このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「サッポロ一番 刀削風麺 担々風まぜそば」と「サッポロ一番 刀削風麺 海鮮風まぜそば」を食べてレビューしていきます。



「刀削風麺」2品を食べ比べ


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 刀削風麺 担々風まぜそば」と「サッポロ一番 刀削風麺 海鮮風まぜそば」。2023年5月29日発売の新商品です。同時発売された「刀削風麺」の2品を食べ比べます。



「刀削風麺」2品


刀削麺風のカップ麺「刀削風麺」は、サンヨー食品がこれまでにも力を入れて定期的に商品を発売してきました。安価などんぶり型や商品やタテ型の比較的大きなカップの商品で登場しており、今回は安価タイプの商品です。今回は「担々風まぜそば」と「海鮮風まぜそば」の2品で、特に前者は以前にも同様の商品が出ていたことがあります。
サンヨー食品 「サッポロ一番 刀削麺風 汁なし担々麺」

サンヨー食品 「サッポロ一番 刀削麺風 汁なし担々麺」

油そばと同時発売の廉価版汁なし担々麺今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 刀削麺風 汁なし担々麺」。前回記事にした油そばと同時発売の商品です。この商品も昨年出ていましたね。流行の汁なし担々麺をスーパーで100円程度で買って食べられるのは大きな価値のあることだと思います。廉価商品の汁なし担々麺と言えば、量ではヤマダイの「ニュータッチ 広島汁なし担担麺」が上回りますが、味は果たしてどうでしょうか...

タテ型カップの商品はこんな感じのものが出ていました。
サンヨー食品 「サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」

サンヨー食品 「サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」

なぜか辛いラーメンばかり出している「麺の至宝」シリーズの新商品今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」。「麺の至宝」シリーズの新商品です。このシリーズは麺の良さを売りにしているはずなのですが、なぜか辛い商品ばかり出していて、個人的には辛いラーメンのシリーズと化しています。今回の「四川麻婆味」も過去に出ていた商品です。今回の四川麻婆味はどんな味なのでしょうか。...



内容物、価格、購入額など




左が「担々風まぜそば」で右が「海鮮風まぜそば」。どちらも別添袋は3つ。麺は同じものが入っているようです。



左が「香酸辣湯麺」で右が「鶏湯肉麺」。どちらも別添袋はひとつ。サンヨー商品のタテ型としてはかやく多めでしょうか。

品名刀削風麺 担々風まぜそば
刀削風麺 海鮮風まぜそば
メーカーサンヨー食品
発売日2023年5月29日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ担々風:3袋(調味だれ・特製スープ・かやく)
海鮮風:3袋(特製スープ・かやく・調味油)
定価税別214円
取得価格税別118円(マックスバリュ)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分担々風まぜそば
77g(めん60g)
海鮮風まぜそば
72g(めん60g)
エネルギー360kcal341kcal
たんぱく質6.1g5.7g
脂質16.4g15.3g
炭水化物47.0g45.0g
食塩相当量2.8g2.8g
ビタミンB10.30mg0.31mg
ビタミンB20.33mg0.29mg
カルシウム155mg160mg

どちらも麺量60g。両者とも似たような栄養成分の数値となっています。

  • 原材料
・サッポロ一番 刀削風麺 担々風まぜそば

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩)、スープ(糖類、ねりごま、植物油脂、豚脂、食塩、みそ、ポークエキス、しょうゆ、香辛料、デキストリン、香味油、酵母エキス、大豆加工品、ポーク調味料、発酵調味料)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、乳化剤、かんすい、クチナシ色素、カラメル色素、パプリカ色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)


・サッポロ一番 刀削風麺 海鮮風まぜそば

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩)、スープ(植物油脂、豚脂、香辛料、食塩、砂糖、魚介調味料、香味油、えび加工品、ごま、クリーミングパウダー、チキン調味料、発酵調味料、しいたけ調味料、酵母エキス、野菜粉末)、かやく(味付揚げ玉、ねぎ、かに風味かまぼこ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、レシチン、香辛料抽出物、かんすい、クチナシ色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、ビタミンB2、カラメル色素、ビタミンB1、(一部にえび・かに・小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・ゼラチン・魚醤(魚介類)を含む)


「刀削風麺」はこんな麺




2品共通で用いられている「刀削風麺」は、太いところ厚みがあるところと、細いところ薄いところのある特殊製法の油揚げ麺で、全体的に見ると太めで縮れの強い油揚げ麺となっています。一気に食べてしまうと何も感じずに食べ切ってしまいそうですが、数本ずつじっくり食べると太さの違いが感じられて面白いです。



「サッポロ一番 刀削風麺 担々風まぜそば」食べてみた!



食べ応えのある刀削風麺、花椒のしびれる辛みが特徴の担々風まぜそばです。
特殊切り刃を使用した、ちぢれめんです。
めんの厚みの違いにより、スープの絡みがよく、つるつるとした食感としっかりとした食べ応えを楽しめます。
赤みそのうまみをベースに、ねりごまのコク、唐辛子、ラー油の辛み、花椒の辛みをきかせた担々風まぜそばスープに仕上げました。
具材は肉そぼろ、ねぎの組み合わせです。


練りごまのまったり味が主役




みそ味ベースに練りごまを加えた担々麺だれで、唐辛子の辛味や花椒のシビレを効かせています。安価品ながら練りごまが結構太めで、辛味やそれほど強くなく、シビレはそれなりにありました。刺激よりも練りごまが主役のまったり系の味でした。なかなかおいしかったです。

具は肉そぼろとネギ。安価販売前提の商品と思われ、具はおまけ程度でした。



「サッポロ一番 刀削風麺 海鮮風まぜそば」食べてみた!



食べ応えのある刀削風麺、葱と生姜の爽やかな香りが特徴の海鮮風まぜそばです。
特殊切り刃を使用した、ちぢれめんです。
めんの厚みの違いにより、スープの絡みがよく、つるつるとした食感としっかりとした食べ応えを楽しめます。
かきとえびのうまみを合わせ、生姜をきかせたスープです。
葱と生姜の爽やかな香りの調味油を合わせることで風味豊かに仕上げました。
具材はあおさ入りあげ玉、ねぎ、かに風味かまぼこの組み合わせです。


エビと生姜の華やかな味




しお味ベースに海鮮風味や生姜、ネギの風味を加えたたれ。エビの風味と生姜の香りが強く、思いのほか華やかな味のたれとなっています。「海鮮風」と聞いてエビは想像できましたが、生姜やネギがハッキリ感じられるのは意外で面白かったです。「刀削風麺」だけではなく、たれもきちんと武器を持っていて好感が持てます。

具は揚げ玉、細切りのかにカマ、ネギ。揚げ玉は面白い存在でしたが、いかんせん量が少なくて目立っていませんでした。かにカマやネギも少量でおまけ程度です。


オススメ度(標準は3です)


  • サンヨー食品 「サッポロ一番 刀削風麺 担々風まぜそば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
  • サンヨー食品 「サッポロ一番 刀削風麺 海鮮風まぜそば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

定価214円ですがどちらも安価販売前提の商品と思われ、特に具に安っぽさを感じました。ただ、太さの違いをきちんと食感として感じられる「刀削風麺」や、「担々風」と「海鮮風」それぞれにたれの味がおいしく、両者とも単なる安価品ではない商品でした。どちらもおすすめですが、安定の味なら「担々風」、新鮮さなら「海鮮風」でしょうか。

この軽さがたまに食べたくなるんですよね。


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加