このページでは、麺のスナオシのカップ焼そば、「ソースやきそば」を食べてレビューしていきます。



「ソースやきそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、麺のスナオシの「ソースやきそば」。激安スーパーなどで売られている、超安価なカップ焼そばです。スーパーPBなどの上を行く安さでおなじみ。



「マイフレンド」ブランドの「ビックシリーズ」


「麺のスナオシ」といえば、激安スーパーなどで売られている超安価なカップ麺でおなじみ。スーパーやドラッグストアのPBを作ってる場合も多く、激安カップ麺の横綱的な存在。

先日は、激安カップ麺界のもう一方の横綱である大黒食品工業の大盛タイプの激安カップ焼そば、「ビック ソースやきそば」をレビューしました。こちらも超激安ですが、麺量が少ない分、今回の麺のスナオシの方が安価で売られている場合が多いです。
激安カップ焼そばの定番!大黒食品の「ビック ソースやきそば」食べてみた!

激安カップ焼そばの定番!大黒食品の「ビック ソースやきそば」食べてみた!

このページでは、大黒食品工業のカップ焼そば、「ビック ソースやきそば」を食べてレビューしていきます。「ビック ソースやきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、大黒食品工業の「ビック ソースやきそば」。超安価な価格設定で激安スーパーなどの店頭に並ぶカップ麺を製造する大黒食品の大盛カップ焼そばです。「マイフレンド」ブランドの「ビックシリーズ」大黒食品のカップ麺は大手メー...



内容物、価格、購入額など




別添袋はひとつ。カップには麺の他のキャベツが入っていました。

品名ソースやきそば
メーカー麺のスナオシ
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(焼そばソース・ふりかけ)
定価不明
取得価格税別88円(ドン・キホーテ)

「ビック ソースやきそば」食べてみた!



ソースの香ばしさが引き立つ粉末ソースは麺に絡みやすくエビ、揚げ玉入りのふりかけが好評を頂いております。


ソース




ソースは粉末のみで、酸味が強いタイプ。パンチの強い酸味とソースの香ばしさが大きな特徴で、先日食べた大黒食品の「ビック ソースやきそば」のスパイシーなソースとはまったく異なる味となっています。同じ粉末ソースでもこれだけ違うのかと驚きです。

粉末しか入っていないので、液体ソースとか、混ぜやすくする油脂が入っている商品と比べるとソースが混ぜても偏りますが、多少ダマにはなりにくい粉末のようで、粉末だけの割には混ぜやすかったです。






湯戻し時間3分の、中太で縮れのついた油揚げ麺。やや太めで弾力があり、酸味や香味のパンチが強いソースに対し、麺は弾力でバランスを取っていました。

麺量は72g。普通のカップ麺ならば良い量ですが、汁なしのカップ焼そばでは少ない麺量となっています。ただ、購入価格がこのご時世でも大きく100円を下回っており、少なくてもこの価格なら文句はないのではないでしょうか。





揚げ玉、乾燥エビ、ごま、あおさ、削り節、紅生姜が入ったふりかけ。揚げ玉の量が多く、この価格としては十分なボリュームが感じられます。また、あおさ、ごま紅生姜あたりも風味がよく、酸味の強いソース相手によく頑張っていました。エビはそれほど目立ってなかったかな。ソース焼そばなのにちょっとたぬきそばっぽい感じになるのが面白いですね。


オススメ度(標準は3です)


  • 麺のスナオシ 「ソースやきそば」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
酸味の強いソース、弾力ある麺、そして揚げ玉などボリュームのあるふりかけと、超安価品ながら尖ったところの多い一杯でした。麺量は少ないですが、これだけやってくれたら文句ないのではないでしょうか。酸味の強いソースと揚げ玉などのふりかけが妙に良いマッチングだったのも印象に残りました。

安価なカップ焼そばといえば、これは捨てがたい存在でしょう。販売地域にやや偏りがあるのが難点ですが、以前よりは全国で手に入るようになりました。



栄養成分表・原材料


1食86g(めん72g)あたり
エネルギー372kcal
たん白質6.2g
脂質13.2g
炭水化物57.7g
食塩相当量3.0g

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、ソース(砂糖、食塩、ソース粉末、香辛料、たん白加水分解物、チキンエキス、粉末酢、粉末野菜、植物油脂)、かやく(揚げ玉、混合削りぶし、ごま、青さ、紅生姜、エビ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)着色料(カラメル、クチナシ、パプリカ色素)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、酸味料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(トレハロース)、(一部に小麦・大豆・さば・えび・鶏肉・豚肉・ごまを含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加