このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 正麺 カップ 濃ニボ ちょい辛」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん 正麺 カップ 濃ニボ ちょい辛」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 正麺 カップ 濃ニボ ちょい辛」。2023年6月12日発売の、「マルちゃん 正麺カップ」シリーズの新商品です。4回目の「濃ニボ」ですが、今回は「ちょい辛」になっての登場です。



「濃ニボ」が「ちょい辛」に


毎年この時期に発売されている「正麺カップ」の「濃いニボ」。煮干しを効かせたとんこつしょうゆ味のスープに背脂を合わせているのが特徴で、これまでに3回発売されてきました。昨年2022年は5月に発売されています。
3回目の「濃ニボ」登場!スープも麺もリニューアル!「マルちゃん正麺 カップ 濃ニボ」を実食レビュー

3回目の「濃ニボ」登場!スープも麺もリニューアル!「マルちゃん正麺 カップ 濃ニボ」を実食レビュー

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん正麺 カップ 濃ニボ」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん正麺 カップ 濃ニボ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ 濃ニボ」。2022年5月30日発売の、「マルちゃん 正麺カップ」シリーズの新商品です。毎年発売されている「濃ニボ」が今年も登場です。「正麺カップ」の新商品「マルちゃん 正麺カップ...

今回は煮干しと背脂のスープに「ちょい辛」要素を加えています。激辛でも大辛でなく「ちょい辛」というところが重要なのかもしれません。果たしてどんな一杯なのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は4つ。カップには麺のみ。「ちょい辛」でも袋の構成は例年と同じです。



先入れの「かやく」2袋を麺の上に開けた状態。チャーシューやネギの入った袋と、背脂加工品やメンマの入った袋の2つで、これも例年と同じです。

品名マルちゃん 正麺 カップ 濃ニボ ちょい辛
メーカー東洋水産
発売日2022年6月12日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ4袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく2袋)
定価税別333円
取得価格税込359円(ファミリーマート)

栄養成分表、原材料


1食124g(めん70g)あたり
エネルギー421kcal
∟めん・かやく∟289kcal
∟スープ∟132kcal
たん白質14.4g
脂質13.0g
炭水化物61.7g
食塩相当量6.9g
∟めん・かやく∟2.4g
∟スープ∟4.5g
ビタミンB10.32mg
ビタミンB20.36mg
カルシウム248mg

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、植物性たん白、こんにゃく、大豆食物繊維、植物油脂、乳糖)、添付調味料(煮干しエキス、しょうゆ、香味油脂、植物油、ポークエキス、乳糖、粉末煮干し、こんぶエキス、香辛料、豚脂、食塩、たん白加水分解物、砂糖)、かやく(背脂加工品、焼豚、メンマ、ねぎ)/調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、加工でん粉、酒精、カラメル色素、かんすい、炭酸カルシウム、レシチン、パプリカ色素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)


昨年より定価がなんと60円近くアップしてます。他商品の値上げ幅よりだいぶ大きいですが、中身が良くなっていたりはするのでしょうか。あまりの値上げに不安になってしまいます。


「マルちゃん 正麺 カップ 濃ニボ ちょい辛」食べてみた!



生麺のようななめらかさと歯切れのよい麺に、背脂のコクと煮干しを利かせた濃厚煮干しちょい辛スープ 。




スープ




とんこつベースのスープに煮干しをしっかり効かせ、唐辛子で「ちょい辛」の辛味を加えたしょうゆ味のスープです。正麺カップの麺としてはやや低加水食感で歯切れの良いノンフライ麺と、チャーシュー、背脂加工品、メンマ、ネギなどが合わせられています。



とんこつしょうゆ味のスープにガッツリ煮干しを効かせ、唐辛子の辛味も加えています。辛さは「ちょい辛」通りにピリ辛未満程度ですが、以前よりもスープの濃厚感が増しており、スープのとろみに加え、煮干しの風味もパワーアップしているように感じました。

本当に煮干しがパワーアップしているのか、辛味を加えたことで煮干しが強く感じられるようになったのかはわかりませんでしたが、煮干しの迫力が増しているのは好感が持てました。辛味自体はたいしたことないですが、辛味を加えたことでとんこつも煮干しもさらに活きた印象です。





湯戻し時間5分の、中太でストレート形状のノンフライ麺。角麺形状で、多加水麺食感でおなじみの正麺カップとしては歯切れがよくて多少低加水麺寄りの麺となっています。「飯田商店」や「蔦」のカップ麺で使われている麺と同タイプと思われます。ゴリゴリの多加水麺食感よりは今回の麺のほうが煮干しとの相性がよく、麺とスープのバランスはよく取れていました。

スープにとろみがついているため、麺にスープが良く絡んで一体感が生まれています。






かやくとして入っている背脂加工品、チャーシュー、メンマ、ネギが入っています。チャーシュー、メンマ、ネギは汎用品ですが、何と言っても背脂加工品が特徴的。量は前回までと同じくらい入っているようです。

ただ、今回「ちょい辛」になった影響か、以前ほど背脂の風味は目立っておらず、以前よりも煮干し感だけが目立っているように感じました。「ちょい辛」にしたことでスープに色々な影響を及ぼしているようです。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん 正麺 カップ 濃ニボ ちょい辛」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
4回目の「濃ニボ」は「ちょい辛」になりましたが、辛さこそピリ辛以下なものの、煮干しを中心にスープの濃厚感が増した印象で、一方で背脂の相対的地位が弱まったように感じました。今回、約60円の値上げでビビりましたが、煮干しの濃厚感を考えると価格を考慮してもプラス部分が多いように思います。

東洋水産は煮干しに力を入れている印象が強いです。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加