このページでは、エースコックのカップ麺、「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 深コクカレーラーメン」を食べてレビューしていきます。



「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 深コクカレーラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 深コクカレーラーメン」。2023年7月31日発売の「CoCo壱番屋」シリーズの新商品です。先日レビュー済の「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば」と同時発売となっています。
必殺の「とび辛スパイス」炸裂!「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば」を実食レビュー

必殺の「とび辛スパイス」炸裂!「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば」を実食レビュー

このページでは、エースコックのカップ焼そば、「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば」を食べてレビューしていきます。「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば」。2023年7月31日発売の「CoCo壱番屋」シリーズの新商品です。「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 深コクカレーラーメン...




ココイチの「深コク」カップ麺


今回のココイチカップ麺は、「深コク」と題したビーフカレーのラーメンです。同時発売の「辛旨」が「とび辛スパイス」が売りだったのに対し、この商品はガーリックやフォンドボーを用いており、だいぶ毛色の異なる商品となっています。

2022年5月に発売された「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン」は、今回と特徴が被る商品でした。パッケージデザインも似ており、おそらくこの商品と同じか、これを元にブラッシュアップされた商品だと思われます。
「CoCo壱番屋監修」のカップ麺、「ビーフの旨み 黒カレーラーメン」と「スパイスの刺激 赤カレー焼そば」を実食レビュー

「CoCo壱番屋監修」のカップ麺、「ビーフの旨み 黒カレーラーメン」と「スパイスの刺激 赤カレー焼そば」を実食レビュー

このページでは、エースコックのカップ麺、 「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン」と「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば」を食べてレビューしていきます。「CoCo壱番屋監修 黒&赤」はどんな商品?今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン」と「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば」。2022年5月16日発売の、「CoCo壱番屋」シリーズ...



内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺とかやくが入っています。かやくは多くなさそう。



先入れの「粉末スープ」を麺の上に開けた状態。すでにカレーの香りが漂います。

品名CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 深コクカレーラーメン
メーカーエースコック
発売日2023年7月31日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(粉末スープ・ふりかけ)
定価税別271円
取得価格税別165円(イオン)

「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 深コクカレーラーメン」食べてみた!



大人気の「カレーハウスCoCo壱番屋」監修シリーズより、「深コク」な一杯が新登場!
ココイチ定番の濃厚ソース「ビーフ」が夏の食欲をそそる!
しっかりとした弾力と滑らかさを併せ持つ丸刃の太めんです。口の中で存在感のあるめんに仕上げました。
ポークベースに、ガーリックの旨みを加えたカレースープです。
後入れのふりかけを加えることで、フォン・ド・ボーの旨みと香りが広がる本格的な味わいに仕上げました。
肉そぼろ、人参、ねぎを加えて仕上げました。


スープ




とろみのついたカレー味のスープに、フォン・ド・ボーが香るふりかけを合わせ、中細油揚げ麺と肉そぼろなどの具が合わせられています。



とろみのついたカレー味のスープは、スパイシーでガーリックが香ります。とび辛スパイスを使うようなスパイシーさではないものの、しっかりスパイスが香るのはココイチらしさといえるでしょう。



ふりかけ




フォン・ド・ボーが香るふりかけを加えることで、一気にビーフカレー感が増します。個人的にはココイチといえばスパイスだと思っているので、フォン・ド・ボーとか言われてもあまりココイチとは結びつかないのですが、これはこれできちんとおいしいです。商品名の「深コク」通りに、ビーフカレーらしいコクがきちんと目立っていました。





湯戻し時間3分の、中太ストレートの油揚げ麺。以前の「ビーフの旨み 黒カレーラーメン」では、スープの味の傾向はよく似ていたものの、当時の麺はもっと太くて縮れが強かったので、今回だいぶ変化をつけてきました。今回の方が麺がスープを立てるので、相性が良くなっているように思います。

麺量は78gで以前と同じ。カップサイズなどは「スーパーカップ」シリーズと同じですが、スーパーカップ1.5倍の90gよりはだいぶ少ないので注意が必要です。それでイながら税別271円で以前より60円以上値上がりしていて、大盛商品と見紛う価格設定なのも注意が必要です。





肉そぼろ、ニンジン、ネギが入っています。全て細かい具で量も物足りないです。「ふりかけ」が入っているとはいえ、定価とはちょっと見合っていないように思います。



オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 深コクカレーラーメン」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
同時発売の辛旨焼そばに比べると特徴が多かったですが、定価271円で昨年の商品より60円以上値上がりしているのが引っかかります。値上げのご時世ですがその幅がちょっと大きすぎます。スーパー等で安価で買えること前提なら良いのですが、昨年と同じイオンで買いましたが、昨年より40円高かったです。

今回は足すとさらにおいしくなりそうです。



栄養成分表


1食94g(めん78g)あたり
エネルギー384kcal
∟めん・かやく∟323kcal
∟スープ∟61kcal
たん白質8.8g
脂質11.6g
炭水化物63.2g
∟糖質∟58.8g
∟食物繊維∟4.4g
食塩相当量5.7g
∟めん・かやく∟1.7g
∟スープ∟4.0g
ビタミンB10.53mg
ビタミンB20.43mg
カルシウム259mg

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(カレー粉、食塩、おからパウダー、香味調味料、ポークエキス、ガーリックパウダー、でん粉、砂糖、ビーフ調味料、乳化油脂、オニオンパウダー、フォンドボー調味料、たん白加水分解物、全卵粉)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、人参、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸Ca、カラメル色素、重曹、香料、かんすい、微粒二酸化ケイ素、甘味料(カンゾウ、スクラロース、アセスルファムK)、酸味料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加