このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨味焼きらーめん」を食べてレビューしていきます。



「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨味焼きらーめん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨味焼きらーめん」。2023年8月21日発売の新商品です。福岡の人気とんこつラーメン店、「博多らーめん ShinShin」監修のカップ焼きラーメンとなっています。



「ShinShin」カップ麺オリジナルの焼きラーメン


「博多らーめん ShinShin」は、福岡・天神にある人気とんこつラーメン店。臭みがなくマイルドなスープでおなじみで、ファンの多いお店となっています。今回はお店では供されていないカップ麺オリジナルメニューの焼きラーメンとなっています。

カップ麺としても今回と同じくサンヨー食品から毎年定期的に登場しており、とんこつ感がありながらもマイルドなスープがとてもおいしいです。
今年の味はどうなの?毎年恒例の博多人気店の味が今年も登場!「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」を実食レビュー

今年の味はどうなの?毎年恒例の博多人気店の味が今年も登場!「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」を実食レビュー

このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」を食べてレビューしていきます。「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、サンヨー食品の「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」。2023年4月3日発売の新商品です。博多の人気ラーメン店「博多らーめん ShinShin」監修のカップ麺となっていま...



内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺のみ入っていました。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。とんこつらしくネギやキクラゲが入っているようです。

品名博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨味焼きらーめん
メーカーサンヨー食品
発売日2023年8月21日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(特製調味だれ・かやく)
定価税別276円
取得価格税別258円(マックスバリュ)

「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨味焼きらーめん」食べてみた



炊き出し感のあるポークのうまみに、チキンのうまみと香味野菜の風味を合わせた豚骨味焼きらーめんです。
当社独自製法により、細めんながらもしっかりとしたコシのあるめんに仕上げました。
たれがよく絡むちぢれの少ないストレートめんです。
炊き出し感のあるポークのうまみをベースに、チキンやしょうゆのうまみを加え、香味野菜のガーリック、オニオン、ジンジャーを合わせて風味豊かなたれに仕上げました。
具材はキャベツ、肉そぼろ、キクラゲ、ねぎの組み合わせです。


たれ




とんこつ感のある少し甘めのとんこつ味たれ。いつもの「ShinShin」カップ麺のスープと同じく、とんこつ臭は皆無で、少し骨っぽい風味を伴うとんこつ感と甘さが特徴ですが、スープとたれの形状による違いなのか、スープほどマイルドさが際立っておらず、カップ麺に比べてちょっと麺の味が前に出てくる印象でした。これはこれでおいしいのですが、いつもの味と同じわけではありません。

また、汁なしのとんこつラーメンではあるのですが、これが「焼きラーメン」かと言われると微妙で、もうちょっと焼き風味というか、臨場感が欲しかったところ。もちろん、カップ焼そばに全部焼き風味がついているわけではないので、多くを求めすぎなのかもしれませんが。

サンヨー食品は昔から「焼きラーメン」の製造販売に積極的です。
サンヨー食品 「東京新宿 かまど 焼きらーめん」

サンヨー食品 「東京新宿 かまど 焼きらーめん」

この前書いた、ジャワティーストレート グリーンを飲みました。濃いわけではないんだけど、舌の奥に感じる苦味がおいしかったです。こりゃレッドもグリーンもかなりいけますね。他社の緑茶とはひと味違います。あんまりお店に売られていない商品だけど、強いこだわりを感じるなかなか骨太な商品だと思います。今回のカップ麺は、ファミリーマート限定発売の、サンヨー食品「東京新宿 かまど 焼きらーめん」です。こういうおい...

サンヨー食品 「小金ちゃん 焼きラーメン」

サンヨー食品 「小金ちゃん 焼きラーメン」

今回のカップ麺は、ローソン限定商品でサンヨー食品の「小金ちゃん 焼きラーメン」。福岡の天神にある屋台の味の再現とのことですが、以前このブログ食べた「博多風 とんこつ焼そば 大盛り」と同じような味をイメージしたんですが、今回の商品はソースととんこつスープで細麺を炒めたものの再現ということで、ちょっと別物のようです。ソースは、「とんこつスープと濃厚ソース」と書いてあり、実際食べてみると変則的な...






細くてストレート形状の油揚げ麺。湯戻し時間によって麺の硬さを選べる仕様ですが、今回は90秒の「カタ麺」。本格ノンフライ麺ではないですが、油揚げ麺でもこれだけ細くてストレートのできる技術はサンヨー食品の大きな強みではないでしょうか。油揚げ麺臭もそれほど前に出てこず、とんこつ味のたれとしっかり馴染んで焼きラーメンらしさがきちんと感じられました。

税別276円という高額商品にも関わらず、麺量が100gと普通サイズしか入っていないのはちょっとさみしいです。最近のサンヨー食品の汁なしカップ麺は、236円設定だと85~90g、276円設定だと100gとなっており、他社の大盛サイズ120~130g出だしてくることがまずなくなってしまいました。コンビニPBだとあるんですけどね。サンヨー食品は味は抜群ですが、食べ応えでは他社に見劣りする場合が多いです。





肉そぼろ、キクラゲ、ネギ、キャベツが入っています。ネギやキクラゲはとんこつらしい具ですが、量はそれほど多くなく、最も目立っていたのはキャベツでした。具はおまけ程度なのでそれほど期待しない方が良いでしょう。



オススメ度(標準は3です)


  • サンヨー食品 「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨味焼きらーめん」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
マイルドなたれと油揚げ麺ながら細ストレートでとんこつらしい麺は秀逸なのですが、高額にも関わらず量が多いわけではなく、コスパが悪い印象が拭えませんでした。それでいて具が充実しているわけでもなく、名店再現系とはいえ厳しい印象です。

夏バテでフラついた時のために外ではこれを携帯しています。結局家に帰って普通に食べちゃうんですけどねw おいしいですよ。





栄養成分表


1食133g(めん100g)あたり
エネルギー658kcal
たん白質11.7g
脂質37.8g
炭水化物67.8g
食塩相当量3.4g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.35mg

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、粉末卵、食塩、チキン調味料)、たれ(豚脂、植物油脂、糖類、ポークエキス、ポーク調味料、食塩、チキンエキス、野菜ペースト、調味油脂、しょうゆ、酵母エキス、たん白加水分解物、しょうが調味料、香辛料)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、キクラゲ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、かんすい、焼成カルシウム、カラメル色素、甘味料(カンゾウ)、酸味料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加