このページでは、日清食品のカップ麺、「チキンラーメンどんぶり 昭和の洋食ブーム クリーミーグラタン味」を食べてレビューしていきます。



「チキンラーメンどんぶり 昭和の洋食ブーム クリーミーグラタン味」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「チキンラーメンどんぶり 昭和の洋食ブーム クリーミーグラタン味」。2023年8月14日発売の、「チキンラーメン」シリーズの新商品です。「チキンラーメン3時代トリオ」として発売されたチキンラーメンカップ麺3品のうちのひとつで、「昭和」「平成」「令和」のうち、まずは「昭和」の商品から食べていきます。「3時代トリオ」とは別に、「0秒チキンラーメン」第2弾商品のカレー味も同時発売されています。
まるかじりするチキンラーメン第2弾!「0秒チキンラーメン カレー味」食べてみた!

まるかじりするチキンラーメン第2弾!「0秒チキンラーメン カレー味」食べてみた!

日清食品「0秒チキンラーメン カレー味」 このページでは、日清食品の「0秒チキンラーメン カレー味」を食べてレ…




「昭和」代表の「クリーミーグラタン味」


今回のチキンラーメンは、「チキンラーメン3時代トリオ」と題して、「昭和」「平成」「令和」それぞれの時代を彩った味をチキンラーメンで再現し、カップ麺化しています。今回レビューする商品は「昭和」で、昭和の洋食ブームのメニューである「クリーミーグラタン」の味が再現されています。クリーミーグラタン味のカップ麺はおいしそうですが、「チキンラーメン」の味が足枷になりやしないかと心配になりますが、筆者ごときが心配してもどうしようもないことですよねw

昨年は「純喫茶メニュー」と題してチキンラーメン3商品が出ており、どんぶり、汁なしどんぶり、そしてタテ型のビッグカップの組み合わせは今年も共通。今回はどんぶり型ですが、昨年どんぶり型で出ていたのは「チキンラーメンどんぶり 黄色いマイルドカレー」という商品でした。
「喫茶店メニュー」昔懐かしの「黄色いカレー」をチキンラーメンで再現!「チキンラーメンどんぶり 黄色いマイルドカレー」を実食レビュー

「喫茶店メニュー」昔懐かしの「黄色いカレー」をチキンラーメンで再現!「チキンラーメンどんぶり 黄色いマイルドカレー」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップ麺、「チキンラーメンどんぶり 黄色いマイルドカレー」を食べてレビューしていきます。「チキンラーメンどんぶり 黄色いマイルドカレー」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「チキンラーメンどんぶり 黄色いマイルドカレー」。2022年8月8日発売の、「チキンラーメン」シリーズの新商品です。「純喫茶メニュー」として同時発売された3品のうちのひとつで、他に「ナ...



内容物、価格、購入額など




別添袋は1つ。カップにはチキンラーメンの麺の他にかやくが入っています。

品名チキンラーメンどんぶり 昭和の洋食ブーム クリーミーグラタン味
メーカー日清食品
発売日2023年8月14日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(粉末スープ)
定価税別236円
取得価格税別135円(イオン)

「チキンラーメンどんぶり 昭和の洋食ブーム クリーミーグラタン味」食べてみた!



昭和の "洋食" ブームを「チキンラーメン」流にアレンジ!
チキンをベースに焦がしたチーズの風味とローストオニオンの甘みを加え、素朴でクリーミーな味わいに仕上げました。


スープ




麺から溶け出したチキンラーメンならではの鶏ガラしょうゆ味と、「粉末スープ」による焦がしチーズと玉ねぎの風味を効かせたグラタン風の味を組み合わせたスープです。主役は粉末のグラタンスープで、少し香ばしいチーズの風味に、玉ねぎの甘みを伴ったコクが感じられ、確かにグラタンの味になっています。とろみがしっかりついていて、形状もグラタンらしくなっていました。



チキンラーメンの鶏ガラしょうゆ味については、これまでのチキンラーメンのアレンジカップ麺では、鶏ガラしょうゆ味の意味がないとか邪魔になっていると感じたこともありましたが、今回はグラタンの隠し味として効いています。鶏ガラがグラタンの旨味部分を持ち上げ、より厚みのある味にしていました。

昔の洋食屋さんで、隠し味に鶏ガラスープ使って洋食作っていたお店あるんじゃないですかね。チキンラーメンでグラタンを作ることにきちんと合理性が感じられる味でした。






湯戻し時間3分のチキンラーメンの油揚げ麺。強い縮れがついた独特な食感が楽しめます。味も鶏ガラしょうゆ味でいつものチキンラーメンですが、粉末スープを合わせることを考慮してか、いつもよりやや薄味になっているようです。グラタン味の粉末を入れなくても、ちょっと薄味のチキンラーメンの味です。





キャベツとニンジンが入っています。具は正直、あまりグラタンらしくはなかったように思います。私がイメージしているグラタンが何か違うのかもしれませんが、洋食屋のグラタンといえば玉ねぎとか鶏肉ではないかなぁと思ったので、主にコスト面の制約で入れられないのでしょうが、キャベツやニンジンではなく、せめて玉ねぎだけでも欲しかったです。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「チキンラーメンどんぶり 昭和の洋食ブーム クリーミーグラタン味」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
きちんとグラタン味が成立している上に、チキンラーメンの鶏ガラがグラタンの旨みを持ち上げており、チキンラーメンのフォーマットでグラタン味のカップ麺を作ることに説得力がある一杯でした。グラタン作る時に鶏ガラを隠し味に使いたくなってしまうかもしれません。

「ゆかり」でおなじみの三島食品のふりかけですが、良いネーミングですね。



栄養成分表、原材料


1食90g(めん80g)あたり
エネルギー425kcal
∟めん・かやく∟352kcal
∟スープ∟73kcal
たん白質9.1g
脂質18.5g
炭水化物55.6g
食塩相当量5.6g
∟めん・かやく∟2.7g
∟スープ∟2.9g
ビタミンB10.22mg
ビタミンB20.47mg
カルシウム180mg

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、チキンエキス、糖類、香味調味料、香辛料、デキストリン、オニオンパウダー)、スープ(クリーミングパウダー、糖類、小麦粉、乳等を主要原料とする食品、オニオンパウダー、ローストオニオン、全粉乳、プロセスチーズ、ブイヨン、香辛料)、かやく(キャベツ、にんじん)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、増粘剤(キサンタンガム)、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、炭酸Mg、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉を含む)




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加