このページでは、三養ジャパンのカップ麺、「ブルダックラーメン キムチ」を食べてレビューしていきます。



「ブルダックラーメン キムチ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、三養ジャパンの「ブルダックラーメン キムチ」。韓国三養食品が製造したサムヤンアメリカ企画の商品を三養ジャパンが輸入したもののようです。赤と緑のパッケージデザインで、最初クリスマス仕様かと思いました。



ブルダック+キムチ


「ブルダック」からまたも新フレーバーが登場。今回はキムチを使った商品でいかにも韓国っぽくもあり、日本にもなじみがある味ですが、三陽食品のアメリカ法人サムヤンアメリカ企画の商品を三養ジャパンが輸入しているようです。パッケージには「Ramen」と書かれていますが、湯切りする「炒め麺」タイプなので、おそらく正規に日本で売られる時には「ブルダック炒め麺」ブランドになると思われます。

多くのブルダック商品はハラール食と謳われており、パッケージでは「Artificial」や「Artificially」と書かれており、チキンフレーバーが人工的であることが強調されています。ハラール食では豚肉が禁忌であることは有名ですが、鶏や牛もイスラム法に則った方法で調理していない場合はだめなんですよね。

先日発売されていた「ハバネロライムブルダック炒め麺」。
【韓国カップ麺】唐辛子と柑橘の相性は?「ブルダック」新味「ハバネロライムブルダック炒め麺」を食べてみた

【韓国カップ麺】唐辛子と柑橘の相性は?「ブルダック」新味「ハバネロライムブルダック炒め麺」を食べてみた

このページでは、三養ジャパンのカップ麺、「ハバネロライムブルダック炒め麺」を食べてレビューしていきます。「ハバネロライムブルダック炒め麺」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、三養ジャパンの「ハバネロライムブルダック炒め麺」。「ブルダック炒め麺」シリーズの商品です。韓国市場向け商品を三養ジャパンが輸入したもののようです。ブルダック新味は「ハバネロライム」「ブルダック炒め...



内容物、価格、購入額など




別添袋はひとつ。カップには麺と白菜キムチが入っています。

品名ブルダックラーメン キムチ
メーカー三養ジャパン
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(ソース)
定価不明
取得価格税別258円(ドン・キホーテ)

「 ブルダックラーメン キムチ」食べてみた!




キムチ味の辛くて甘いソースに、中太で縮れのついた油揚げ麺と、白菜キムチが合わせられています。原材料の「ソース」のところを見ると「砂糖」がトップにきており、他のブルダック商品同様やはり今回も甘いです。もう甘くなければブルダックにあらずとすら思いますよね。

まずは甘さが目立ちましたが、キムチ味も強力。原材料を見ると「キムチシーズニング」が入っているのですが、特に酸味が前に出てくる印象でした。酸味の強さはいつものブルダックとの大きな違いとなっています。甘酸っぱい味と表現するにはかなり激しい味でした。甘酸っぱいというより甘くて酸味が強いです。

そして最終的に舌を支配するのは辛味。ブルダックの辛味はだいたいスロースタートで、食べ進めてしばらくはそんなに辛くないと感じるのですが、だんだん辛味が蓄積されていき、最終的にはなかなかハードモードな激辛となります。ブルダック炒め麺の黒いノーマルタイプと同程度の辛さはあるのではないでしょうか。



湯戻し時間4分の中太で縮れの強い油揚げ麺。いつものブルダックと同じタイプの麺だと思われます。もちもち弾力がある麺で、韓国のインスタント麺らしい食感でした。麺量は76gで汁なしカップ麺としては少なめ。ブルダックとしては標準的。ソースの味が強力なので、中太でもちもちしているとはいえ麺よりソースが勝ったバランスでした。



具は白菜キムチのみ。量がそれほど多くない上にカットがとても小さく、さらにソースが圧倒的に酸っぱいため、具の白菜キムチは味でも食感でもあまり目立っていませんでした。ブルダックの具はどれも大体あってないようなものなので、その中では比較的充実していると言って良いかもしれません。



オススメ度(標準は3です)


  • 三養ジャパン 「ブルダックラーメン キムチ」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
甘さに加え、キムチの酸味や強い辛味による激しい味が特徴的で、ブルダックの中でも武闘派的な味と言って良いでしょう。キムチ味ですがほぼ酸味一辺倒なのがインパクト大でした。激しく辛いので注意が必要です。

賞味期限が近くて安くなっているようです。個人的には安くてもあまり手に取りたくない・・・



栄養成分表


1食105g(めん76g)あたり
エネルギー430kcal
たん白質9.0g
脂質14.0g
炭水化物66.0g
食塩相当量3.25g


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加