このページでは、セブンのカレーの祭典で買えるサンヨー食品のカップ麺、「奥芝商店監修 海老だしスープカレー味ラーメン」を食べてレビューしていきます。



【セブン】カレーの祭典「奥芝商店監修 海老だしスープカレー味ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブン-イレブンの「カレーの祭典」で発売された商品、サンヨー食品の「奥芝商店監修 海老だしスープカレー味ラーメン」。2023年8月1日発売の新商品です。札幌のスープカレーの人気店、「奥芝商店」の味をカップ麺で再現したカップ麺となっています。



えびだしスープカレーの人気店「奥芝商店」


「奥芝商店」は、札幌のスープカレーの人気店。えびだしのスープが特徴となっており、札幌ではスープカレーは苦手でも奥芝商店は好きだという人が結構います。カレーのスパイス感とえびだしはお互いの威力を削いでしまいそうなイメージもありますが、きちんと両者を両立できています。

過去に1度カップ麺化されていますが、残念ながらブログでは未食でした。今回と同じくサンヨー食品製。


内容物、価格、購入額など




別添袋は1つ。カップには麺や粉末、かやく類が入っています。かやくの野菜が充実していそう。

品名奥芝商店監修 海老だしスープカレー味ラーメン
メーカーサンヨー食品(セブン限定)
発売日2023年8月1日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(液体スープ)
定価税別258円
取得価格税別258円(セブン-イレブン)

「奥芝商店監修 海老だしスープカレー味ラーメン」食べてみた




スープカレー発祥の地、札幌の行列店「奥芝商店」監修の下、濃厚な海老だしが特徴のスープカレーの味わいをアレンジしたラーメンです。


スパイスと海老が香るカレー味スープに、全粒粉入りの中細ストレート油揚げ麺と、フライドポテトや揚げなすなどの具が合わせられています。

スープ




チキンベースにスパイスと海老の風味を強く効かせたスープカレー味のスープです。辛いというよりはスパイシーで、スープカレーらしく強いスパイスが感じられました。一方で海老だしは、他の商品では持続性が乏しいことが多く、いつの間にか海老のだしに口が慣れてしまって途中から味がよくわからなくなることがほとんどですが、今回は最後まで続く上に、きちんと強いスパイスとやり合っていて力強いです。海老だしの強さに驚きで、このスープはかなりよくできているのではないでしょうか。

まずスパイスがガツンときて、海老だしの力強さも目立ちますが、後ろからぐっとクリーム的なコクが下支えしており、お店のスープの再現性がなかなか高いスープなのではないかと思いました。






湯戻し時間3分の、中細でストレート形状の油揚げ麺です。全粒粉が練り込まれています。スープカレー店全般に言えますが、薬膳とか野菜たくさんとか、ちょっと健康面で意識の高さを窺えることが多いので、全粒粉入りの麺というのは雰囲気的にスープカレー店とマッチしやすいのではないかと思います。

全粒粉入りを味の面で意識することはあまりないですが、中細麺はスープの味を立て、スパイスや海老だしの味を損ねていないのはとても良かったです。





皮つきポテト、かぼちゃ、揚げなす、赤ピーマンが入っています。この具はすごいですね。食べ応えある野菜類が揃っている上、ポテトやかぼちゃの食感がしっかり本物。揚げなすもスープカレーでも使われているようなジューシーな魅力がありました。

サンヨー食品のタテ型カップ麺は具がしょぼいことが多いですが、今回は味もボリュームも完璧です。


オススメ度(標準は3です)


  • サンヨー食品 「奥芝商店監修 海老だしスープカレー味ラーメン」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
スープカレーのスパイス感と海老だしの力強さをしっかり両立したとてもおいしいスープが印象的でした。海老だしは口が慣れてくる後半戦は消えてしまうことが多いですが、今回は最後まで濃厚です。また、スープだけではなく具の野菜類も素晴らしく、味、食感、そしてボリュームも完璧。思いのほか素晴らしい商品でびっくりしました。強くオススメしたいです。

超絶おいしい海老のお菓子。もう10年来のファンです。



栄養成分表


1食102g(めん70g)あたり
エネルギー455kcal
∟めん・かやく∟350kcal
∟スープ∟105kcal
たん白質8.0g
脂質19.3g
炭水化物62.2g
食塩相当量6.8g
∟めん・かやく∟2.4g
∟スープ∟4.4g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.33mg


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加