が映えます。辛味噌と並ぶビジュアル的なシンボルとなっていました。



オススメ度(標準は3です)


  • セブンプレミアム 「龍上海本店 赤湯からみそラーメン」
★★★★★★★☆☆☆(7)
煮干し、辛味噌の辛味とニンニク、しょうゆもろみなども感じられる複雑な味のスープが特徴で、引き続きとてもおいしい一杯でした。税込で300円超えてしまいますが麺量や具も多く、価格以上の満足を得られるのではないでしょうか。

同じシリーズの黄黒パッケージ「にんにく背脂」は正直イマイチでしたが、こちらはどうなのでしょうか。ラーメンに入れる以外にも使い道ありそうですね。





栄養成分表、原材料


1食151g(めん80g)あたり
エネルギー551kcal
∟めん・かやく∟346kcal
∟スープ∟205kcal
たん白質13.9g
脂質21.5g
炭水化物77.6g
∟糖質∟73.4g
∟食物繊維∟4.2g
食塩相当量8.8g
∟めん・かやく∟2.8g
∟スープ∟6.0g
ビタミンB11.71mg
ビタミンB20.54mg
カルシウム180mg


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加