このページでは、セブン-イレブンのチルド麺、「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」を食べてレビューしていきます。



「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」はどんな商品?


今回は、セブンイレブンのチルド麺、「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」。2023年7月発売の新商品です。千葉・松戸にある豚骨魚介の名店、「中華蕎麦 とみ田」監修の冷しつけ麺です。毎年夏恒例の名物商品が今年も登場しました。



セブン毎年夏恒例の「とみ田 冷しつけ麺」


中華蕎麦 とみ田」は、千葉県松戸市にある豚骨魚介の名店。セブンプレミアムのカップ麺としてもおなじみで多くの商品が出ており、他にお弁当コーナーのレンジ麺やチルド麺、さらに冷凍麺でも度々登場しています。

2022年10月発売の「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介つけ麺」。「冷し」ではなく完全スタイルのつけ麺が発売され、衝撃を受けました。ただ700円超えはちょっと高かったですかね。
【セブン】「とみ田」のつけ麺がレンジ麺に!「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介つけ麺」を実食レビュー

【セブン】「とみ田」のつけ麺がレンジ麺に!「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介つけ麺」を実食レビュー

このページでは、セブン-イレブンのお弁当コーナーに並ぶレンジ麺、「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介つけ麺」を食べてレビューしていきます。「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介つけ麺」はどんな商品?今回は、セブンイレブンのお弁当コーナーに並ぶレンジ麺、「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介つけ麺」。2022年10月31発売の新商品です。千葉・松戸の豚骨魚介の名店、「中華蕎麦 とみ田」監修のお店の看板メ...

毎年夏恒例の「冷しつけ麺」。今回のレビューはこれの2023年バージョンです。個人的には最強のコンビニチルド麺だと思っています。
【セブン】夏のコンビニ最強つけ麺が今年も登場!「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」は高いけどおいしかった!

【セブン】夏のコンビニ最強つけ麺が今年も登場!「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」は高いけどおいしかった!

このページでは、セブン-イレブンのチルド麺、「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」を食べてレビューしていきます。「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」はどんな商品?今回は、セブンイレブンのお弁当コーナーに並ぶチルド麺、「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」。2022年7月発売の新商品です。千葉・松戸の豚骨魚介の名店、「中華蕎麦 とみ田」監修による、毎年夏シーズン恒例...



内容物、価格、購入額など




外装を外し、具の入ったトレーとスープの入ったおちょこを取り外した状態。別添袋は「スープ」と「麺用ほぐし水」の2つ。具は、2種のチャーシュー、味玉、ネギ、メンマ、そして味変辛味。

品名中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺
メーカーセブン-イレブン(製造会社は地域により異なる)
発売日2023年7月
麺種別チルド麺
かやく・スープ2袋(スープ・麺用ほぐし水)
定価税別690円
取得価格税別690円(セブン-イレブン)

栄養成分表、原材料


1食-g(めん-g)あたり
エネルギー843kcal
たん白質33.0g
脂質29.8g
炭水化物114.1g
∟糖質∟107.3g
∟食物繊維∟6.8g
食塩相当量6.6g



栄養成分、原材料とも、昨年発売されたものと僅かに変化がありました。ただ、具や別添袋の構成には変化がありません。果たして味は大きく違うのか違わないのか。ちなみに価格は昨年から50円程度値上げされています。


調理方法




調理方法は、麺をほぐし水でほぐす、スープを入れるおちょこに具を入れる、おちょこにスープを入れるくらいでしょうか。お湯を沸かしたりレンチンもないのでお手軽です。



ほぐし水で麺をほぐします。いつも思うのですが、麺のほぐれ方が異常なので、水以外になにかホグシーノ成分でも入ってるんじゃないですかね。びっくりするほどほぐれます。



指示された手順ではおちょこに具を入れるのですが、写真映えのために麺にのせました。おちょこにスープを入れて完成です。




スープ




削り節がたっぷり入ったとんこつしょうゆ味のスープです。しょうゆ味がしっかり強く、とんこつも太め。削り節がたくさん入っている濃厚スープで、ちょっと甘みがつけられているため後を引く味に仕上げられています。例年同じ味だと思いますが、今年も抜群にうまいですね。麺がすごかったり具が充実していたり色々魅力のある商品ですが、中でも個人的にはこのスープのおいしさこそが最大の魅力だと感じています。数ある豚骨魚介系のスープの中でも、この商品が最も濃厚ではないでしょうか。

口の中に引っかかってくる削り節が濃厚感をより強調しており、濃厚な味わいが立体的に感じられました。さすが高額商品なだけあります。


味変辛味




スープはそのままでも十分おいしいのですが、ある程度食べ進めたところで、味変アイテムの「味変辛味」をスープに溶かしていきます。唐辛子、花椒、ラー油などが入っていると思われます。溶かしてもほんのアクセント程度にしかなりませんが、ラー油の焙煎ごまの風味が特徴的でした。





小麦ふすまの練り込まれた褐色の極太麺。お店の全粒粉入り太麺を再現しています。麺量は明示されていませんが、大盛級の量が入っているものと思われます。太いのでひと口で口に入る量が多くてあっさり食べ切ってしまいますが、お腹に入ってからがずっしりきますね。

ものすごく太い麺ですが、スープもとんでもなく濃厚なので、麺とスープのバランスは良好。レンジ調理しないため麺のコシが強く保たれており、冷やし麺ならではの麺の強い食感を楽しめました。




チャーシュー2種




まずは2種のチャーシュー。低温調理のロースチャーシューと肩ロースチャーシューが入っています。どっちも大きいですが薄いですね。ロースチャーシュー2枚が1枚に変更になっていますが、肉量自体は同程度だと思われます。価格に見合うかはわかりませんが、量はカップ麺では考えられないレベルで多いです。

半熟味玉




味玉。完全にお店で出てきそうなレベルの半熟具合です。ちょっと濃いめの味もラーメン屋っぽくて良いですね。100個食べられます。

メンマとネギ




太いメンマ2本とネギ。メンマは昨年に引き続いてお店と同じ味付けのものが使われているそうです。やや甘めで、太い割にやわらかくておいしいです。コリコリではなくやわらかいタイプでした。



スープにごはん投入!




毎年やっている気がしますが、スープがあまりにおいしいのでごはん入れてしまいました。濃いのですがすべて平らげてしまいます。ちょっと甘いのが良くないんですよね。食欲がそそられて。参りました。毎年食べ過ぎです。


オススメ度(標準は3です)


  • セブン-イレブン 「中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
コンビニごはんで税込700円超えの価格設定がありなのかはかなり悩みどころですが、個人的には下手なお店で食べるよりおいしいつけ麺だと思うので、高いのは嫌ですがそれでもありだと判断しました。700円超えかーきちーなー。たぶんこの夏もう1回くらい食べますが。

この価格ならシャアザクを量産型にできそう。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加