このページでは、セブンで手に入れられる東洋水産のカップ麺、「気むずかし家 濃厚鶏白湯ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「気むずかし家 濃厚鶏白湯ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「気むずかし家 濃厚鶏白湯ラーメン」。2023年5月30日発売の新商品です。長野にある人気ラーメン店、「気むずかし家」の味を再現したカップ麺となっています。



「飯田商店」の以前あったメニューがカップ麺化


気むずかし家」は、長野にある人気ラーメン店。家系ラーメンかと思いきや、売りは鶏白湯スープで、むしろ「気む二郎」という二郎インスパイアのメニューがあります。

昨年もセブン限定で「気むずかし家」のカップ麺が出ていましたが、残念ながら未レポ。それ以前には、「気むずかし家」と他店のコラボカップ麺がいくつか出ていたことがありました。
東洋水産 「マルちゃん 気むずかし家×ラーメン凪 濃厚鶏ニボ」

東洋水産 「マルちゃん 気むずかし家×ラーメン凪 濃厚鶏ニボ」

どうもオサーンです。ミラン本田選手がついに本拠地デビューしましたね!ガッツリ試合見てましたが、自分が思ってる以上にすごかったです。私はイタリア代表が好きで、モントリーヴォ選手はピルロ選手の後継者として雲の上の存在みたいな感じで見ているんですが、守備のできるピルロみたいな、いやー本田選手ガッチリ連携してましたね。かなり相性良さそう。決定的なパス出すし左右に散らすし、贔屓目に見なくてもこの試合は本田選...

「夢のWコラボ」第10弾!「マルちゃん 博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨」

「夢のWコラボ」第10弾!「マルちゃん 博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨」

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨」を食べてレビューしていきます。「博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨」。2019年1月7日発売の新商品で、「夢のWコラボ」シリーズ第10弾商品とのこと。福岡県福岡市のラーメン...



内容物、価格、購入額など




別添袋はひとつ。カップには麺の他にスープ粉末やかやくが入っています。粉末多いですね。

品名気むずかし家 濃厚鶏白湯ラーメン
メーカー東洋水産>(セブン限定)
発売日2023年5月30日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製スープ)
定価税別228円
取得価格税別228円(セブン-イレブン)


栄養成分表


1食101g(めん70g)あたり
エネルギー463kcal
 ∟めん・かやく∟349kcal
 ∟スープ∟114kcal
たん白質14.3g
脂質22.9g
炭水化物49.9g
食塩相当量6.4g
 ∟めん・かやく∟2.0g
 ∟スープ∟4.4g
ビタミンB10.38mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム222mg



原材料のスープは鶏成分のワンツー。濃厚な鶏白湯が期待できそうです。


セブン限定「気むずかし家 濃厚鶏白湯ラーメン」食べてみた!




鶏油を浮かせた濃厚な鶏白湯スープに、中太の油揚げ麺と、2種の鶏肉などの具が合わせられています。



スープ




鶏油を浮かせ甘みを伴った濃厚な鶏白湯スープ。鶏白湯魚介の有名店「麺屋一燈」ほどではないですが、後味でほのかに魚介が感じられ、複雑な味わいとなっています。鶏白湯と鶏油の濃厚感はカップ麺でもトップクラスで、まるごと鶏のまったり感を楽しめました。

正直、東洋水産の鶏白湯はどちらかというと鶏の押し出しの弱いものが多い印象でしたが、いやー今回は鶏感横綱級でおいしかったです。





湯戻し時間4分の、中太でストレートに近い形状の油揚げ麺。角麺形状でやや幅広となっています。やや太めの麺なので主張強めですが、今回はスープが濃厚なので、うまいことスープの鶏感を引き立てていました。麺量は70gで「謹製」や「やみつき屋」などと同量で、「マジモリ」よりは少なくなっています。






ダイス状の硬い鶏肉、鶏挽肉、メンマ、ネギが入っています。2種の鶏肉、特にダイス鶏肉が目立っており、鶏むね肉を思わせる喉や胸が詰まるような食感を楽しめます。鶏挽肉も上の写真を見るとあまり写っていませんが、それなりに入っていました。また、メンマも量が多く、コリコリした食感がアクセントになっていました。


オススメ度(標準は3です)


  • セブン限定 「気むずかし家 濃厚鶏白湯ラーメン」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
鶏白湯と鶏油のまったり感と後味の魚介もしっかり楽しめるスープは秀逸で、中太油揚げ麺とも好相性。具のチキンダイスと鶏挽肉、メンマのボリュームも素晴らしく、とてもおいしい一杯でした。東洋水産の鶏白湯の中でも相当な上位の一杯ではないでしょうか。

たっけぇなぁ。こんな缶詰なかなか買えませんが、きっとおいしいんでしょうね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加