このページでは、4回目の登場となるヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」。2023年10月30日発売の新商品です。年末恒例の今年で4回目となる登場で、関東の立ち食いそばチェーン「名代富士そば」の味を再現したカップ麺となっています。



年末恒例の「名代富士そば」カップ麺


「名代富士そば」は、関東を中心に店舗展開する立ち食いそばチェーン。主要駅に多くに立地し、しかも24時間営業のお店が多い、さらに安いとくれば、空腹時に何度もお世話になっている人が多いのではないでしょうか。関東の駅そば特有の濃いしょうゆの香りが漂い、ついついフラッと入ってしまうんですよね。

「富士そば」カップ麺は毎年年末恒例の商品となっており、今回で4度目。今年も年越しそばの大本命として降臨しました。いや、実際のところの本命は多くのお店で売られている「どん兵衛」や「緑のたぬき」でしょうが、もし同じお店に今回の「富士そば」が売っていたら、多少高くてもこちらを買う人が多いのではないでしょうか。そういう意味では紛れもなく本命です。
「富士そば」カップ麺復活!3回目の登場となる「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」を実食レビュー

「富士そば」カップ麺復活!3回目の登場となる「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」を実食レビュー

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」を食べてレビューしていきます。「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」。2022年11月7日発売の新商品です。関東で店舗展開する「名代富士そば」の味を再現したカップ麺で今回で3回目の登場となります。「名代富士そ...

今年は夏にも「富士そば」カップ麺が登場しており、こちらは汁なし(少)の「冷やしたぬきそば」でした。今後毎年2回のお楽しみになっていきそうですね。
夏でも「富士そば」!! 冷してさっぱり食べる「ニュータッチ 名代富士そば 冷したぬきそば」を実食レビュー

夏でも「富士そば」!! 冷してさっぱり食べる「ニュータッチ 名代富士そば 冷したぬきそば」を実食レビュー

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 名代富士そば 冷したぬきそば」を食べてレビューしていきます。「ニュータッチ 名代富士そば 冷したぬきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 名代富士そば 冷したぬきそば」。2023年6月5日発売の新商品です。立ち食いそばの「名代富士そば」の味を再現したカップ麺となっています。夏の「富士そば」カップ麺登...



内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。わかめとネギが入っています。



毎年主役を張る「紅生姜天」。このえげつない色は毎年言っている気がしますがラフレシアを思わせるものがあります。

品名ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば
メーカーヤマダイ
発売日2023年10月30日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・かやく・かき揚げ天ぷら)
定価税別275円
取得価格税別275円(セイコーマート)

「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」食べてみた!


<

人気立ち食いそばチェーン店「名代富士そば」とコラボし、人気メニューの「紅生姜天そば」をカップ麺で本格再現しました。
油で揚げていない独自製法のノンフライそばは、まるで生そばのような風味豊かな味わいです。
つゆは鰹節の濃厚な旨味と本醸造濃口醤油のバランスが絶妙なそばつゆです。
具材にはしっかりと紅生姜を感じられるボリューム満点の紅生姜天ぷらと、ワカメ、ネギを使用しています。




関東風の濃いしょうゆ色のつゆに、ノンフライ麺のおそばと、大きな紅生姜天、わかめ、ネギが合わせられています。今年も濃いしょうゆ色と大きな紅生姜天は健在です。


つゆ




濃口しょうゆを使用し、かつお節の風味を効かせた関東風のそばつゆ。強いしょうゆの香りが特徴的で、塩気も強め。かつお節がエッジを効かせることでキレッキレの味のつゆとなっています。さらに、ピリ辛未満程度に唐辛子が入っているのですが、これもまたしょうゆ味のキレを増幅、強調させていました。

お店の味の特徴をかなり忠実に再現していますが、昨年のつゆとどうやらまったく同じのようです。昨年と栄養成分・原材料がまったく同じでした。






湯戻し時間5分の、中細ストレート形状のノンフライ麺そば。ノンフライ麺のため気泡が入りづらく、生麺に近いコシが再現されています。きちんと風味が強いため、濃いつゆと合わせてもきちんとそばの味が主張できています。麺とつゆの相性は良いですが、おいしいがゆえに麺量がちょっと少ない気がしました。麺量60gは正麺カップやラ王に比べると少なめです。





紅生姜かき揚げ天ぷら。後入れタイプですが、最初サクサク後でしゅみしゅみの食感を楽しめますが、一貫して紅生姜の味がとても強いですしゅみしゅみになっていく過程で紅生姜の味がつゆに溶け出し、さらにつゆの味にキレが増すことになります。天ぷら自体もおいしいですが、つゆの味にも重要な役割を果たしていました。



主役はもちろん天ぷらですが、地味にわかめも存在感あり。実際の富士そばでも、多くのそばメニューにわかめが入っています。濃いしょうゆ味にわかめは抜群の相性ですよね。



オススメ度(標準は3です)


  • ヤマダイ 「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」
★★★★★★★☆☆☆(7)
昨年出ていた商品と中身はまったく同じだと思われますが、今年も当然ながらとてもおいしかったです。これだけキレのあるしょうゆ味を楽しめるカップそばは他にないのではないでしょうか。これだけ濃口しょうゆが強いと西の人はあまり得意でない場合が多いのかもしれませんね。





栄養成分表、原材料


1食124g(めん60g)あたり
エネルギー413kcal
たん白質12.4g
脂質12.0g
炭水化物63.8g
食塩相当量7.4g
∟めん・かやく∟2.5g
∟スープ∟4.9g

めん(小麦粉、そば粉、植物性たん白、食塩、大豆食物繊維)、スープ(しょうゆ、糖類、食塩、鰹エキス、鰹節エキス、たん白加水分解物、昆布エキス、デキストリン、宗田鰹節粉末、オニオンエキス、酵母エキス、香辛料)(国内製造)、かやく(紅生姜かき揚げ天ぷら、ねぎ、ワカメ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、紅麹色素、クチナシ色素、膨脹剤、カラメル色素、増粘剤(キサンタン)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、アカダイコン色素、(一部にえび・小麦・そば・大豆を含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加