このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を食べてレビューしていきます。



セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2023年7月3日発売の新商品です。セブンの大定番激辛カップ麺「蒙古タンメン中本」の中でも最強に辛くて毎年夏に発売される「北極ラーメン」が今年も登場です。



「中本」の夏の激辛「北極ラーメン」


蒙古タンメン 中本」は、東京・上板橋に本店があり、テレビなどメディア媒体での露出も多い激辛ラーメンの人気店。お店の激辛メニューの中でも、初見で食べるのはオススメされていない最強の激辛メニューが「北極ラーメン」で、お店の人気メニューであるとともに、セブンのカップ麺でも毎年夏に発売される激辛カップ麺の代名詞として知られています。

昨年2022年7月に発売されていた「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。最近は毎年、パッケージデザインも中身も同じなのが続いていましたが、今年はパッケージデザインが異なっており、中身の変化も期待できるかもしれません。果たしてどうでしょうか。
【セブン】夏の大定番&激辛の殿堂!「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」が今年も登場!食べてみた!

【セブン】夏の大定番&激辛の殿堂!「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」が今年も登場!食べてみた!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を食べてレビューしていきます。「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2022年7月4日に発売された新商品です。セブン定番の「蒙古タンメン中本」カップ麺のうち、毎年夏恒例の激辛商品です。夏の風物詩「中...




内容物、価格、購入額など




別添袋は1つ。昨年は黒い袋でしたが、今年は赤い袋で、やはり昨年とは違っていそう。カップには麺や粉末、かやくが入っていますが、昨年と違いはあまりなさそうです。

品名蒙古タンメン中本 北極ラーメン
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2023年7月3日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(極辛オイル)
定価税込237円
取得価格税込237円(セブン-イレブン)

栄養成分表、原材料


1食117g(めん85g)あたり
エネルギー552kcal
∟めん・かやく∟435kcal
∟スープ∟117kcal
たん白質12.5g
脂質26.7g
炭水化物67.4g
∟糖質∟63.5g
∟食物繊維∟3.9g
食塩相当量6.8g
∟めん・かやく∟2.5g
∟スープ∟4.3g
ビタミンB10.96mg
ビタミンB20.38mg
カルシウム172mg



パッケージや別添小袋のデザインは昨年と異なっていますが、栄養成分はまったく同じ、原材料も添加物の一部を除いて同じでした。おそらく中身に違いはほぼないものと思われます。もう何年も変化なしです。


セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」食べてみた!




「辛さの中に旨みあり!辛旨ラーメン日本一!」を標榜する「蒙古タンメン中本」の店舗でも大人気の激辛メニュー「北極ラーメン」が今年も待望の再発売。味噌ベースの濃厚な激辛スープが太麺と絡まり食欲を刺激します!





スープ


激辛のとんこつベースのみそ味スープにニンニクやすりごまの風味を効かせています。北極の登場時は他の追随を許さないレベルで辛かったですが、現在はペヤングや韓国のカップ麺など、さらなる激辛カップ麺も多くなり、ぶっちぎりで辛いという存在ではなくなりました。

しかしその魅力は失われるわけではなく、「北極ラーメン」の真骨頂はお店のキャッチコピーにもなっている「辛さの中に旨みあり」で、激辛でありながら、ニンニクを始めとして他にも売りにできる部分があり、辛味と旨味が相乗効果でお互いを引き立ています。もう何年も同じ味ですが、まったく色褪せないですね。

極辛オイル




粉末には粗挽きの唐辛子が入っていて香ばしい風味が特徴的なのに対し、別添の「極辛オイル」は凄みのある赤黒い色味と、ちょっと舐めただけでも激痛が走るレベルの激辛となっています。「北極ラーメン」の激辛の源泉。別添油脂はスープ表面に浮かせたまま食べる方がおいしいことが多いですが、「北極」に関してはこれでもかと混ぜ合わせる方が安全です。





湯戻し時間5分の中太ストレートの油揚げ麺。ニンニクが練り込まれており、スープのニンニクをさらに増幅させています。「北極」のニンニクの力強さには、麺の貢献も大きいのではないでしょうか。麺量は85gで、一般低名宛形カップの大盛麺量より5g多くなっています。「蒙古タンメン中本」カップ麺の共通の特徴で、辛味と旨味に加えて大盛まで揃えて大三元成立ツモっています。






大豆チャーシューチップ、もやし、フライドガーリック、ネギ、唐辛子が入っています。フライドガーリックや唐辛子は食感も十分感じられますが、どちらかというとスープへの貢献が大きいパーツでした。大豆チャーシューチップは本物の肉ほどの肉感はなく、もやしも量は少なめ。

中本レギュラーの「辛旨味噌」は豆腐など具が充実しているのに対し、「北極」の具はスープで力尽きているのが唯一のウィークポイントです。スープが凄すぎてあまり弱みにも感じないんですけどね。


オススメ度(標準は3です)


  • セブンプレミアム 「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」
★★★★★★★☆☆☆(7)
パッケージデザインが変更になりましたが、例年とまったく同じ中身だったのは少し残念ですが、引き続き激辛と旨味を両立した完成度の高い一杯で、激辛カップ麺の代名詞たるに十分な存在でした。刷り込まれている部分もあるのかもしれませんが、何年立っても色褪せない商品です。

デザインの簡素さが逆に恐怖を煽っている気がしますが、30辛ってどれほど辛いのでしょうか。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加