このページでは、日清食品のカップ麺、「日清ラ王 蟹と味噌」を食べてレビューしていきます。



「日清ラ王 蟹と味噌」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 蟹と味噌」。2023年11月20日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。タテ型カップの「プチ贅沢」を謳う「ラ王」の第4弾となります。



牛骨+味噌のタテ型「ラ王」


「プチ贅沢」を謳ったラ王のタテ型第4弾。筆者の金銭感覚ではカップ麺で300円超えは果たして「プチ贅沢」なのかという疑問があり、どっぷり贅沢ではないかとちょっと思ってしまうのですが、300円という価格設定は普通に考えれば極めてプチな贅沢ですよね。これまでの「プチ贅沢」なラ王3商品は、「鯛パイタン」「HOTATE鶏白湯」「牛骨味噌」。

鳥取ラーメンのカップ麺は、「銀座香味徳」の味を再現た寿がきや食品のものがおなじみです。
「プチ贅沢」なタテ型ラ王の実力は?日清食品「日清ラ王 鯛パイタン」を実食レビュー

「プチ贅沢」なタテ型ラ王の実力は?日清食品「日清ラ王 鯛パイタン」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清ラ王 鯛パイタン」を食べてレビューしていきます。「日清ラ王 鯛パイタン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 鯛パイタン」。2023年2月6日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。タテ型カップながらリッチな価格設定の商品となっています。「プチ贅沢」なタテ型「ラ王」今回の「ラ王」新商品は、「プチ贅沢」と銘打たれたタ...

「プチ贅沢」のホタテ&鶏白湯のタテ型カップ麺!「日清ラ王 HOTATE鶏白湯」を実食レビュー

「プチ贅沢」のホタテ&鶏白湯のタテ型カップ麺!「日清ラ王 HOTATE鶏白湯」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清ラ王 HOTATE鶏白湯」を食べてレビューしていきます。「日清ラ王 HOTATE鶏白湯」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 HOTATE鶏白湯」。2023年3月13日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。タテ型カップながら「プチ贅沢」な商品となっています。ホタテ+鶏白湯の「ラ王」「プチ贅沢」を謳ったラ王のタテ型商品。「プチ贅沢」と...

第3の「プチ贅沢」登場!タテ型「ラ王」の新商品「日清ラ王 牛骨味噌」を食べてみた!

第3の「プチ贅沢」登場!タテ型「ラ王」の新商品「日清ラ王 牛骨味噌」を食べてみた!

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清ラ王 牛骨味噌」を食べてレビューしていきます。「日清ラ王 牛骨味噌」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 牛骨味噌」。2023年6月5日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。タテ型カップで「プチ贅沢」を謳う商品となっています。牛骨+味噌のタテ型「ラ王」「プチ贅沢」を謳ったラ王のタテ型商品。タテ型のラ王は以前にもあ...



今回の「プチ贅沢」第4弾は、「蟹と味噌」という確かに贅沢そうな商品。カニ味噌じゃないよ蟹と味噌だよというあたりに腐心がうかがえるような、それでもやっぱりカニ味噌を期待してしまうような感じですが、たぶんカニ味噌は入っていないいのでしょう。上の画像を見るとカニ味噌どころからカニすら使われていない可能性もありそう。なぜ「玉子」とか「青葱」を「蟹蒲鉾」と並べて書いてしまうのか、「カニ入ってないやん!」とツッコミ待ちかもしれません。



「ラ王うまい」なのか「うまいラ王」なのかわかりませんが、ちょっと「逃げちゃだめだ」的な雰囲気を感じますよね。ひょっとすると自己暗示にかけないとリリースできないくらいおいしさに自信がないのかもしれません。ちょっと食べるの不安になってきましたw まぁ当然冗談ですけど。なんだか基本ふざけている「カレーメシ」みたいなパッケージですね。



内容物、価格、購入額など




別添袋はひとつ。カップには麺や粉末、かやくが入っていますが、さほど贅沢には見えません。かにカマのビジュアルって贅沢感下げる感じしますね。「ほぼカニ」とかすごくおいしいですが。

品名日清ラ王 蟹と味噌
メーカー日清食品
発売日2023年11月20日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(特製香味蟹オイル)
定価税別307円
取得価格税込330円(ローソン)

「日清ラ王 蟹と味噌」食べてみた!



"蟹のだし" と "味噌" が織りなす "プチ贅沢" なハーモニー!
蟹のだしをきかせ、豚の旨みを加えた重厚感がある味噌スープは、"まるで、生めん。" のような中太ちぢれ麺と相性抜群です。具材にはたまご、カニ風味かまぼこ、ネギを入れ、彩り鮮やかに仕上げました。




蟹だしを効かせたみそ味のスープに中太ノンフライ麺を合わせ、かにカマ、たまご、ネギを加えてします。湯気から蟹の香ばしい風味が漂い、食べる前からすでに「プチ贅沢」が感じられます。


スープ




とんこつベースのみそ味のスープに蟹のだしをしっかり効かせ、別添「特製香味蟹オイル」によって蟹殻の香ばしさも加えています。みそ味には甘みを持たせていてまろやか濃厚となっており、その濃厚さに負けない蟹のだしが効いています。蟹だしとあまいみそ味って相性良いですね。贅沢品過ぎてあまり食べたことはないですが、蟹鍋もみそ味が一番おいしいと勝手に思っています。

カップ麺で蟹だしといえば、どちらかというと蟹殻の風味が勝ったイメージがあるのですが、今回のスープも別添油の殻の風味も強いものの、蟹身のだしもしっかり感じ取ることができ、このあたりが「プチ贅沢」なのだろうと思います。






湯戻し時間5分の中太で縮れのついたノンフライ麺。麺表面につるみがありつつも歯切れのよい低加水麺食感となっており、しっとり食感が蟹だしと好相性。麺の甘みを主張しつつもスープのだしの味をきちんと立てており、麺とスープの相性は良好。縮れを持たせることでスープのりを良くし、スープの味をよく濃く感じさせていました。





かにカマ、たまご、ネギの組み合わせ。パッケージにわざわざこの3種が書き並べられていましたが、これが別段「プチ贅沢」だともなにか特別な存在だとも感じられず、量はまずまずですが、価格の割にちょっと物足りない印象もありました。もうちょっと蟹っぽいかにカマなら違ったかもしれないですけどね。



オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清ラ王 蟹と味噌」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
蟹殻だけではなく蟹身の味も感じられるスープで、甘みをもたせたみそ味とかにの風味も好相性。具は贅沢感ゼロで多少物足りなかったですが、スープからは「プチ贅沢」が感じられました。300円超えはちょっと高いですが、蟹だしはそれをねじ伏せる高級オーラがありました。

追い蟹いっときますか?私は贅沢すぎて絶対やりませんが。





栄養成分表、原材料


1食98g(めん70g)あたり
エネルギー375kcal
∟めん・かやく∟294kcal
∟スープ∟81kcal
たん白質8.7g
脂質9.3g
炭水化物64.2g
食塩相当量6.5g
∟めん・かやく∟2.5g
∟スープ∟4.0g
ビタミンB10.27mg
ビタミンB20.33mg
カルシウム193mg

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維、植物油脂、チキン調味料)、スープ(豚脂、食塩、クリーミングパウダー、糖類、でん粉、小麦粉、粉末みそ、ポーク調味料、植物油脂、香辛料、魚介調味料、酵母エキス、チキン調味料、かに調味料、粉末しょうゆ、香味油、たん白加水分解物)、かやく(魚肉練り製品、味付卵、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、増粘多糖類、香辛料抽出物、乳化剤、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部にえび・かに・小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加