このページでは、ファミリーマートのお弁当コーナに並んでいるレンジチルド麺、「麺屋こころ監修 台湾風まぜそば」を食べてレビューしていきます。



「麺屋こころ監修 台湾風まぜそば」はどんな商品?


今回食べるのは、ファミリーマートのお弁当コーナーに並ぶレンジ麺、「麺屋こころ監修 台湾風まぜそば」。「台湾まぜそば」の名店のひとつ「麺屋こころ」監修のレンジ麺。最近、レンジ麺のレビューはセブンかローソンばかりだったので、今回はファミマのレンジ麺を食べてみたいと思います。



「麺屋こころ」監修のレンジ麺!


「麺屋こころ」は、台湾まぜそば発祥の「麺屋はなび」から独立して東京を中心に全国に店舗展開する人気店。ファミマのカップ麺で台湾まぜそばといえば「麺屋はなび」がおなじみで、「麺屋こころ」のカップ麺はイオン系から出ていました。なので、レンジ麺はファミマで出ているというのはちょっと意外ですよね。あと、「台湾まぜそば」ではなく「台湾風まぜそば」なのも少し気になります。
ミニストップ限定「麺屋こころ 台湾まぜそば」を実食レビュー!ニンニク強烈なカップ台湾まぜそば

ミニストップ限定「麺屋こころ 台湾まぜそば」を実食レビュー!ニンニク強烈なカップ台湾まぜそば

このページでは、イオングループ限定商品で明星食品のカップ焼そば、「麺屋こころ 台湾まぜそば」を食べてレビューしていきます。「麺屋こころ 台湾まぜそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ミニストップ限定商品で、明星食品の「麺屋こころ 台湾まぜそば」。2019年7月9日発売の新商品です。ミニストップ限定商品ですが、他のイオングループ各店で販売されることもあるようです。台湾まぜそばの人気店「...

ただ、カップ麺はイオン系なのに対し、冷凍麺はファミマから出ており、いずれカップ麺もファミマに鞍替えするかもしれませんね。その場合、「麺屋はなび」との兼ね合いはどうなるのか、余計なお世話な心配をしてしまいます。
味変を重ね、最後は究極のTKGに... ファミマの冷凍「台湾まぜそば」が楽しくてしょうがない!|Jタウンネット

味変を重ね、最後は究極のTKGに... ファミマの冷凍「台湾まぜそば」が楽しくてしょうがない!|Jタウンネット

マニアと味わう「ご当地カップ麺」の世界第五十二回ファミリーマート限定の冷凍食品「お母さん食堂麺屋こころ台湾混ぜそば」文・写真:オサーンカップ麺ブロガーのオサーン...



内容物、価格、購入額など




フタを開けて内容物を確認。本来は開けずにそのままレンジに入れれば良いのでフタを開ける必要はありません。麺の上に肉そぼろや卵黄(風)、野菜などがのっていました。麺の下にはゼラチン状のたれがあります。



レンジ調理時間は家庭用の500Wで4分、お店の業務用1600Wで1分20秒となっています。

品名麺屋こころ監修 台湾風まぜそば
メーカーファミリーマート(製造会社は地域により異なる)
発売日2023年
麺種別レンジ麺
かやく・スープなし
定価税込598円
取得価格税込598円(ファミリーマート)

ファミマ「麺屋こころ監修 台湾風まぜそば」食べてみた!




麺屋こころ監修の商品です。タレ絡みの良い中華麺と、醤油ベースで魚節粉末やにんにく、唐辛子の入った旨辛味のタレを合わせました。具材は肉そぼろ、青ねぎ、卵黄ソースや刻みにんにくをトッピングしています。


しょうゆ味に魚介や唐辛子を加えた台湾まぜそば風のたれに、極太の麺と、肉そぼろ、卵黄ソース、きざみニンニク、さらにもやしやネギが添えられています。

たれ




しょうゆ味のたれに、魚粉や唐辛子、ニンニクをを加えて台湾まぜそば風の味に仕上げたたれ。魚介が強く感じられ、ニンニクも強め。ヘビー級の重厚な味を楽しめます。一方で、辛味は台湾まぜそばとしてはちょっと弱めで、刺激という点ではちょっと物足りないかもしれません。台湾まぜそばとしてはやや汁多めなので、そのあたりが「台湾風まぜそば」なのかもしれませんね。



肉そぼろ




肉味噌を再現した肉そぼろが入っています。甘めの味付けで、唐辛子も入っていました。魚介やニンニクが主体のたれの味に、肉の旨みや甘さを加えています。ふた山に分かれてそれなりにたくさん入っており、肉感が強く感じられました。


卵黄ソース




玉子の黄身の入った卵黄ソース。こちらも肉そぼろと同様にたれの味に甘みを加え、さらに卵黄ならではのコクを加えています。お店の台湾まぜそばはもちろん、カップ麺でも卵黄を入れることが推奨されている場合が多く、台湾まぜそばといえば欠かせない存在ですよね。


きざみニンニク




たれにニンニクが入っていますが、きざみニンニクがさらに加わります。レンジ調理してしまうのでシャキシャキ感はなくなりますが、ニンニクの風味をより力強いものにしていました。二郎系もそうですが、人気のラーメンにはニンニクが入っていることが多いですね。






太くてストレート形状の麺。お店に負けない太さの力強い麺で、量も多めに入っています。全体的にこってり味でずっしり太い麺、量も多いので、お腹にたまります。食べ応え十分でした。





肉そぼろやきざみニンニクの他に、もやし、ネギ、きざみのりが入っています。ネギやきざみのりはお店の台湾まぜそばにも入っていますが、もやしは今回の商品のオリジナル要素。これも「台湾風まぜそば」の所以かもしれませんね。



オススメ度(標準は3です)


  • ファミリーマート 「麺屋こころ監修 台湾風まぜそば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
台湾まぜそばとしてはやや辛味が物足りませんが、魚介の強さやニンニクのキレは十分で、麺量や肉そぼろのボリュームも素晴らしかったです。ただ、定価税込598円となるとなかなか手が出しにくいですね。レベルの高いレンジ麺なのは間違いないところですが、もうちょっと価格がなんとかならないでしょうか。

コスパを考えるとノンフライカップ麺の台湾まぜそばの方が精神衛生的に良さそう。



栄養成分表、原材料


1食-g(めん-g)あたり
エネルギー741kcal
たん白質29.2g
脂質22.9g
炭水化物108.5g
∟糖質∟101.3g
∟食物繊維∟7.2g
食塩相当量7.6g


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加