このページでは、エースコックのカップ焼そば、「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば」を食べてレビューしていきます。



「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば」。2023年7月31日発売の「CoCo壱番屋」シリーズの新商品です。「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 深コクカレーラーメン」と同時発売となっています。



ココイチの「辛旨」カップ焼そば


今回のココイチカップ焼そばは、「辛旨」と題されています。名物「とび辛スパイス」を用い、スパイスの刺激を前面に押し出した商品となっています。ココイチらしさがしっかり感じられそう。

ただ、昨年2022年5月に発売されていた「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば」が、今回とパッケージデザインが酷似しており、だいぶ近い商品の雰囲気があります。それだけならよくあることなのですが、このご時世下の影響もあり、当時より60円以上も値上げされています。さすがに値上げの流れ以上の高額化で、中身がだいぶ良くなっていなければ厳しいのではないでしょうか。しっかり食べていきたいと思います。
「CoCo壱番屋監修」のカップ麺、「ビーフの旨み 黒カレーラーメン」と「スパイスの刺激 赤カレー焼そば」を実食レビュー

「CoCo壱番屋監修」のカップ麺、「ビーフの旨み 黒カレーラーメン」と「スパイスの刺激 赤カレー焼そば」を実食レビュー

このページでは、エースコックのカップ麺、 「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン」と「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば」を食べてレビューしていきます。「CoCo壱番屋監修 黒&赤」はどんな商品?今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン」と「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば」。2022年5月16日発売の、「CoCo壱番屋」シリーズ...


内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。細かなかやくが入っっています。

品名CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば
メーカーエースコック
発売日2023年7月31日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(焼そばソース・かやく・スパイス)
定価税別271円
取得価格税別165円(イオン)

「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば」食べてみた!



大人気の「カレーハウスCoCo壱番屋」監修シリーズより、「辛旨」な一杯が新登場!
ココイチ秘伝の「とび辛スパイス」が夏の食欲をそそる!
適度な弾力と滑らかさのある丸刃のめんです。程よい味付けで最後まで飽きの来ないめんに仕上げました。
ポークをベースにガーリックを利かせたカレーソースです。
仕上げのスパイスで、「とび辛スパイス」の刺激的な辛さが食欲をそそる仕立てました。
大豆そぼろ、人参、ねぎを加えて仕上げました。


ソース




ほんのりニンニクが感じられるカレー味のソースです。「辛旨」とか「スパイスの刺激」とか書かれていますが、ソースはまったく辛くなく、刺激の少ないカレー味となっています。ココイチだとあまり辛くないカレーでもスパイス感ありますが、今回のソース単体ではココイチ感ゼロです。



とび辛スパイス




別添の「とび辛スパイス」。スパイスの香りが強く、ココイチの味らしさを奏でる重要な存在です。辛さは中辛程度で程々に、スパイスの重厚感を加えていました。さすが、この存在ひとつでメニューや商品が成立してしまう、一発飛び道具的なアイテムですが、今回の商品だと、売りがあまりにも「とび辛スパイス」オンリーで、他に何もない印象が残りました。





湯戻し時間3分の、中太程度で緩やかな縮れの油揚げ麺。特に大きな特徴はありませんが、合わせるとび辛スパイスを引き立てる麺となっており、ソースやスパイスとの相性は良好でした。

麺量は90gで普通盛。昨年出ていた「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば」と同じ量となっています。ソースやスパイス含めほぼ同じなのではないかと思います。





大豆そぼろ、ニンジン、ネギが入っています。ちょっとキーマカレーっぽいでしょうか。でも価格を考えるとちょっと貧弱です。




オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 辛旨カレー焼そば」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
おいしくないわけではなく、とび辛スパイスの魅力を十分に感じられるのは良かったですが、定価に比して売りが少なく、とび辛スパイスしかない印象の商品でした。昨年の「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば」とほぼ同じ商品でしたが、定価は60円も値上がりしており、さすがにコスパの悪さは否めませんでした。救いはスーパー等で買うと安価で買えることですが、それでも昨年と同じお店で買ったものの、今回取得価格が40円高かったです。

おぼろげながらリアルタイムで見ていた気が・・・懐かしい。やばい年齢バレるw



栄養成分表、原材料


1食119g(めん90g)あたり
エネルギー496kcal
たん白質10.0g
脂質20.2g
炭水化物70.0g
∟糖質∟67.0g
∟食物繊維∟3.0g
食塩相当量4.3g
ビタミンB10.50mg
ビタミンB20.50mg
カルシウム352mg

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、ウスターソース)、ソース(植物油脂、ウスターソース、たん白加水分解物、豚脂、ポークエキス、カレー粉、果糖ぶどう糖液糖、食塩、ガーリックペースト、乳化油脂、酵母エキス)、かやく(大豆加工品、ねぎ、人参)、スパイス(香辛料、カレー粉)/加工でん粉、ソルビット、調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸Ca、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、カラメル色素、甘味料(カンゾウ)、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加