このページでは、三養ジャパンのカップ麺、「ハバネロライムブルダック炒め麺」を食べてレビューしていきます。



「ハバネロライムブルダック炒め麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、三養ジャパンの「ハバネロライムブルダック炒め麺」。「ブルダック炒め麺」シリーズの商品です。韓国市場向け商品を三養ジャパンが輸入したもののようです。



ブルダック新味は「ハバネロライム」


「ブルダック炒め麺」は、日本でもすっかりおなじみになった韓国三養食品のカップ焼そばシリーズ。日本で最もおなじみの韓国カップ麺のひとつで、多くのフレーバーが展開されています。

今回の商品はまだ日本専用のパッケージにはなっておらず、韓国市場向け商品を三養ジャパンが輸入する形になっているようです。今回の評判次第でいずれ日本市場向けの商品が登場するのかもしれませんね。他の「ブルダック炒め麺」と同様、今回もハラル商品となっています。

この商品も最初は韓国市場向け商品の輸入という形で日本に入ってきましたが、現在は日本用パッケージの商品が出回っています。
「ロゼソース」ってなに? 三養食品 「ロゼブルダック炒め麺BIG」を実食レビュー

「ロゼソース」ってなに? 三養食品 「ロゼブルダック炒め麺BIG」を実食レビュー

このページでは、韓国・三養食品のカップ麺、「ロゼブルダック炒め麺BIG」を食べてレビューしていきます。「ロゼブルダック炒め麺BIG」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、韓国・三養食品の「ロゼブルダック炒め麺BIG」。いつもの「ブルダック」は日本法人である「三養ジャパン」による日本語パッケージ商品でしたが、今回は商社か代理店を通してドンキで売られている韓国製品です。韓国で流行りの「ロゼソー...



内容物、価格、購入額など




別添袋はひとつ。カップには麺の他にかやく類が入っていますが、カットが小さくて量も少ないです。

レンジ調理と湯戻し調理が可能ですが、今回は湯戻し調理で作りたいと思います。

品名ハバネロライムブルダック炒め麺
メーカー三養ジャパン
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(ソース)
定価不明
取得価格税別258円(ドン・キホーテ)

「ハバネロライムブルダック炒め麺」食べてみた!




ハバネロ唐辛子と香ばしいライムを活かした甘酸っぱくて辛い味が特徴のプルダックポックンミョン! トマトケチャップとライムの香りで、甘酸っぱい辛さ


ソース


チキンベースにトマトケチャップのソースで、唐辛子の辛味やライムの風味がつけられています。辛さの中に柑橘系の風味を感じる点では、ちょっとタイ料理などの東南アジア系の雰囲気がありますが、タイ料理などの柑橘系ほど主張は強くなく、トマトケチャップの甘みと唐辛子のパンチによって、それらとライムが並び立っていません。ただ、多少柑橘風味と酸味が感じられることで、他商品との差別化はきちんとできていました。

辛さは文句なく激辛です。瞬間最大風速が強いというよりは、舌に粘着し堆積していくタイプの辛さで、食後もその辛味(痛み)がなかなか取れません。「ブルダック炒め麺」の中にはもっと強く辛い商品は他にもありますが、この舌への粘着質はトップクラスではないでしょうか。辛いものが得意な方も苦手な方も要注意です。






太くて縮れのついた油揚げ麺。幅広ですが厚みもあり、韓国のインスタント麺らしい弾力があります。それでも濃いトマトケチャップと強い唐辛子の前ではバランスは取れていませんが、太くて高弾力な韓国商品の麺らしさはきちんと感じられました。

麺量は80g。日本の汁なしカップ麺と比べると少ない麺量ですが、「ブルダック炒め麺」としては少し多め。





キャベツ、チンゲン菜、ニンジンが入っていますが、カットがとても細かい上に量も少なく、ほぼ入っていないに等しい具です。他の「ブルダック炒め麺」も概ね具は入っていないに等しい状態なので、食べ慣れている人にとっては驚きはないかもしれません。カルボ系のブルダックはほぼ「かけブルダック」ですからね。



オススメ度(標準は3です)


  • 三養ジャパン 「ハバネロライムブルダック炒め麺」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ハバネロとライムを合わせた辛くて酸っぱい商品でしたが、トマトケチャップの甘みや唐辛子の辛さが際立つ一方で、ライムは酸味や風味は感じられるものの、ケチャップや唐辛子と並び立つほどではありませんでした。ライムのオリジナリティはきちんと感じられますが、他の「プルダック炒め麺」と同様、辛さや甘さが目立ついつもの感じでした。

最強唐辛子「アカハチ」のラー油だそうで。辛いこと以外何もわからなそうなラー油ですね。ホットソースもあります。



栄養成分表


1食110g(めん80g)あたり
エネルギー430kcal
たん白質8.0g
脂質14.0g
炭水化物69.0g
食塩相当量3.1g


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加