このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 推しの一杯 麺屋彩未 札幌味噌」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん 推しの一杯 麺屋彩未 札幌味噌」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 推しの一杯 麺屋彩未 札幌味噌」。2023年8月14日に発売された新商品です。札幌味噌ラーメンの名店、「麺屋 彩未」の味を再現したカップ麺となっています。これまでも「彩未」カップ麺はありましたが、「推しの一杯」シリーズから改めて登場しました。



札幌の名店「麺屋彩未」


「麺屋 彩未」は長らく人気店として君臨し続ける札幌みそラーメンの名店。セブンのカップ麺でもおなじみの有名店「すみれ」から暖簾分けされたお店で、札幌ナンバーワンの人気を誇る名店中の名店。

カップ麺としては、一貫して東洋水産から出ており、どんぶり型の本格カップ麺として定期的にリニューアルが重ねられながら発売され続けていました。
北の王者のカップ麺がリニューアル!「マルちゃん 麺屋 彩未 札幌味噌らーめん」を実食レビュー

北の王者のカップ麺がリニューアル!「マルちゃん 麺屋 彩未 札幌味噌らーめん」を実食レビュー

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 麺屋 彩未 札幌味噌らーめん」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん 麺屋 彩未 札幌味噌らーめん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺屋 彩未 札幌味噌らーめん」。2022年1月31日にリニューアル発売された新商品です。札幌味噌ラーメンの名店、「麺屋 彩未」の味を再現したカップ麺が約1年半ぶりにリニューアルされました...

「推しの一杯」シリーズで登場


今回は心機一転、新たに「推しの一杯」シリーズから登場しました。「推しの一杯」シリーズの第1弾商品は家系ラーメンの「環2家」で、それぞれ「吉村家」と「すみれ」という、師匠筋に大名店を頂きつつ、ラーメンの評判は本家と並びもしくは上回るという点で、両店は共通しているように思います。
吉村家直系家系ラーメン店の味を再現!「マルちゃん 推しの一杯 ラーメン環2家 横浜家系醤油豚骨」を実食レビュー

吉村家直系家系ラーメン店の味を再現!「マルちゃん 推しの一杯 ラーメン環2家 横浜家系醤油豚骨」を実食レビュー

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 推しの一杯 ラーメン環2家 横浜家系醤油豚骨」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん 推しの一杯 ラーメン環2家 横浜家系醤油豚骨」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 推しの一杯 ラーメン環2家 横浜家系醤油豚骨」。2023年3月13日発売の新商品です。横浜にある吉村家直系の家系ラーメン店、「ラーメン環2家」の味を再現し...



内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。挽肉がたくさん入っています。

品名マルちゃん 推しの一杯 麺屋彩未 札幌味噌
メーカー東洋水産
発売日2023年8月14日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価税別333円
取得価格税別333円(セイコーマート)

「マルちゃん 推しの一杯 麺屋彩未 札幌味噌」食べてみた!



「生麺ゆでてうまいまま製法」で仕上げた弾力のある食感の麺に、生姜の風味が広がるコクのある味噌味のスープがマッチします。オイルにローストガーリックを使用したラードを配合し、調理感を出すことで、食欲をそそる一杯に仕上げました。


スープ




とんこつベースのみそ味スープにラードを浮かせ、生姜、山椒などを効かせています。札幌ラーメンらしく分厚いとんこつや濃いみそ味によって、かなりのヘビー級のこってり味となっています。さらに、山椒や生姜によってスパイシーに仕上げられていて、濃厚なだけではなく、複雑に味が重ねられていました。これは以前までの「彩未」カップ麺よりだいぶ味が重厚になっていますね。



スープ表面には、ニンニクの風味がつけられたラードが浮いています。ラードはスープのこってり感を生むのと同時に、お店のラーメンの野菜を炒めた風味なども再現しており、重厚なスープをさらに確固たるものにしています。札幌ラーメンの大きな特徴ではないでしょうか。

以前までの「彩未」カップ麺に比べて明らかにスープがパワーアップしており、特に山椒と生姜の効きが強くなっていました。お店のスープより効いてるのではないかと思ってしまうレベルです。






湯戻し時間5分の、中太で緩やかに縮れのついたノンフライ麺です。麺表面につるみがあり、弾力の強い多加水麺食感で、同じ東洋水産の「正麺カップ」シリーズでよく見るタイプの麺だと思われます。お店の麺も多加水麺ですが、今回の麺は弾力がかなり強く、再現性はそれほど高くないように思います。濃いスープに対して弾力で主張しており、両者のバランスはよく取れていました。

麺量は75g。「正麺カップ」シリーズと同じ麺量で、大盛ではないもののやや多めとなっています。高額商品ですが、食べ応えはある程度しっかりあります。





挽肉、メンマ、ネギが入っています。以前の「彩未」カップ麺に比べて挽肉の粒が多くなり量もだいぶ多くなっていますが、以前は入っていた大きなチャーシューがなくなっています。全体的な肉量はちょっと減っていそうです。

メンマやネギの量は以前とそれほど違わなそうですが、メンマの切り方が以前より揃えられており、多少高級商品仕様にシフトした感がなくはありません。全体的に具はまずまずのボリュームでした。



オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん 推しの一杯 麺屋彩未 札幌味噌」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
これまでの「彩未」カップ麺から、「推しの一杯」シリーズに移籍して再スタートを切った彩未カップ麺。スープが明らかにパワーアップし、特に生姜や山椒の威力が増した一方で、具はチャーシューがなくなり、挽肉がボリュームアップしたとはいえ、以前より多少見劣りしました。そして価格が以前より70円以上値上がりしています。うち30~40円分は昨今の情勢を踏まえた値上げとしても、かなりの高級化となります。スープは堂々価格に見合うものでしたが、全体的なコスパはこれまでとトントンか、ちょっと手を出しづらくなったといったところでしょうか。高額ですが以前に増してすごくおいしいです。

今年はアツがナツすぎて(寒)こういうのを使ってみたくなっています。効果あるのでしょうか・・・



栄養成分表、原材料


1食127g(めん75g)あたり
エネルギー471kcal
∟めん・かやく∟359kcal
∟スープ∟112kcal
たん白質13.2g
脂質16.4g
炭水化物67.6g
食塩相当量6.8g
∟めん・かやく∟2.2g
∟スープ∟4.6g
ビタミンB10.28mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム191mg

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、植物性たん白、こんにゃく、大豆食物繊維、植物油脂、乳糖)、添付調味料(みそ、ポークエキス、香味油脂、ラード、砂糖、香辛料、しょうゆ、野菜エキス、食塩、酵母エキス、こんぶエキス、植物油)、かやく(味付挽肉、メンマ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、かんすい、炭酸カルシウム、香料、レシチン、カラメル色素、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE、ローズマリー抽出物)、pH調整剤、クチナシ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加