このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン」。2023年8月7日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの新商品です。新潟の燕市・三条市などで供されている背脂ラーメンを再現したカップ麺となっています。



新潟の燕市・三条市界隈の背脂ラーメンを再現


新潟の燕市・三条市界隈で供される背脂ラーメンは、背脂チャッチャ系ラーメンの元祖とされるご当地ラーメンです。煮干しなどの魚介だしのしょうゆ味スープや太麺と合わせた背脂の一杯は、新潟の枠を超えて全国へ広まっています。燕背脂ラーメンは2022年に「文化庁100年フード」に認定され、今回のカップ麺では「燕市観光協会」の推奨を受けています。

「凄麺」の「新潟」は長年続くロングセラー商品ですが、発売当初の商品をレビューしています。
ヤマダイ 「凄麺 新潟 背脂醤油ラーメン」

ヤマダイ 「凄麺 新潟 背脂醤油ラーメン」

今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 新潟 背脂醤油ラーメン」。お世話になっているニジンスキーさんに売っているところを教えてもらって無事に買うことができました。改めて本当にありがとうございました。さて、この商品は新潟の燕三条系ラーメンの再現ものですが、同じ日に寿がきや食品から「全国麺めぐり 新潟背脂醤油ラーメン」という、味も価格帯も競合する商品が発売されており、これは相乗効果を狙った意図的な同時発売に...



内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」2袋を麺の上に開けた状態。チャーシュー、ネギ、玉ねぎ、そして背脂加工品が入っていました。

品名ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン
メーカーヤマダイ
発売日2023年8月7日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・かやく2袋)
定価税別255円
取得価格税別198円(西友)

「ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン」食べてみた!



新潟県のご当地ラーメンである「燕三条系ラーメン」をカップ麺で本格再現した一品です。
スープは地元新潟県産の醤油をベースに、煮干の旨味とたっぷりの背脂を加えた濃厚な背脂醤油スープです。
麺は生麺のようなツルツル、もちもちとした食感が自慢のノンフライ麺で、極太麺と濃厚スープの相性は抜群です。
具材にはチャーシュー、ネギ、背脂加工品、そしてシャキシャキとした食感が感じられる刻みタマネギを使用しています。


スープ




煮干のだしを効かせたしょうゆ味のスープに豚脂を浮かせ、太くて縮れのついたノンフライ麺と、チャーシューや刻み玉ねぎ、そして背脂加工品が合わせられています。

煮干しだしと鶏ガラが感じられるしょうゆ味スープに、豚脂がたっぷり入っています。比較的あっさり系のベース部分に、豚脂のこってり感の対比が印象的で、確かに背脂チャッチャ系の原型が見られる気がします。油のコクが主役を張るように最適化されている味のように感じました。

同じ「凄麺」の中でも背脂しょうゆ味は他にもあります。「凄麺 京都背脂醤油味」。





スープ表面の豚脂と背脂加工品




スープ表面には、液体スープに入っている大量の豚脂と、かやくの中に入っている背脂加工品が浮いています。背脂が特徴のラーメンですが、背脂のこってり感とか油のコクの部分はスープの豚脂が担い、背脂加工品は主にビジュアル部分を担っているように感じました。背脂加工品をそれだけ口に含んで噛みしめるときちんと背脂の味するんですけどね。





湯戻し時間5分の、太くて縮れのついた極太麺です。凄麺の中では最高レベルに太い麺となっています。お店の燕系背脂ラーメンを食べていると、太すぎてちょっと麺が強すぎるように思うことがありますが、今回は麺とスープのバランスが比較的よく取れていると感じました。ただ、麺が太いのでひと口で口に入る量が多くなってしまい、あっという間になくなってしまうのが難点です。





チャーシュー、玉ねぎ、ネギ、背脂加工品が入っています。肉厚なチャーシューやネギもしっかり入っていますが、目立っているのは刻み玉ねぎで、背脂や豚脂、煮干しに次ぐ第3の核になっており、玉ねぎの独特な風味がアクセントになっていました。細かいものがたくさん入っているので、なかなか賑やかでもありました。


オススメ度(標準は3です)


  • ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
背脂と豚脂、煮干ししょうゆ、そして刻み玉ねぎがそれぞれ良い仕事をしている良品でした。特に豚脂の力強さが光っています。長く続いている理由がよく分かる一杯でした。

10月のこのソフトが出て、11月には例年通りのポケモン新作が出るのでしょうか、だとすると子供は大変だと思うのですが・・・。



栄養成分表、原材料


1食124g(めん65g)あたり
エネルギー443kcal
たん白質8.9g
脂質19.4g
炭水化物58.1g
食塩相当量6.1g
∟めん・かやく∟1.2g
∟スープ∟4.9g

めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(動物油脂、しょうゆ、食塩、たん白加水分解物、糖類、ポークエキス、煮干エキス、魚介粉末、チキンエキス)(国内製造)、かやく(味付豚肉、背脂加工品、ねぎ、タマネギ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酒精、トレハロース、乳化剤、かんすい、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉を含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加