このページでは、寿がきや食品のカップまぜそば、「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」を食べてレビューしていきます。



「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」。2023年9月25日発売の新商品です。寿がきや食品名物「麺処 井の庄」監修の「辛辛魚」の汁なし麺バージョンとなっています。



以前も出ていた「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」


「麺処 井の庄」は、東京石神井公園に本店がある人気ラーメン店。お店も有名店ですが、カップ麺としてもおなじみで、看板メニューの「辛辛魚」のカップ麺は激辛カップ麺の代名詞としての地位を不動にしており、もう15年以上毎年出続けている大定番商品です。


今回はその「辛辛魚」の汁なしまぜそばバージョンですが、以前にも辛辛魚のカップまぜそばは出ていたことがあります。2019年7月にローソン限定で発売されていた「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」。当時★8をつけるほどおいしいと感じた一杯でした。今回は果たしてどうでしょうか。
あの「辛辛魚」がまぜそばに!ローソンの「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」を実食レビュー!

あの「辛辛魚」がまぜそばに!ローソンの「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」を実食レビュー!

このページでは、ローソン限定のカップ焼そば、寿がきや食品「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」を食べてレビューしていきます。「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ローソン限定で、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」。2019年7月23日発売の、「辛辛魚」シリーズの新商品です。ついにあの激辛カップ麺の名作「井の庄監修 辛辛魚」がまぜそばになって登場しま...



内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っています。袋編成は2019年発売のまぜそばと違わないようです。

品名麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば
メーカー寿がきや食品
発売日2023年9月25日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・あとのせかやく)
定価税別316円
取得価格税込341円(ファミリーマート)

「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」食べてみた



辛辛魚がまぜそばに!
東京石神井の人気店『麺処井の庄』監修のまぜそばです。
濃厚豚骨醤油スープに特製ラー油とラードを加え、「辛魚粉」を山盛りにのせる、重厚で激辛な味わいのまぜそばに仕上げました。 アクセントにフライドガーリック、オニオン、焦がしネギ、きざみのりを加え、「まぜそば」ならではの美味しさを存分にご堪能いただけます。


辛味を効かせたとんこつしょうゆ味のスープに大量の「辛魚粉」で魚介と辛味を加え、太くて縮れのついたノンフライ麺と、フライドガーリックなどが入ったふりかけが合わせられています。

スープ




特製ラー油やラードなど油脂を加えたとんこつしょうゆ味のスープ。ベースのとんこつの存在がきちんと感じ取れるスープで、ラードでこってり感を、ラー油で辛味を加えています。スープ単体だと辛さは中辛~程度で、「辛魚粉」なしの状態だと魚介はありませんが、このスープは単体でも十分いけるおいしさで、とんこつの太さを楽しむことができます。



「辛魚粉」




別添の「あとのせかやく」には、辛辛魚名物の「辛魚粉」が入っており、これを混ぜ合わせることで一気に魚介の風味と辛さが増します。強い魚介と激辛を両立する、「辛辛魚」の肝になる部分。とんこつしょうゆ味と合わせ、パワフルながら味が積み重ねられており、単に激辛、単に魚介という単純な味ではないところが「辛辛魚」の大きな魅力となっています。

基本いつもと同じ「辛魚粉」だと思われますが、いつものスープがある時より魚介や辛みのパンチが強く、ただ辛さの持続性はスープありの方が強いと感じました。

辛魚粉だけでも売られているんですよね。いつものカップ麺もこれで「辛辛魚」に?





湯戻し時間5分の太くて縮れのついたノンフライ麺。「辛辛魚」のいつものカップ麺より麺が太くてコシが強く、まぜそば仕様の麺となっていました。麺の主張は強いですが、スープや辛魚粉も強力なため、麺とスープの相性は良好でした。

麺量は75gでいつもの「辛辛魚」と同じ量ですが、汁なしカップ麺としては少なめとなっています。ただ、汁なしカップ麺の場合は麺が多い分を具を少なくすることでコストの調整をしていますが、今回は辛魚粉とふりかけの量が多いため、麺を多くする余裕がなかったのかもしれません。





フライドガーリック、フライドオニオン、ネギ、焦がしネギ、きざみのりが入ったふりかけが入っています。フライドガーリックは以前のまぜそばより少なくなっていますが、今回はフライドオニオンや焦がしネギが増えているように感じました。ふりかけが以前のフライドガーリックによる主役級の存在から脇役になって、香ばしさでスープや辛魚粉の味を下支えしていました。



オススメ度(標準は3です)


  • 寿がきや食品 「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」
★★★★★★★☆☆☆(7)
「辛辛魚」の汁なしバージョンでしたが、汁ありよりダイレクトに味が伝わってくる印象でパンチがありました。汁なしカップ麺としては麺量が少なく、ちょっと高額なのも気になるところですが、いつもの「辛辛魚」と同じく魚介、辛味、とんこつの三本柱がすべて15勝くらいしてしまう素晴らしさでした。

もうドラフトの季節になってきたんですね。昨年の我がGチームは大成功でしたが、今年はどうなるのでしょうか。素材型は揃っているので、即戦力中継ぎ投手中心でしょうかね。





栄養成分表


1食116g(めん75g)あたり
エネルギー473kcal
たん白質10.6g
脂質21.0g
炭水化物60.6g
食塩相当量4.1g
カルシウム197mg

めん(小麦粉(国内製造)、小麦全粒粉、食塩、小麦たん白、植物油脂、大豆食物繊維、たん白加水分解物)、スープ(動物油脂、香味油、しょうゆ、ポークエキス、糖類、唐辛子、粉末かつお節、たん白加水分解物、チキンエキス、しょうゆ調味料、食塩、ポークパウダー、ローストガーリックペースト、にんにく)、かやく(フライドガーリック、ローストネギ、フライドオニオン、のり、ねぎ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、着色料(カラメル、クチナシ、パプリカ色素)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、かんすい、乳化剤、香辛料抽出物、酸化防止剤(V.E)、香料、(一部に卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加