このページでは、サンポー食品のカップうどん、「三宝だし本家 博多ごぼう天うどん」を食べてレビューしていきます。



「三宝だし本家 博多ごぼう天うどん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンポー食品の「三宝だし本家 博多ごぼう天うどん」。2023年8月21日に発売の新商品です。博多の名物であるごぼ天うどんをカップ麺で再現しています。



定番商品「ごぼう天うどん」の後継商品


サンポー食品といえば九州の定番カップ麺「焼豚ラーメン」でおなじみですが、全国的な知名度だと、同じ九州地場のメーカーの中では、棒ラーメンの福岡「マルタイ」や鍋焼きうどんの熊本「五木食品」に比べると、全国区の商品が少ないために一歩劣る印象。うちのあたりでもサンポーの新商品を見ることはあまりありませんが、今回珍しく売っているのを見かけたので食べてみたいと思います。

以前までサンポー食品のレギュラー商品としておなじみだった「ごぼう天うどん」の後継商品のようです。看板商品の後継なので、当然期待も大きい商品なのではないでしょうか。九州ではバンバン、テレビCMが流れているそうです。以前レビューした記事はこちら。
博多名物「ごぼ天うどん」のカップ麺 完成度はどれほど?マニアが徹底分析(全文表示)|Jタウンネット

博多名物「ごぼ天うどん」のカップ麺 完成度はどれほど?マニアが徹底分析(全文表示)|Jタウンネット

マニアと味わう「ご当地カップ麺」の世界第十三回「ごぼ天うどん」のカップ麺食べ比べ文・写真:オサーンカップ麺ブロガーのオサーンです。「ご当地」に着目してカップ麺を...



内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「粉末スープ」を麺の上に開けた状態。かまぼこやネギも入っていました。さすが福岡のうどん、色薄め。

品名三宝だし本家 博多ごぼう天うどん
メーカーサンポー食品
発売日2023年8月21日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(粉末スープ・ごぼう天)
定価税別236円
取得価格税別168円(西友)

「三宝だし本家 博多ごぼう天うどん」食べてみた




「三宝だし本家 博多ごぼう天うどん」は、1984年発売の「ごぼう天うどん」を新たにブランドリニューアルした商品です。めんは九州らしいふんわりもっちり食感。スープは、いりこ、鰹節、昆布、焼きあごなどを贅沢に使用し、だし感際立つ博多らしい上品な味わいです。具材のごぼうの天ぷらはあとのせでサクサクな食感を楽しんでいただけます。
※ごぼう天うどんとはごぼうの天ぷらをトッピングした博多ならではのご当地うどんです。
※2023年8月にブランドリニューアル。名称とパッケージが変わり、さらに美味しくなりました。


つゆ


一般的なカップうどんのつゆは昆布とかつおが主体ですが、今回のつゆではいりこ、鰹節、昆布、焼きあごが浸かられているとのこと。いりことは煮干しですが、煮干しの風味が強いうどんつゆというのかなかなか珍しく、九州のうどんつゆが再現されています。

昆布主体のつゆに比べるとちょっと硬さがあり、複数の魚介が複合的に絡み合って複雑な味になっていました。あまり食べ慣れない味であるがゆえにいっそう奥行きを感じます。





湯戻し時間5分の太めで縮れのついた油揚げ麺のうどん。ふんわりした食感とのことで、確かにふんわしている気もしますが、福岡のうどんでイメージするやわらかい麺のイメージからするとだいぶコシが感じられました。どん兵衛や赤いきつねで慣れていると、ちょっと厚みを感じる麺の食感は新鮮で、この厚みの部分がふんわりということなのかもしれませんね。つゆも麺も独特です。






ごぼう天。以前までの先入れタイプから後入れでサクサク食感に変更され、さらにごぼうが増量されているとのこと。サクサクは大きな変化で、大手メーカーほどではありませんが軽い食感でおいしいです。また、ごぼうが増量されたとのことですが、増量されたかはよく分からなかったものの、カットはちょっと大きくなっていました。

ごぼう天を比較してしまうと、東洋水産の「ごぼ天うどん」がすごいので、やはりだしで勝負すべきなんでしょうね。東洋水産のだしはあまり九州っぽくないです。




他に入っているのは、粉末スープに入っているかまぼことネギ。かまぼこは小さいですがたくさん入っていました。



オススメ度(標準は3です)


  • サンポー食品 「三宝だし本家 博多ごぼう天うどん」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
サンポーの定番商品のリブランド商品でしたが、相変わらず九州らしいつゆがおいしく、独特な麺の食感も印象的でした。だしを前面に押し出し、今後も看板商品のひとつとして君臨していくのではないでしょうか。

見た目からして涼しそうでちょっと欲しくなります。30度前後くらいではあんまり暑いと思わなくなってきました。34度35度に体が慣れていきそう。



栄養成分表、原材料


1食88g(めん60g)あたり
エネルギー411kcal
たん白質7.8g
脂質18.8g
炭水化物52.6g
食塩相当量4.8g
∟めん・かやく∟1.8g
∟スープ∟3.0g
ビタミンB10.30mg
ビタミンB20.26mg
カルシウム170mg


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加