このページでは、日清食品のカップ焼そば、「日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば」を食べてレビューしていきます。



「日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば」。2023年6月19日発売の、「日清焼そばUFO」シリーズの新商品です。ハワイ名物「ガーリックシュリンプ」の味をカップ焼そばで再現した商品となっています。


ハワイ名物「ガーリックシュリンプ」の味を再現


今回の「UFO焼そば」は、ハワイ名物のガーリックシュリンプ味。ガーリックシュリンプのキャラクターと思われるイラストが描かれていますが、最初見た時はなにかアニメとのタイアップなのかと思ってしまいました。秀逸すぎるというか、パッケージデザインにお金かけ過ぎじゃないですか?w ポケモンに出てきそうですね。ロケット団でムサシかコジロウのポケモンとして現れても驚きません。

カップ麺では比較的よく「ガーリックシュリンプ」味のカップ焼そばは登場しますが、ガーリックが強いのに対してシュリンプが弱いイメージがありますが、今回は「バター醤油」要素まで加わるようで、果たしてエビはどこまで頑張っているのでしょうか。

ペヤングからもガーリックシュリンプ味が出ていたことがあります。2023年1月発売の「ペヤング ガーリックシュリンプ味やきそば」。
ペヤングと高校生とのコラボ商品!「ペヤング ガーリックシュリンプ味やきそば」を実食レビュー

ペヤングと高校生とのコラボ商品!「ペヤング ガーリックシュリンプ味やきそば」を実食レビュー

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング ガーリックシュリンプ味やきそば」を食べてレビューしていきます。「ペヤング ガーリックシュリンプ味やきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング ガーリックシュリンプ味やきそば」。2023年1月16日発売の商品です。2023年のペヤング幕開けの商品となっています。伊豆大島にある東京都立大島高校とペヤングのコラボ商品となっ...



内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺の他にキャベツが入っていました。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。小ぶりなエビが入っています。

品名日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば
メーカー日清食品
発売日2023年6月19日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体ソース・かやく)
定価税別285円
取得価格税込307円(ファミリーマート)

栄養成分表、原材料


1食164g(めん120g)あたり
エネルギー739kcal
たん白質11.5g
脂質31.3g
炭水化物102.9g
食塩相当量6.7g
ビタミンB10.53mg
ビタミンB20.79mg
カルシウム214mg

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料)、ソース(植物油脂、しょうゆ、糖類、香辛料(にんにく)、たん白加水分解物、食塩、魚介調味料、香味油、えび調味油、えび粉末、酵母エキス、バターオイル)、かやく(キャベツ、味付えび)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、酒精、炭酸Ca、増粘剤(加工でん粉)、かんすい、カラメル色素、酸味料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、炭酸Mg、ビタミンB1、カロチノイド色素、(一部にえび・小麦・乳成分・ごま・大豆・豚肉を含む)

麺量は120g。


「日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば」食べてみた!



夏を感じるハワイアンな「U.F.O.」が登場!
バター醤油にガーリックをたっぷりと加えた濃厚な味わいのソースは、エビのうまみや焼いた殻の香ばしい風味が特長で、一口食べればやみつきになること間違いなしのおいしさです。




ソース




「ガーリックシュリンプ味」ですが、ベースとなっているのはバターしょうゆ味で、ガーリックは控えめ。原材料を見ると「えび調味油」や「えび粉末」が入っているエビの風味が、いつものカップ麺の「ガーリックシュリンプ」味よりも強く感じられました。特に焼いた殻の香ばしさが鼻に抜けていきます。

おそらく、ガーリックが強すぎるのでいつもならエビが相対的に弱く感じられるのが、今回はベースをバターしょうゆ味にすることで、うまくガーリックとシュリンプを両立させていました。これはガーリックシュリンプ味を成立させるうまいやり方なのではないでしょうか。





湯戻し時間5分の、中太でストレート形状の油揚げ麺。大盛UFOのスポット商品は太麺なことが多いですが、今回は比較的おとなしい太さで、おそらく通常UFOの麺と同じタイプではないかと思います。ベースをバターしょうゆ味にするとともに、麺を太くしなかったことが、ガーリックとシュリンプを両活かしにできた要因なっていそうです。

麺量は130gで大盛サイズ。大盛商品は120gのものも多くなってきていますが、今回の商品はこれまでの通り130gです。
麺量は120gでした。申し訳ありません。






エビとキャベツが入っています。エビはカップヌードルに入っているものに比べて小さく、一昔前のカップヌードルのエビという感じですが、スースのエビの味に説得力を持たせる存在でした。キャベツはそれほど多くなく、具の全体量も麺量比でだいぶ少なめです。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
カップ焼そばでよく見るガーリックシュリンプ味ですが、今回はベースの味をバターしょうゆ味にすることでガーリックのパンチを抑え、ガーリックとシュリンプの両方の味がしっかり感じられる一杯でした。がツンとくるガーリックシュリンプ味とは違いますが、総合力の高いソースではないでしょうか。

夏といえばハワイアンかキーマカレーですよね!このキーマカレー見たことないですが気になります。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加