このページでは、セブン‐イレブンのお弁当コーナーに並ぶチルド麺、「博多一風堂監修 冷だしとんこつラーメン」を食べてレビューしていきます。



「博多一風堂監修 冷だしとんこつラーメン」はどんな商品?


今回食べるのは、セブン‐イレブンの「博多一風堂監修 冷だしとんこつラーメン」。セブン-イレブンのお弁当コーナーに並ぶ商品で、セブンのカップ麺でもおなじみ「博多一風堂」監修による夏仕様の冷し麺となっています。



「博多一風堂」の夏仕様コンビニ麺


「博多一風堂」は、福岡に本店があり、全国に店舗展開するとんこつラーメン店。海外にまで店舗展開し、最も知名度の高いラーメン店のひとつではないでしょうか。カップ麺としても、「すみれ」とともに名店再現系カップ麺の元祖とされ、現在でもセブンの定番カップ麺として君臨しています。
リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」をリニューアル前後で食べ比べ!

リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」をリニューアル前後で食べ比べ!

このページでは、リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺、「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」をリニューアル前と食べ比べます。セブンプレミアム「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」製造は日清食品。2021年2月8日に「すみれ」とともにリニューアル発売された、名店再現系カップ麺の元祖です。今回はリニューアル前後...

今回は、セブンのお弁当コーナーに並ぶチルド麺で、夏仕様の冷しタイプの商品となっています。昨年は「すみれ」の冷やし麺をレビューしました。
【セブン】お弁当コーナーの夏のチルド麺「札幌すみれ監修 冷し味噌ラーメン」を実食レビュー

【セブン】お弁当コーナーの夏のチルド麺「札幌すみれ監修 冷し味噌ラーメン」を実食レビュー

このページでは、セブンイレブンのチルド麺、「札幌すみれ監修 冷し味噌ラーメン」を食べてレビューしていきます。「札幌すみれ監修 冷し味噌ラーメン」はどんな商品?今回食べるのは、セブンイレブンの「札幌すみれ監修 冷し味噌ラーメン」。セブン-イレブンのお弁当コーナーに並ぶ、札幌みそラーメンの名店「すみれ」監修による夏仕様の冷し麺となっています。札幌「すみれ」の「冷し味噌ラーメン...




内容物、価格、購入額など




内容物は、容器の下にスープ、そして上のトレーに麺が入っており、麺の上にはフィルムを挟んで具がのっています。別添の袋はありません。

品名博多一風堂監修 冷だしとんこつラーメン
メーカーセブン‐イレブン(製造会社は地域により異なる)
発売日2023年8月15日(火)
麺種別チルド麺
かやく・スープなし
定価税別500円
取得価格税別500円(セブン-イレブン)

調理方法




調理方法と言っても、基本、麺と具をスープに入れるだけの簡単なお仕事です。



麺と具の間に挟まっているフィルムを外します。外す時にごろっと具が落ちてきてしまうので注意が必要。自分が不器用なのを実感しますw



麺と具をスープに投入して完成。なのですが、麺の入っているトレーの底部分が開封前の重ねられていた時にスープが当たっている場所なので、底に手を触れると手がスープまみれになります。スープまみれの手でカメラを持って・・・ぎゃー。簡単なお仕事だと思っていた時が私にもありました。



セブン「博多一風堂監修 冷だしとんこつラーメン」食べてみた!




豚骨,豆乳,かつおだしなどの旨味を効かせた、福岡県博多市の人気ラーメン店「一風堂」監修の冷たいとんこつラーメンです


福岡県博多市・・・新幹線で降り立つのは博多駅なので気持ちはわかりますが、一風堂の所在地はどちらかというと天神ですよね。真っ白なとんこつベースのスープに、とんこつとしては太い麺と、多彩な具が合わせられています。

スープ




とんこつベースに豆乳を加えた真っ白なスープです。普段の一風堂のとんこつスープもとんこつ臭のない穏健派ですが、豆乳によって今回はそれ以上にマイルド。ほんのりと酸味を効かせてさっぱり味に、ニンニクや魚介も感じられますがいずれもほんのりで、とんこつや豆乳の甘みをより強調している印象です。

赤だれ




具に赤いたれがかかっており、これをスープに溶かすことで辛味がつきます。原材料を見ると、豆板醤やコチュジャンが入っているようで、外装に「辛味による刺激が大変強い」とも書かれています。

どれほど辛いのか身構えましたが、実際溶かしてみてもピリ辛にも満たない程度で、さすがに直接舐めると辛いですが、激辛ほどでもなさそうです。もうちょっと辛いほうが甘みのあるスープの中でアクセントになったのではないかと思います。






中太でやや縮れのついた麺。一風堂の麺といえば極細のストレート麺ですが、それとは形状が異なっています。今回、スープの味が穏やかでおとなしめなので、もっと細い麺の方がスープとマッチした気がしますが、細いと伸びやすいとか、味以外の別の事情があるのかもしれませんね。

麺量は明示されていませんが、食べた印象や炭水化物の数値から、二郎系商品などのような大盛麺量ではなさそうです。一般的なスープありレンジ麺と同じくらいの量と思われます。





細切りのチャーシュー、もやし、メンマ、紫玉ねぎ、青ネギが入っています。肉と野菜を織り交ぜて具は充実しています。チャーシューの細切りは冷やし中華をイメージしているのでしょうか。もやしや紫玉ねぎなど水気の多い野菜も入っており、いかにも夏仕様の商品という感じがします。

オススメ度(標準は3です)


  • セブン-イレブン 「博多一風堂監修 冷だしとんこつラーメン」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「博多一風堂」の夏仕様のコンビニ麺でしたが、具の充実ぶりが光っていました。豆乳を使用したとんこつスープはマイルドで、辛味と合わせていつもの「博多一風堂」とは別の顔。もうちょっと辛味にパンチが欲しかったです。

PS5は外国のゲームが多いイメージですが、日本のゲームも頑張って欲しいですね。「龍が如く」の新作は11月発売のことで、Switchの桃鉄と被りますね。



栄養成分表、原材料


1食-g(めん-g)あたり
エネルギー441kcal
たん白質20.1g
脂質12.4g
炭水化物64.7g
∟糖質60.0g
∟食物繊維4.7g
食塩相当量6.0g


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加