このページでは、ファミマPBファミマルのカップ麺、「175°DENO担担麺 汁なし担担麺」を食べてレビューしていきます。



ファミマル「175°DENO担担麺 汁なし担担麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ファミマPBのファミマルの、「175°DENO担担麺 汁なし担担麺」。製造は明星食品系。2023年8月8日発売の新商品です。札幌に本店のある担々麺専門店、「175°DENO担担麺」監修の味を再現したカップ麺となっています。



札幌の汁なし担々麺人気店「175°DENO」の汁なし担々麺


「175°DENO担担麺」は、札幌に本店がある担々麺専門店。北海道の他にも東京などに店舗展開する人気店です。お店の看板メニューは「担担麺(汁なし)」で、店主自ら四川省の山奥まで行って買い付ける「四川山椒」と、自家製の「175°辣油」が大きな特徴となっています。実際に食べに行ったことがありますが、「175°DENO」の花椒は、単に痺れるだけではなく、他で経験したことがないようなえもいわれぬ香りが漂い、不思議な魅力にあふれていました。

これまでにも明星食品&ファミマから何度かカップ麺化されており、カップ麺としてもすっかりおなじみとなっています。
【ファミマ】汁なし担々麺の名店の味!「175°DENO 汁なし担担麺」を実食レビュー

【ファミマ】汁なし担々麺の名店の味!「175°DENO 汁なし担担麺」を実食レビュー

このページでは、ファミマ限定で明星食品のカップ麺、「175°DENO 汁なし担担麺」を食べてレビューしていきます。「175°DENO 汁なし担担麺」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ファミリーマート限定の「175°DENO 汁なし担担麺」。2022年5月17日発売の新商品です。北海道・札幌発祥の汁なし担々麺の名店、「175°DENO担担麺」の味を再現したカップ麺となっています。製造は明星食品が担当。「175°DENO...

【ファミマ限定】札幌の人気担々麺専門店の味がカップ麺に!「175°DENO担担麺」を食べてみた

【ファミマ限定】札幌の人気担々麺専門店の味がカップ麺に!「175°DENO担担麺」を食べてみた

このページでは、ファミマ限定発売、明星食品のカップ麺、「175°DENO担担麺」を食べてレビューしていきます。「175°DENO担担麺」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ファミリーマート限定発売、明星食品の「175°DENO担担麺」。2020年10月27日発売の新商品です。北海道札幌市に本店のある担々麺専門店、「175°DENO担担麺」の味を再現したカップ担々麺です。「175°DENO」は札幌の汁なし担々麺人気店...



内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺の他にかやくが入っていました。

品名175°DENO担担麺 汁なし担担麺
メーカーファミマル(明星食品)
発売日2023年8月8月(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体ソース・ふりかけ)
定価税込268円
取得価格税込268円(ファミリーマート)

ファミマル「175°DENO担担麺 汁なし担担麺」食べてみた!




ファミマルで、「175°DENO担担麺」監修の汁なし担担麺が登場しました。たっぷりのねりごまを使用し、麻辣醤と甜面醤を加えたタレに、シビ辛オイルがきいた濃厚な味わいが特徴です。


たれ


練りごまがたっぷり入ったしょうゆ味ベースの担々麺だれです。辛味やシビレの中に練りごまの濃厚なコクが感じられ、練りごまが主役のたれとなっています。唐辛子の辛さはそれほど強くないですが、花椒のシビレは結構強く、合わせると激辛や大辛には満たないものの辛口程度の辛さだと感じました。練りごまのコクと花椒のシビレが対比になっていて、メリハリある味が楽しめます。

ふりかけ




別添の「ふりかけ」には花椒や唐辛子が入っており、たれの辛さやシビレをより立体的にしています。お店の花椒は風味やシビレだけではなく食感も楽しめるのに対し、今回の「ふりかけ」はさすがにそこまでは楽しめませんが、カップ麺としては香りがよく、「175°DENO」らしさが感じられました。お店だと花椒と一緒にナッツが入っていたりもするのですが、いずれそちらも再現してもらいたいところ。






湯戻し時間5分の、太くて縮れのついた油揚げ麺。もちもち感があり、たれの濃厚さに負けない存在感があります。お店の麺の方が平打ちで、ちょっと冷麺っぽい食感なのですが、今回の麺ももちもち感は共通していました。

麺量は130gで大盛サイズ。最近は大盛に見せかけて100gだったり、120gに変更になった商品も多いですが、今回はガッツリ大盛です。たれのパワーと麺の量が両立しており、まさにガッツリ系の一杯になっていました。

お店に特に大盛のイメージはない上、汁なし担々麺なので必ずしも大盛の需要ばかりではないと思いますが、「175°DENO」の汁なし担々麺はなぜか一貫して大盛で出し続けています。大食いとしてはありがたいんですけどねw





豚肉ミンチとチンゲン菜が入っています。担々麺らしい具ではありますが、麺量が多いので麺量に比して具は少なめ。さっきも書きましたが、ナッツが入っていたらもっとお店らしくなると思います。もちろん、ナッツなんて高いですからね。具として入れるなら大きな代償が強いられます。ナッツを入れるとここまでのおいしさはキープできないでしょうね。



オススメ度(標準は3です)


  • ファミマル「175°DENO担担麺 汁なし担担麺」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
濃厚な練りごまのコクと、たれとふりかけで刺激が強い花椒の対比が素晴らしい一杯でした。お店の再現性を考えれば、もっと風味豊かな花椒が欲しかったり、ナッツが入っているといいなぁと思ったりもしますが、カップ麺としてはしっかり刺激があり、完成度の高い汁なし担々麺ではないでしょうか。

現在、汁なし担々麺のカップ麺の中で、これが最もよく見るのではないでしょうか。「完全メシ」は特にスーパーでよく見かけるようになったのは驚きました。最初はネットで買うしかなかったんですけどね。



栄養成分表、原材料


1食168g(めん130g)あたり
エネルギー794kcal
たん白質12.5g
脂質39.2g
炭水化物99.9g
∟糖質∟95.8g
∟食物繊維∟4.1g
食塩相当量6.1g
ビタミンB10.52mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム198mg


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加