このページでは、サンヨー食品のカップ焼そば、「赤から監修 赤から鍋味焼そば」を食べてレビューしていきます。



「赤から監修 赤から鍋味焼そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「赤から監修 赤から鍋味焼そば」。2023年7月31日発売の新商品です。名古屋名物「赤から」の「赤から鍋」の味を再現したカップ焼そばとなっています。



「赤5番」を再現したカップ焼そば


「赤から」といえば、「赤から鍋」でおなじみの愛知発祥の名物で、甲羅という会社が運営しています。全国に店舗展開しており、「世界の山ちゃん」や「スガキヤ」などとともに、名古屋の味を全国に広げています。

今回は「赤5番」という辛さが再現されていますが、だいたい「赤3番」が定番なので、それよりだいぶ辛いことになります。過去には赤5番の辛さを再現したカップ麺も出ていました。
寿がきや食品 「カップ赤からラーメン赤5番」

寿がきや食品 「カップ赤からラーメン赤5番」

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「カップ赤からラーメン赤5番」。「赤からカップ麺」シリーズの商品です。久々の赤からカップ麺、今回は5番ということで、いつもより辛い商品です。お店の赤から鍋は辛さが赤0番から赤10番まで選ぶことができ、人気はピリ辛レベルの赤3番だそうです。今回は赤5番なので中辛程度でしょうかね?今回の寿がきや食品はあの「辛辛魚」を出しているメーカーなので、そのうち赤10番でも商品化してもらい...

「赤から」のカップ麺といえば、いつもなら同じ愛知資本の寿がきや食品から出ています。その関係か強固で歴史は古く、現在でもレギュラー商品など数品が寿がきや食品のラインナップに並んでいます。でも今回はサンヨー食品。なぜなのでしょうか。おそらく寿がきや食品があまり力を入れていない汁なしカップ麺のみ、サンヨー食品が出す権利があるのかもしれませんね。



内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺のみ入っています。2袋のうち「かやく」は先入れです。

品名赤から監修 赤から鍋味焼そば
メーカーサンヨー食品
発売日2023年7月31日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体ソース・かやく)
定価税別276円
取得価格税込298円(ファミリーマート)

栄養成分表


1食130g(めん100g)あたり
エネルギー571kcal
たん白質11.8g
脂質24.7g
炭水化物75.2g
食塩相当量4.5g
ビタミンB10.30mg
ビタミンB20.33mg



最近のサンヨー食品は、通常価格帯のカップ焼そばは85g、高価格帯は100gにしているようです。100gも決して大盛ではありませんが。今回は100gで価格は税別276円です。


「赤から監修 赤から鍋味焼そば」食べてみた!



「赤から鍋 赤5番」の味わいをアレンジした焼そばです。
当社独自製法により、もっちりとした食感で、ボリューム感のある太めんに仕上げました。
ちぢれの少ないストレートめんです。
みそ、しょうゆのうまみに、ポーク、かつおのうまみ、ガーリックの風味が感じられる焼そばソースです。
はちみつの甘み、豆板醤、コチュジャンの辛みを加え、「赤から鍋」らしい味わいに仕上げました。
具材はキャベツ、鶏つみれ、唐辛子、ねぎの組み合わせです。
※赤5番は、11段階ある辛さの5番目の辛さです。




ソース




しょうゆやみそ味ベースに豆板醤やコチュジャンで辛味をつけ、ハチミツなどで甘みをつけた赤から風のスープです。「赤5番」だとかなり辛いのかと思いましたが、辛さは中辛~辛口程度でしょうか。激辛レベルでは決してなかったです。

そして、赤からといえばコチュジャンやハチミツなどでかなり甘いことですが、今回正直、赤からなのにあまり甘くありません。こんな甘くない赤からは初めてですね。あまり赤かららしいとは感じませんでした。寿がきやのカップ麺だとかなり赤かららしいんですけどね。汁なしだと再現するのが難しいのでしょうか。





湯戻し時間4分の、中太ストレート形状の油揚げ麺です。サンヨー食品のカップ焼そばでよく見るタイプの麺だと思われます。麺量は100gで、他社基準だと普通サイズですが、サンヨー食品の場合、高価格帯商品で100gの場合が多く、宣言はしていないものの実質的には100gで大盛扱いとなっています。






鶏つみれ、キャベツ、ネギ、唐辛子が入っています。特に、鶏つみれや唐辛子いった具が、今回の商品で最も赤から鍋らしい雰囲気が出ていました。赤から鍋ならばニラが入っているとさらに良かったかもしれませんね。価格に見合っているとは思いませんが、まずまずの具のボリュームがありました。


オススメ度(標準は3です)


  • サンヨー食品 「赤から監修 赤から鍋味焼そば」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
「赤5番」としては辛味が足りないように感じ、赤から鍋としては甘さも足りないと感じました。カップ焼そばで赤から鍋の味を再現するのはなかなか難しいのかもしれませんね。寿がきやのカップ麺に比べて再現性はそれほど高くないと感じました。そして高額商品なのも気になります。

赤からの派生商品も種類が多いですね。きゅうりのやつおいしそう。名古屋は味噌文化ですもんね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加