このページでは、寿がきや食品の商品、「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜ麺の素」を食べてレビューしていきます。



「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜ麺の素」はどんな商品?


今回は、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜ麺の素」。2021年2月1日発売の商品です。自分で用意した麺に混ぜて食べるまぜ麺の素で、うどんと食べることが推奨されています。



激辛カップ麺大定番「辛辛魚」のまぜ麺の素


「麺屋井の庄」は、東京・石神井にある人気ラーメン店。お店の名物は辛くて魚介たっぷりの「辛辛魚」で、その味を再現した寿がきや食品のカップ麺は大人気で激辛カップ麺の代名詞的な存在となっており、もう10年以上続くロングセラーです。
「辛辛魚」2023年版!15回目の登場!「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」を食べてみた!

「辛辛魚」2023年版!15回目の登場!「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」を食べてみた!

このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」を食べてレビューしていきます。「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」。2023年1月30日にリニューアル発売された商品です。「麺処 井の庄」監修の「辛辛魚」カップ麺の2023年バージョン。今回で15回目を迎えました。15回目の「辛辛魚」...


今回は、チルド麺のうどんを用いて作り、食べていきたいと思います。本当はきちんと乾麺からやった方が良いのでしょうが、最近のチルド麺はコシがあっておいしいですよね?



内容物、価格、購入額など




2人前入っており、「辛辛魚まぜ麺の素」と「後入れ粉末スープ」が2つずつ入っていました。

品名麺処井の庄監修 辛辛魚まぜ麺の素
メーカー寿がきや食品
発売日2021年2月1日(月)
麺種別なし
かやく・スープ2袋(まぜ麺の素・後入れ粉末スープ)×2
定価税別240円
取得価格税込235円(サンドラッグ)

「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜ麺の素」をチルド麺うどんに混ぜて食べてみた!



簡単!お好みの麺にまぜるだけ
東京石神井の人気店『麺処井の庄』監修の商品です。
お店で人気の「辛辛魚らーめん」の味わいをまぜ麺の素にアレンジしました。
豚骨醤油に赤唐辛子と魚粉を合わせた“辛魚粉”がクセになる味わいです。温かい麺にも冷たい麺にもよく合います。
別添の“辛魚粉”でお好みの辛さに調節していただけます。




とんこつしょうゆ味の液状の「まぜ麺の素」をうどんの麺と混ぜ合わせ、「辛魚粉」の入った「後入れ粉末スープ」をかけて完成。とんこつしょうゆ味はカップ麺に比べると控えめな印象で、塩気も刺さってきません。辛辛魚のカップ麺で塩気が強いと感じてる場合は、こちらの方が合うかもしれません。



ベース部分が大人しいがゆえに、「後入れ粉末スープ」を入れることで辛魚粉が暴れます。おそらく辛さ的にはカップ麺ほどではないのですが、ベース部分が大人しいため辛味や魚介が目立って感じられ、両者の暴力的なハーモニがより強調されていました。カップ麺より「辛魚粉」の魅力がより堪能できるかもしれませんね。



粉末がかなり多いので、1人前のうどんと混ぜ合わせるとかなり粉っぽい仕上がりになります。これはおそらく好みの分かれるところで、筆者はこのちょっと喉が詰まる感じは嫌いではありませんが、もっとなめらかに麺をすすりたい場合も多いのではないかと思います。その場合、麺の湯切りを多少緩く留めると良さそうですが、そうするとなんだか薄くなる気がしちゃうんですよね。カップ焼そばの粉末ソースと同じジレンマがありました。



「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜ麺の素」をチルド麺うどんでつけ麺にして食べてみた!




パッケージに、「つけそうめん」にしてもおいしいと書かれていたので、今回チルドうどんを3玉分買っちゃったし、うどんでつけうどんにしてみました。

熱湯100mlに「つけ麺の素」を溶かし、「後入れ粉末スープ」をかけるだけ。



こちらもやはりベースのとんこつしょうゆ部分がちょっと弱いですが、辛魚粉の粉末を滑らかに食べるならこちらのつけ麺の方が優れていると思います。それほど塩気が強いわけではないので、「まぜそばの素」を割るお湯を少なめにしてみても良いかもしれません。あと、今回太いうどんでやってしまいましたが、ベースが弱いので細い麺のほうがマッチしそうです。こちらも同じく辛魚粉が暴れていました。



まぁ、実はやりたかったのはこれで、カップ麺でもいつもやるのですが、スープにごはん入れたいんですよね。今回も正直、これがいちばんおいしかったです。スープごはんを食べるためにこの商品を買うのは大いにありだし、カップ麺1個買う価格で2回楽しめてしまうのも良かったです。



オススメ度(標準は3です)


  • 寿がきや食品 「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜ麺の素」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
麺は自分で用意しなければなりませんが、辛魚粉の魅力がガッツリ楽しめる商品で、しかも2食分入っているのが大きな魅力です。つけ麺にすることでスープにごはんを投入することも可能で、麺の種別、まぜ麺、つけ麺といろいろ楽しめる商品でした。とんこつしょうゆの厚みはカップ麺ほどないし、辛味も多少弱いですが、辛魚粉の魚介と辛味のハーモニーを楽しむならカップ麺より良いかもしれません。

これがあれば、安いとんこつしょうゆカップ麺に入れるだけでおいしくなりそう。そしてごはんを入れて・・・炭水化物太りまったなしです。



原材料・栄養成分



 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加