このページでは、東洋水産のカップ焼そば、「マルちゃん 昔ながらのソース焼そば」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん 昔ながらのソース焼そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 昔ながらのソース焼そば」。2022年2月7日にリニューアル発売された、「昔ながらのソース焼そば」シリーズの商品です。



東洋水産の定番ノーマル焼そば


東洋水産のカップ焼そばといえば、北海道のソウルフード「やきそば弁当」や、東北の「焼そばバゴォーン」があり、塩焼そばとしては「俺の塩」が王者として君臨しています。全国区のソース焼そばとして今回の「昔ながらのソース焼そば」がありますが、「ペヤング」や「UFO」、「一平ちゃん夜店の焼そば」あたりと比べるとマイナー感は否めません。

そんな危機感からか?2022年2月のリニューアルで、液体ソースと粉末ソースをWで使うという、もっと高い価格帯でないとやらないようなリッチなソースを使用し、さらに、「やき弁」や「バゴォーン」と同じくスープを別添するようになりました。かなりの変化ですよね。リニューアルから1年以上経ってしまいましたが、今さらながら食べてみたいと思います。

リニューアル以前の「昔ながらのソース焼そば」を、「やき弁」や「バゴォーン」と比較しています。
東洋水産のカップ焼そば「やきそば弁当」「焼そばバゴォーン」「昔ながらのソース焼そば」を食べ比べ!

東洋水産のカップ焼そば「やきそば弁当」「焼そばバゴォーン」「昔ながらのソース焼そば」を食べ比べ!

東洋水産の「やきそば弁当」「焼そばバゴォーン」「昔ながらのソース焼そば」を食べ比べ今回は、東洋水産が誇るカップ焼そば3種を食べ比べます。3種というのは、北海道限定の「マルちゃん やきそば弁当」、東北・信越地区限定の「マルちゃん 焼そばバゴォーン」、そして全国発売の「マルちゃん 昔ながらのソース焼そば」です。3種ともに普通サイズのカップ焼そばで、定価税別180円。また、同じようなCMが放映されており、いわば...



内容物、価格、購入額など




別添袋は4つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。キャベツのみ入っていました。



「特製カップスープ」の粉末を別容器に開けた状態。中華スープですが、「やき弁」のものとは別物のようです。

品名マルちゃん 昔ながらのソース焼そば
メーカー東洋水産
発売日2022年2月7日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ4袋(液体ソース・粉末ソース+ふりかけ・かやく・特製カップスープ)
定価税別236円
取得価格税別188円(イオン)

「マルちゃん 昔ながらのソース焼そば」食べてみた!



なめらかでもちもちとした麺に、コクのある液体ソースとスパイス香る粉末ソースで仕上げたソース焼そば。


中華スープ付き




戻し湯で作る中華スープ付きです。中華スープは「やきそば弁当」にも入っていますが、それに比べると塩気がやさしく、ごまの風味なども感じられます。「やき弁」はソースの塩気がおとなしい分、スープを一緒に飲むことで補完している感じがします。スープ単体なら今回の方が穏やかで飲みやすい味ではないでしょうか。


ソース




スパイス感や甘みのある粉末ソースと、油脂でこってり感のある液体ソースを合わせ、全方向に欠点を潰したソースとなっています。このソース、ペヤングやUFOなど同価格帯のライバルと比べても厚みのある味となっており、ソースだけなら一番完成度が高いと思います。原価も一番かかっていそうな感じがしました。

一度でも食べさせることに成功したら、他のブランドの固定ファンをバリバリ引き剥がしていきそうなソースだと思います。問題はその一度振り向かせるのをできるかどうかで、カップ焼そばの固定ファンって他ブランドに見向きもしない人が結構多そうですよね。






湯戻し時間3分の、中細で縮れのついた油揚げ麺。あまり太くない割にもちもちした食感で、Wソースに対して食感できちんと主張できており、麺とソースのバランスは良好です。麺量は90gでペヤングと同じ。UFOや一平ちゃんのレギュラー商品よりは10g少ないです。


ふりかけ




あおさと紅生姜のふりかけ。特に奇をてらっておらず、香ばしさがWソースとよくマッチしています。マヨネーズとかスパイスではなく、あおさと紅生姜というところが「昔ながら」の由縁かもしれませんね。


キャベツ




具はキャベツのみ。UFOやペヤングには肉が入っていますが、この商品や一平ちゃんには入っていません。その分、今回はWソースやスープに、一平ちゃんはマヨネーズにコストを割いていると考えると、各社方向性が違っていて面白いですね。



オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん 昔ながらのソース焼そば」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
大手メーカーのノーマルカップ焼そばの中では、Wソースでコストを最もソースに割いており、真っ当においしい一杯でした。スープが付いていてお得感もあります。麺量が90gで、肉が入っていないところが弱いですが、Wソースの価値は他社に勝る強調点ではないでしょうか。

もっと安い価格帯ですが、これもおいしいですよね。粉末ソースの魅力が感じられます。



栄養成分表、原材料


1食116g(めん90g)あたり
エネルギー506kcal
たん白質8.4g
脂質21.1g
炭水化物70.5g
食塩相当量5.5g
∟中華スープ∟1.6g
ビタミンB10.34mg
ビタミンB20.37mg
カルシウム197mg

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、食塩、でん粉、香辛料、粉末野菜、卵白)、ソース及びふりかけ(植物油、砂糖、ソース、食塩、ラード、デキストリン、酵母エキス、香辛料、魚醤、あおさ、しょうゆ、ポークエキス、紅生姜)、かやく(キャベツ)、中華スープ(食塩、デキストリン、チキンエキス、砂糖、しょうゆ、ごま、ねぎ、香辛料、香味油脂)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、レシチン、かんすい、酒精、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、増粘多糖類、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、酸味料、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加