このページでは、セブンで買えるヤマダイのカップ麺、「極麺処 新潟背脂煮干し醤油」を食べてレビューしていきます。



セブンで買える「極麺処 新潟背脂煮干し醤油」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンで買えるヤマダイのカップ麺、「極麺処 新潟背脂煮干し醤油」。2023年11月26日発売の新商品です。セブン限定で売られているご当地麺を再現したカップ麺「極麺処」の第4の商品となります。



謎のご当地麺シリーズ「極麺処」


「極麺処」は、「ご当地麺の旨さ」を再現したヤマダイのカップ麺シリーズで、セブン限定で発売されています。今回はその第4弾商品となっており、新潟・燕や三条のご当地麺が再現されています。これまでに「札幌」「横浜」「熊本」が再現されています。
【セブン】突如現れた本格カップ麺は史上最高傑作?「極麺処」2品「札幌濃厚味噌」と「横浜家系豚骨醤油」を食べてみた!

【セブン】突如現れた本格カップ麺は史上最高傑作?「極麺処」2品「札幌濃厚味噌」と「横浜家系豚骨醤油」を食べてみた!

このページでは、セブンで手に入れられるヤマダイのカップ麺、「極麺処 札幌濃厚味噌」と「極麺処 横浜家系豚骨醤油」を食べ比べてレビューしていきます。セブンで手に入れられる「極麺処」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンで手に入れられるヤマダイの「極麺処 札幌濃厚味噌」と「極麺処 横浜家系豚骨醤油」。メーカーサイトにもセブンのサイトにも記載がない商品ですが、突如店頭に現れたこの商品2...

【セブン】謎の本格カップ麺第3の「極麺処」!「極麺処 熊本マー油とんこつ」を実食レビュー

【セブン】謎の本格カップ麺第3の「極麺処」!「極麺処 熊本マー油とんこつ」を実食レビュー

このページでは、セブンで買えるヤマダイのカップ麺、「極麺処 熊本マー油とんこつ」を食べてレビューしていきます。セブンで買える「極麺処 熊本マー油とんこつ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンで買えるヤマダイのカップ麺、「極麺処 熊本マー油とんこつ」。2023年5月発売の新商品です。ご当地麺をカップ麺化した「極麺処」の第3の商品となります。謎のご当地麺シリーズ「極麺処」...

「札幌」や「横浜」もそうでしたが、ヤマダイでは「凄麺」シリーズで「新潟」が存在しており、同じ本格ノンフライカップ麺ながら価格が100円以上今回の方が高価となっており、実力差を見せつける必要がある状況となっています。果たしてそのハードルを超えてくるのでしょうか。
ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン」

ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン」

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン」を食べてレビューしていきます。「ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン」。2023年8月7日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの新商品です。新潟の燕市・三条市などで供されている背脂ラーメンを再現したカップ麺となって...



内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。背脂加工品ときざみ玉ねぎが入っていました。結構量が多そうです。

品名極麺処 新潟背脂煮干し醤油
メーカーヤマダイ(セブン限定?)
発売日2023年11月7日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・かやく・レトルト調理品)
定価税別358円
取得価格税別358円(セブン-イレブン)


「極麺処 新潟背脂煮干し醤油」食べてみた!




コシのある極太麺と煮干しのガツンと効いたスープ


煮干しを効かせたしょうゆ味のスープに、太くて縮れのついたノンフライ麺と、レトルトチャーシュー、背脂、きざみ玉ねぎが合わせられています。


スープ




ポークベースの濃口しょうゆ味のスープにしっかり煮干しを効かせ、背脂や豚脂を加えて仕上げています。しょうゆ味も煮干しだしもしっかり感じられ、いかにも北国の味付けという感じの濃さになっています。同じヤマダイの「凄麺 新潟」では煮干しの他に鶏ガラが使われていましたが、今回は豚。背脂を含めて動物系が豚に統一されているためか、鶏ガラが使われていた「凄麺」に比べて雑味がなくしょうゆの強さがダイレクトに伝わってくる印象を受けました。

一方で、スープに入っている豚脂の量は「凄麺」に比べて減っている印象。豚脂が背脂のこってり感にかなり重要な役割を担っていましたが、今回は代わりに後述する背脂や豚脂の白い粒が入っています。






湯戻し時間4分の太くて縮れのついたノンフライ麺。凄麺お面は湯戻し5分なのに対し今回は4分ですが、麺自体はそれほど違いは感じませんでした。太い麺ではあるものの実際の燕三条系のラーメンに比べると細いですが、スープとの相性は良好で、ややスープが勝ったバランスになっていました。





レトルトのチャーシューと、「かやく」の背脂加工品ときざみ玉ねぎ。レトルトチャーシューは今や他社ではなかなか使われていないですが、いつもの乾燥チャーシューに比べると高級感があります。「凄麺」では乾燥チャーシューでした。ほろほろやわらかくておいしいですが、個人的にはレトルトにするくらいなら乾燥チャーシューを大きくしてくれた方が好みです。

「かやく」の背脂加工品ときざみ玉ねぎはかなりの量。「凄麺」との最大の違いがここにありそうです。背脂加工品はかなり大量で、スープの豚脂が少なくてもしっかり豚の甘みが感じられました。この量はかなりリッチではないでしょうか。きざみ玉ねぎも量が多く、エッジの効いた玉ねぎの鋭さが今回の一杯で最も目立っているように感じました。



レトルトチャーシューに入っている白い豚脂の粒。これが背脂なのかはわかりませんが、こちらも背脂加工品とともに豚の旨みを強くしていました。実はレトルトチャーシューにした大きな意義はこの白い豚脂の粒にあるのではないかと思います。



オススメ度(標準は3です)


  • ヤマダイ 「極麺処 新潟背脂煮干し醤油」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
定価税別358円と高額なので手放しで絶賛はできませんが、100円違う「凄麺 新潟」とは明らかに違いを見せつけており、特にきざみ玉ねぎの威力や背脂加工品や豚脂による告白はなかなかのものでした。「極麺処」次は何が出るのでしょうか。本命は「博多」でしょうか。

「凄麺 新潟」。こちらもきちんとおいしい一杯です。


ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン 124GX12個セット




栄養成分表


1食125g(めん65g)あたり
エネルギー434kcal
たん白質10.1g
脂質17.3g
炭水化物59.4g
食塩相当量6.2g
 ∟めん・かやく∟1.4g
 ∟スープ∟4.8g


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加