このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 和歌山中華そば」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 凄麺 和歌山中華そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 和歌山中華そば」。2023年2月6日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの新商品です。ご当地ラーメンの和歌山ラーメンを再現した商品となっています。



新潟の燕市・三条市界隈の背脂ラーメンを再現


和歌山ラーメンといえば、関西を代表するご当地ラーメンのひとつで、しょうゆ醸造のお膝元和歌山で育まれた豚骨醤油味のラーメンです。カップ麺としてもよく再現されており、凄麺でも6回目のリニューアルとのこと。長年愛されている定番商品です。また、和歌山ラーメンの雄である「井出商店」も何度かカップ麺されており、こちらはサンヨー食品製となっています。
和歌山の名店中の名店の味がタテ型カップに!「和歌山ラーメン井出商店 豚骨醤油中華そば」を実食レビュー

和歌山の名店中の名店の味がタテ型カップに!「和歌山ラーメン井出商店 豚骨醤油中華そば」を実食レビュー

このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「和歌山ラーメン井出商店 豚骨醤油中華そば」を食べてレビューしていきます。「和歌山ラーメン井出商店 豚骨醤油中華そば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、サンヨー食品の「和歌山ラーメン井出商店 豚骨醤油中華そば」。2022年10月24日発売の商品です。和歌山ラーメンの名店、「井出商店」の味を再現したタテ型カップ麺となっています。和歌山ラーメ...

和歌山は日本におけるしょうゆ醸造の起源とされることが多く、有力な一説には和歌山有田の湯浅地区が発祥とされています。今回使用されているしょうゆは和歌山の「湯浅醤油」を使用しており、しょうゆに強いこだわりが感じられます。「湯浅醤油」については、「日清ラ王」30周年記念商品として発売された高級カップ麺「日清ラ王 濃香トリュフ醤油」で用いられており、香り高くキレのあるしょうゆ味は群を抜く存在でした。
【定価500円】ラ王30周年にトリュフ登場!「日清ラ王 濃香トリュフ醤油」を実食レビュー

【定価500円】ラ王30周年にトリュフ登場!「日清ラ王 濃香トリュフ醤油」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清ラ王 濃香トリュフ醤油」を食べてレビューしていきます。「日清ラ王 濃香トリュフ醤油」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 濃香トリュフ醤油」。2023年1月2日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品ですラ王30周年限定商品として登場した、黒トリュフを使った定価税別500円もする商品となっています。黒トリュフを使った「日清ラ王」...



内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」2袋を麺の上に開けた状態。

品名ニュータッチ 凄麺 和歌山中華そば
メーカーヤマダイ
発売日2023年2月6日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・かやく2袋)
定価税別255円
取得価格税別198円(西友)

「ニュータッチ 凄麺 和歌山中華そば」食べてみた!



和歌山県のご当地ラーメンをカップ麺で本格再現した一品です。
旨味の強い湯浅醤油の「蔵匠 樽仕込み」醤油を使用し、濃厚な豚骨を合わせた豚骨醤油スープは、まろやかでコク深い味わいです。
麺は本場の麺質を追求・再現した中細のストレート麺で、濃厚なスープとの相性抜群です。
具材にはチャーシュー、赤ナルト、メンマ、ねぎを使用しています。




しょうゆの香りの強いとんこつしょうゆ味のスープに、細くてストレート形状のノンフライ麺と、チャーシュー、赤ナルト、メンマ、ネギといった具が合わせられています。スープの色や麺の形状は、和歌山ラーメンの名店である「井出商店」に近いものを感じます。同じとんこつしょうゆといっても、麺の太い二郎系や家系とはまったく異なる佇まいとなっています。



スープ




とんこつ感の強いベースに和歌山「湯浅醤油」を20%用いた香りの良いしょうゆ味のスープです。とんこつ臭はないですが、とんこつの粉感ある風味が感じられ、とんこつの存在感が強いのがひとつの特徴。

加えて、「湯浅醤油」の影響かはわかりませんが、とんこつに負けないしょうゆの香りが強く感じられるのに、塩気は非常に穏やかなのも特徴的でした。しょうゆの良さと、とんこつによるまろやか効果が出ているのかもしれません。香りが強いのに塩気穏やかなしょうゆと、臭みはないけど風味がしっかり感じられるとんこつの、良いところ取りをしたスープのように感じました。

また、二郎系や家系ほど油脂が多くなく、しょうゆやとんこつがダイレクトに感じられるのも印象的でした。





湯戻し時間4分の細くてストレート形状のノンフライ麺。歯切れがよく、まるでとんこつラーメンの麺のような雰囲気があります。細くて主張が控えめなため、スープのしょうゆやとんこつを引き立てる効果があり、ある程度脇役に徹しています。本来ならもっと太い麺でも今回のスープとはバランスは取れそうですが、スープが主役の感を強く感じる組み合わせでした。





バラチャーシュー、赤ナルト、メンマ、ネギの組み合わせ。通常より脂分の多いチャーシューが入っています。また、赤ナルトは和歌山ラーメンの一つの特徴となっており、今回それを踏襲していました。

最近は各社の値上げが大きく、凄麺も値上げしているのですが、それでも他社の高価格帯製品に比べてだいぶ割安感があります。具のボリューム含めて今回のクオリティだと、他社だと300円近くいってしまうのではないでしょうか。凄麺は他社製品より40~50円くらいはお得のように思います。






オススメ度(標準は3です)


  • ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 和歌山中華そば」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
「凄麺」はびっくりするほどハズレなしですが、中でもこの「和歌山」の完成度はピカイチです。しょうゆが濃いのに塩気が穏やか、とんこつ臭はないのにとんこつの風味が感じられ、さらに博多麺を思わせる麺もおいしく、具もボリュームあり。それでいて価格は他社に比べてだいぶ抑えられており、正直文句のつけどころがありません。

かつてはライバルだった「麺NIPPON」シリーズですが、もはや価格が凄麺より30円ほど高くなってしまい、種類も少なくなってしまいました。「和歌山」は前身の「行列のできる店のラーメン」シリーズの第1弾にして唯一のレギュラー商品でした。



栄養成分表、原材料


1食111g(めん60g)あたり
エネルギー348kcal
たん白質11.2g
脂質9.8g
炭水化物53.7g
食塩相当量5.1g
∟めん・かやく∟1.0g
∟スープ∟4.1g

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、大豆食物繊維)、スープ(しょうゆ、ポークエキス、動物油脂、食塩、酵母パウダー、食用風味油、香辛料)、かやく(味付豚肉、なると、ねぎ、メンマ)/カラメル色素、酒精、調味料(核酸等)、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、紅麹色素、香辛料抽出物、香料、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・魚肉すり身(魚介類)を含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加