このページでは、エースコックのカップ焼そば、「スーパーカップ 千房監修 濃い旨ソース焼そば」を食べてレビューしていきます。



「スーパーカップ 千房監修 濃い旨ソース焼そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ 千房監修 濃い旨ソース焼そば」。2023年7月3日発売の「スーパーカップ」シリーズの新商品です。大阪・千日前に本店があり、全国に展開するお好み焼き専門店、「千房」監修のカップ焼そばとなっています。



「千房」50周年✕「スーパーカップ」35周年


「千房」は、大阪・千日前に本店があり、全国に店舗展開するお好み焼き専門店。「スーパーカップ」シリーズで名店の味を再現した商品は珍しいですが、今回50周年を迎えた「千房」は45周年時にも「スーパーカップ」とタッグを組んでカップ焼そばを出しており、今回で2度目となります。ちなみにスーパーカップは35周年、前回発売時は30周年でした。

前回は、2018年12月に「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」という商品が出ていました。今回と違い「荒節おどる」商品でしたが、今回は「特製紅しょうがマヨ」が売りとなっているようです。パッケージには前回は本店のある「千日前」と書かれていましたが、今回は「道頓堀」と書かれており、近いとはいえ別の地名が書かれています。「紅しょうが入り特製マヨソース」は「千房」の中でもハイクラス店舗でしか供されておらず、千日前の本店はハイクラス店舗ではないからのようです。道頓堀にはハイクラスの上の「エレガンスクラス」のお店があります。
大阪「千房」の甘い焼そばをカップ麺で再現!「スーパーカップ 千房 荒節おどるソース焼そば」

大阪「千房」の甘い焼そばをカップ麺で再現!「スーパーカップ 千房 荒節おどるソース焼そば」

このページでは、エースコックのカップ焼そば、「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」を食べてレビューしていきます。「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」。2018年12月3日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。「スーパーカップ」シリーズのカップ麺...



内容物、価格、購入額など




別添袋は4つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。キャベツのみが入っていました。

品名スーパーカップ 千房監修 濃い旨ソース焼そば
メーカーエースコック
発売日2023年7月3日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ4袋(焼そばソース・かやく・特製ペースト・ふりかけ)
定価税別288円
取得価格税別258円(西友)

栄養成分表、原材料


1食155g(めん120g)あたり
エネルギー444kcal
たん白質8.8g
脂質17.2g
炭水化物63.4g
食塩相当量4.0g
ビタミンB10.41mg
ビタミンB20.50mg
カルシウム304mg

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、ソース(濃厚ソース、砂糖、植物油脂、発酵調味料、豚脂、食塩、ポーク調味料、しょうゆ加工品、魚介エキス、カツオ調味料、香味調味料、香味油)、特製ペースト(半固体状ドレッシング、紅しょうが、果糖ぶどう糖液糖、還元水飴、醸造酢、食塩、植物油脂、全卵粉、酵母エキス、でん粉)、かやく(キャベツ)、ふりかけ(カツオブシ、あおさ)/加工でん粉、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、かんすい、乳化剤、甘味料(カンゾウ、スクラロース、アセスルファムK)、酸味料、香料、野菜色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

麺量は120g。最近は大盛カップ麺でも130gではなく120gのものも多くなってきましたが、大盛カップ麺のパイオニアである「スーパーカップ」は今回、120gで「大盛り」とは名乗っていません。前回発売時は130gで「大盛り」と書かれていました。「大盛り」へのこだわりは素晴らしいですが、スーパーカップといえば大盛のイメージが強いので、願わくば130gを維持する方向でこだわって欲しかったですかね。もちろんこのご時世で大変なのでしょうけどね。スーパーカップはレギュラー商品のカップ焼そばも「大盛り」の看板をおろし、「スーパーカップ汁なし」と名乗っています。


「スーパーカップ 千房監修 濃い旨ソース焼そば」食べてみた!



発売35周年「スーパーカップ」×創業50周年お好み焼の専門店「千房」がコラボ!
“紅しょうが(甘酢風味)入りの特製マヨソース”が味の決め手!
しっかりとしたコシと弾力のある太めんです。程良く味付けし最後まで飽きのこないめんに仕上げました。
ポーク・カツオのコクを加えた焼そばソースです。
鰹節の風味や旨みが楽しめるふりかけ、マヨソースのまろやかさに紅しょうがをアクセントにした特製ペーストで仕上げるクセになる味わいです。
シャキシャキとした食感の良いキャベツ、風味の良いあおさを加えて仕上げました。




ソース




豚や豚脂にかつおを効かせた甘くてとろみのついた濃厚ソースで、お好み焼きのソースをイメージしているものと思われます。オタフクソースほどには甘くなく、それでもカップ焼そばとしてはかなり甘い味で後を引きます。お好み焼きソースの味なので当然ですが、マヨネーズや魚粉とも相性抜群なんですよね。

ふりかけ




別添「ふりかけ」には、かつお節とあおさのふりかけが入っています。ソースにもかつお節の香りが感じられますが、かつおがより強く感じられるのはふりかけで、ソースとふりかけの組み合わせによって臨場感のあるかつおの風味となっていました。お好み焼きっぽさも加えており効果的です。



特製ペースト




「特製ペースト」には、甘酢風味の紅しょうがマヨが入っています。今回の商品の肝になる部分ですが、このマヨネーズとてもおいしいです。この前も書きましたが、私オサーンは生姜があまり得意ではないのですが、今回は甘酢が紅生姜の辛味を穏やかにし、刺さらない爽やかな香りが感じられるマヨネーズとなっています。

マヨネーズは甘いソースと好相性で、こんなの不味くなるわけがないですよね。丸みのある紅生姜の風味が甘いソースやかつお節と連動し、お好み焼き店の焼そばらしさに繋がっていました。先日の「岩下の新生姜味焼そば」もそうでしたが、私のような生姜が苦手な人でもおいしく感じられる味作りで、生姜の使い方がとても上手だと思います。





湯戻し時間5分の、太くて縮れの強い油揚げ麺。「スーパーカップ」の他のカップ焼そばで使われている麺よりも太くてガッシリしており、濃厚なソースやマヨネーズを受け止めることができています。麺とソース・マヨとのバランスは良好でした。

麺量は120g。最近の「スーパーカップ」の焼そばはどんぶり型で90gの麺量となっており、汁なしカップ麺基準では大盛どころか普通のちょっと少なめの量となってしまっています。それに比べると120gが十分大盛に値しますが、これまでの大盛量だった130gではないので、大盛は名乗っていないようです。パッケージのスーパーカップのロゴの下部分の赤いところが空欄のようになってしまっており、ちょっと寂しい感じがします。





具はキャベツのみ。ふりかけが具のような存在で、マヨネーズも入っているので、別段具が不足している印象は受けませんでした。ソースやマヨが濃厚なので、キャベツは清涼剤的な役割を果たしています。


オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「スーパーカップ 千房監修 濃い旨ソース焼そば」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
定価税別288円はかなり高額ですが、甘濃いソースと甘酢風味の紅しょうがマヨの相性が素晴らしく、おいしい一杯でした。以前の「荒節おどるソース焼そば」もおいしかったですが、今回のソースとマヨの組み合わせの方が満足感が大きいと判断しました。おいしかったです。

Switchで1からできるのは良いですね。とは言っても発売日が新作の4よりだいぶ後ですけどね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加