このページでは、日清食品のカップライス、「完全メシ ハヤシメシ デミグラス」を食べてレビューしていきます。



「完全メシ ハヤシメシ デミグラス」はどんな商品?


今回のカップ麺は、日清食品の「完全メシ ハヤシメシ デミグラス」。2023年9月4日発売の、「完全メシ」並びに「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。現在も店頭に並ぶ「ハヤシメシ」の「完全メシ」バージョンとなっています。

完全メシ×UFO第2弾!「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃いお好みソース焼そば」を実食レビュー

完全メシ×UFO第2弾!「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃いお好みソース焼そば」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップ麺、「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃いお好みソース焼そば」を食べてレビューしていきます。「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃いお好みソース焼そば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃いお好みソース焼そば」。2023年9月4日発売の、「完全メシ」ならびに「日清焼そばUFO」シリーズの新商品です。完全メシ×UFOの第2弾商...

「完全メシ」×「ハヤシメシ」




「完全メシ」は、栄養価とおいしさの追求を目指したシリーズで、カップ麺、カップライス、スムージー、グラノーラ、さらには冷凍食品などが発売されています。カップライスはこれまでに「カレーメシ欧風カレー」と「キーマカレーメシ」が発売されており、どちらも現行品として発売中で、どちらも栄養食とは思えないとてもおいしい商品でした。
栄養価完璧なカレーメシ登場!味はどうなの?「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」を実食レビュー

栄養価完璧なカレーメシ登場!味はどうなの?「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップライス、「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」を食べてレビューしていきます。「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」はどんな商品?今回は、日清食品の「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」。2022年5月30日発売の、「日清カレーメシ」シリーズ並びに「完全メシ」シリーズの新商品です。33種の栄養素を盛り込んだ栄養食の「カレーメシ」で、日清食品グループオンラインストアのみで...

「完全メシ」×「カレーメシ」の第2弾!! 「完全メシ キーマカレーメシ スパイシー」を実食レビュー

「完全メシ」×「カレーメシ」の第2弾!! 「完全メシ キーマカレーメシ スパイシー」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップライス、「完全メシ キーマカレーメシ スパイシー」を食べてレビューしていきます。「完全メシ キーマカレーメシ スパイシー」はどんな商品?今回のカップ麺は、日清食品の「完全メシ キーマカレーメシ スパイシー」。2023年4月3日発売の、「完全メシ」並びに「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。「完全メシ」×「カレーメシ」「完全メシ」から新商品として発...



今回はカレーではなく、こちらも現行品である「ハヤシメシ」が「完全メシ」として登場しました。「ハヤシメシ」もとてもおいしい商品なので、このおいしさが「完全メシ」としてどれほど再現されているのかとても気になるところです。今回は完全メシとノーマルの両方の「ハヤシメシ」を食べ比べてみたいと思います。
日清食品 「日清ハヤシメシ デミグラス」

日清食品 「日清ハヤシメシ デミグラス」

ハヤシライスはハッシュドビーフライスどうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清ハヤシメシ デミグラス」。「日清カレーメシ」シリーズの新作ですが、商品名に「カレーメシ」は付きません。カレーメシシリーズ初のカレー以外の商品って、なんか言葉おかしい気がしますが、まぁそういうことです。今回はハヤシライス。デミグラスソースを使うハヤシとビーフシチューの違いが自分の中で曖昧だったのでちょっと調べ...



内容物、価格、購入額など




左が「完全メシ」、右がノーマル「ハヤシメシ」。「完全メシ」のみ別添袋が2つ入っており、ノーマル「ハヤシメシは固形のルゥが入っていました。他にパフライスや大豆ビーフ、ノーマル「ハヤシメシ」には玉ねぎも入っています。



「完全メシ」は湯戻し後、別添袋を2つ入れてよくかき混ぜる工程があります。通常「ハヤシメシ」は元々ルゥが入っているので、そのままよくかき混ぜます。

品名完全メシ ハヤシメシ デミグラス
メーカー日清食品
発売日2023年9月4日(月)
麺種別ライス
かやく・スープ2袋(信じて混ぜろ!きっとハヤシになるパウダー・仕上げオイル)
定価税別398円
取得価格税別398円(セブン-イレブン)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分完全メシ
119g(めん69g)
通常ハヤシメシ
103g(めん69g)
エネルギー472kcal432kcal
たんぱく質20.6g7.0g
脂質13.0g11.9g
炭水化物72.2g74.2g
∟糖質∟64.5g∟-g
∟食物繊維∟7.7g∟-g
食塩相当量2.9g2.6g
ビタミンB11.2mg-mg
ビタミンB20.8mg-mg
カルシウム268mg-mg

ライスの量は両者同じ。カロリーや脂質は「完全メシ」の方が高い数値になっています。完全メシだからといって低脂質低カロリーというわけではなさそうです。

  • 原材料
・完全メシ ハヤシメシ デミグラス

ライス(米(国産)、食物繊維、コラーゲンペプチド、乳化油脂、食塩)、味付けの素(コラーゲンペプチド、植物油脂、砂糖、オニオンパウダー、トマトパウダー、小麦粉、ドロマイト、ポーク調味料、香味調味料、食塩、オニオン調味料、酵母、粉末しょうゆ、香辛料、納豆菌エキス入り食用油脂)、大豆たん白加工品/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、グルコン酸K、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、リン酸塩(Na)、トレハロース、塩化K、香料、乳化剤、酸味料、トリプトファン、V.C、イソロイシン、酸化防止剤(V.E)、ピロリン酸鉄、ナイアシン、V.B6、V.E、パントテン酸Ca、V.B1、V.B2、V.A、カロチノイド色素、葉酸、V.D、V.B12、(一部に小麦・乳成分・大豆・豚肉・りんごを含む)


・日清ハヤシメシ デミグラス

ライス(米(国産)、乳化油脂、食塩)、ハヤシルゥ(動物油脂(豚、牛)、小麦粉、砂糖、トマトパウダー、オニオンパウダー、食塩、ポークエキス、香味調味料、香辛料)、大豆たん白加工品、オニオン加工品/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、トレハロース、増粘剤(加工でん粉)、乳化剤、香料、リン酸塩(Na)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)




「完全メシ ハヤシメシ デミグラス」を食べてみた



栄養とおいしさの完全なバランスを追求しました!
栄養とおいしさの完全なバランスを追求した「ハヤシメシ」。 炒めた玉ねぎのような香ばしさと甘み、トマトのほのかな酸味、ビーフの旨みをあわせ、シナモンやクローブなどのスパイスをきかせました。


見た目の比較




左が「完全メシ」で右が通常の「ハヤシメシ」。どちらもライスの量は同じですが、ルゥの量が「完全メシ」の方がだいぶ多く、ごはんの粒は通常「ハヤシメシ」が大きいです。どちらも大豆ビーフが入っていて、通常「ハヤシメシ」の方がだいぶたくさん入っていました。

見た目の自然さは「完全メシ」が一枚上でしょうか。



「完全メシ ハヤシメシ」はトマトの酸味が強い




「完全メシ ハヤシメシ」は、ルゥが多い上にトマトの酸味が強いです。並べて比較しなければわかりにくい違いかもしれませんが、おそらく栄養価の高い食品添加物の中にはクセのある味のものがあり、それらを覆い隠すには酸味が適しているからではないかと思われます。比較しなければ、おそらくちょっとトマトの強いハヤシとして普通の味に感じられるのではないでしょうか。酸っぱさと甘濃さによって、栄養食と意識することなくとてもおいしいです。


通常「ハヤシメシ」はコクと甘みが強い





「完全メシ」はトマトの酸味が強いのに対し、通常「ハヤシメシ」はデミグラスのコクや玉ねぎの甘みが強く感じられ、味としては地味ですが、好みもあるでしょうが、こちらの方がおいしかったです。このコク深さは湯戻し調理するだけの商品とはとても思えない本格的な味。おそらく同じ味で「完全メシ」を作ると、栄養価の高い添加物の味が前に出てしまうのかもしれませんね。



オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「完全メシ ハヤシメシ デミグラス」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
通常の「ハヤシメシ」に比べるとトマトの酸味が強く派手な味でした。一方で、「ハヤシメシ」の魅力であるデミグラスのコクや玉ねぎの甘みでは多少劣っており、味の完成度のみでは通常「ハヤシメシ」の方がおいしかったです。ただ、栄養価が高い食品でこのおいしさと考えれば、存在価値はものすごく大きいと感じました。

園長先生はちょっとズルいけど、それ以外もきちんと見えますよね。なんでこのメンバーで園長先生いるんでしょうね。よしなが先生とかあいちゃんとか他にいそうですが。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加