このページでは、ファミマ限定で東洋水産のカップ麺、「麺屋極鶏 黒だく」を食べてレビューしていきます。



ファミマル「麺屋極鶏 黒だく」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、、ファミマPB「ファミマル」のカップ麺、「麺屋極鶏 黒だく」。2023年8月22日発売の新商品です。京都・一乗寺にある鶏白湯の名店、「麺屋極鶏」の味を再現したカップ麺です。お店のメニューである「黒だく」が再現されています。



京都の鶏白湯名店「極鶏」の「黒だく」を再現


「極鶏」は、京都・一乗寺にある鶏白湯の名店。「レンゲが立つ」でおなじみの濃厚鶏白湯スープが特徴で、実際私も本店で食べましたが、鶏白湯スープを形容するどろどろとかそんなレベルではなく。スープなのに鶏肉を食べている感覚でした。これまで生きてきた中で衝撃を受けたラーメン店がいくつかありますが、「極鶏」はそんなお店のひとつでです。いや本当おいしかった。

今回は、お店のメニューの中でも「黒だく」が再現されています。黒マー油の入った鶏白湯ラーメンですが、お店では唐辛子たっぷりの鶏白湯「赤だく」の方がおなじみで、これまでにも何度かカップ麺化されていました。「赤だく」に続く今回の「黒だく」は果たしてどうでしょうか。
【ファミマ】京都の名店監修!「麺屋極鶏 赤だく 辛さマシ」を実食レビュー

【ファミマ】京都の名店監修!「麺屋極鶏 赤だく 辛さマシ」を実食レビュー

このページでは、ファミマ限定のカップ麺、「麺屋極鶏 赤だく 辛さマシ」を食べてレビューしていきます。「麺屋極鶏 赤だく 辛さマシ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ファミリーマート限定商品の、「麺屋極鶏 赤だく 辛さマシ」。製造は東洋水産。2022年8月23日発売の新商品です。京都・一乗寺の大人気ラーメン店、「麺屋 極鶏」監修の商品です。以前も出ていた「赤だく」が「辛さマシ」になって登場しま...



内容物、価格、購入額など




別添袋は1つ。カップには麺やスープ粉末、かやくが入っています。さすが極鶏、粉末が多いです。

品名麺屋極鶏 黒だく
メーカーファミマル(製造は東洋水産)
発売日2023年8月22日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製油)
定価税込258円
取得価格税込258円(ファミリーマート)

ファミマル「麺屋極鶏 黒だく」食べてみた!




ファミマルで、京都・一乗寺の人気店「極鶏」監修の自家製の黒マー油がきいた「黒だく」がカップ麺で登場しました。


スープ


濃厚な鶏白湯スープ。とろみがつけられており、お店の鶏だくなスープが再現されていますが、お店のまるで鶏肉を食べているようなスープの食感?までは再現されていません。お店ではもう鶏の旨みしか感じないような、塩味ですらあまり感じないほど鶏一辺倒なスープなのですが、それに比べると雑味がだいぶ多いように思います。カップ麺だし、コストも違うし、致し方ないんですけどね。

こちらも価格が違うので比べてはいけないのですが、同じ極鶏のカップ麺でもこちらの「PREMIUM」方がお店に近い印象でした。お店と比べたり高価格カップ麺と比べたり、ほんと当たり前のこと書いてしまっている自覚があります。すいません。
【ファミマ】京都鶏白湯の名店が高級カップ麺で登場!ファミマル「麺屋極鶏 鶏だく プレミアム」を実食レビュー

【ファミマ】京都鶏白湯の名店が高級カップ麺で登場!ファミマル「麺屋極鶏 鶏だく プレミアム」を実食レビュー

このページでは、ファミマPB「ファミマル」のカップラーメン、「麺屋極鶏 鶏だく プレミアム」を食べてレビューしていきます。ファミマル「麺屋極鶏 鶏だく プレミアム」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ファミマPB「ファミマル」の「麺屋極鶏 鶏だく プレミアム」。製造は東洋水産。2023年2月14日発売の新商品です。京都・一乗寺にある鶏白湯の名店、「麺屋極鶏」監修による、お店の看板メニュー「鶏だく...



黒マー油




別添の「後入れ特製油」には、「黒だく」たるゆえんである黒マー油が入っています。この黒マー油は結構苦くて力強い味なのですが、合わせる鶏白湯がかなり濃厚なため、これくらい苦くしなければ存在を主張できないものと思われます。主役を食うほどではないですが、鶏白湯に入ってもきちんと黒マー油が香っており、アクセントとして機能していました。

「赤だく」の唐辛子のほうが存在感があると思います。





麺は、湯戻し時間4分の、中太で縮れのついた油揚げ麺。お店の麺はパツンと切れる中太のストレート麺で、今回の麺は太さ以外はそれほど近いところはなさそうですが、それなりに主張の強い麺なので、濃厚鶏白湯とのバランスは悪くありません。とろみのついたスープが縮れのある麺とよく絡み、麺とスープに一体感がありました。

麺量は80g。「本気盛」と同じでタテ型カップの大盛麺量となっています。通常、名店再現系のカップ麺はタテ型だと70gで出てくることが多いですが、「極鶏」のタテ型カップは80g。麺とスープで麺の比率が上がるとスープのとろみが増すので、濃厚鶏白湯のための演出のひとつかもしれませんね。食べ応えイコール正義で大歓迎です。




ガーリックチップ、豚肉、メンマ、ネギが入っています。ガーリックチップは黒マー油とともにスープに焦がしニンニク風味を加えており、焦がし風味が主に黒マー油、ニンニクが主にガーリックチップが担っている印象でした。

豚肉やメンマもそれなりに量が入っており、具も充実しています。鶏が強いスープに豚肉の旨みが加わって複合的になり、メンマの食感はまったりスープな中でアクセントになっていました。食感が賑やかでいいですね。



オススメ度(標準は3です)


  • ファミマル 「麺屋極鶏 黒だく」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
濃厚な鶏白湯の中で黒マー油がきちんと主張できており、ガーリックチップと黒マー油によって焦がしニンニク味がアクセントになっていました。また、麺量が大盛入っている上に具も充実しており、このサイズとしては昨今の値上げの中では安価な価格設定に抑えられており、コスパも良好でした。極鶏の再現なのでもうちょっと鶏白湯にパンチは欲しいところですが、楽しめる部分の多い商品でした。

発売が来年2月まで伸びていますが、面白そうですよね。



栄養成分表、原材料


1食112g(めん80g)あたり
エネルギー523kcal
∟めん・かやく∟367kcal
∟スープ∟156kcal
たん白質11.4g
脂質26.3g
炭水化物62.0g
∟糖質∟58.3g
∟食物繊維∟3.7g
食塩相当量6.4g
∟めん・かやく∟2.6g
∟スープ∟3.8g
ビタミンB10.38mg
ビタミンB20.38mg
カルシウム187mg


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加