このページでは、日清食品のカップ麺、「日清ドロラ王 魚粉、ザラザラ、魚介豚骨」を食べてレビューしていきます。



「日清ドロラ王 魚粉、ザラザラ、魚介豚骨」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清ドロラ王 魚粉、ザラザラ、魚介豚骨」。2023年5月15日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。「ドロラ王」の第2弾商品となります。



「ドロラ王」第2弾


35周年を迎えた「日清ラ王」シリーズでは、昨年から今年にかけて多くのインパクトのある商品が登場しましたが、最近は一段落ついたのか、だいぶ大人しくなっていました。「プチ贅沢」を謳うタテ型の商品も出ていましたが、インパクトは弱めの印象。

今回の商品は、昨年2022年4月に出ていた「ドロラ王 鶏白湯」に続く第2弾商品。定価が高額に設定された贅沢なラ王となっています。定価税別398円なので、「プチ贅沢」ではなく完全に贅沢ですね。
これぞ「鶏ポタ」!!カップ麺最強鶏白湯登場か?「日清ドロラ王 ドロ、コッテリ、鶏白湯」を実食レビュー

これぞ「鶏ポタ」!!カップ麺最強鶏白湯登場か?「日清ドロラ王 ドロ、コッテリ、鶏白湯」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清ドロラ王 ドロ、コッテリ、鶏白湯」を食べてレビューしていきます。「日清ドロラ王 ドロ、コッテリ、鶏白湯」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清ドロラ王 ドロ、コッテリ、鶏白湯」。2022年4月25日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。「豚ラ王」に続く「日清ラ王」シリーズの高額カップ麺が登場しました。「豚ラ王」に続く「鶏ラ...

個人的見解では、二郎インスパイアのこの商品も同シリーズだと認識しており、豚、鶏、そして今回の魚が揃い踏みした感じがしています。
二郎インスパイア豚ラ王3回目の登場!「日清トリプルニンニク豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」を実食レビュー

二郎インスパイア豚ラ王3回目の登場!「日清トリプルニンニク豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清トリプルニンニク豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」を食べてレビューしていきます。「日清トリプルニンニク豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清トリプルニンニク豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」。2022年1月10日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。昨年一昨年と2年連続で登場した二郎インスパイアの...



内容物、価格、購入額など




別添袋は4つ。高額カップ麺だけあってリッチな構成に見えます。カップには麺のみ。



先入れの「焼豚」を麺の上に開けた状態。チャーシューは厚みがあります。

品名日清ドロラ王 魚粉、ザラザラ、魚介豚骨
メーカー日清食品
発売日2023年5月15日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ4袋(液体スープ・粉末スープ・焼豚・あとのせ魚粉)
定価税別398円
取得価格税別398円(セイコーマート)

栄養成分表、原材料


1食133g(めん80g)あたり
エネルギー476kcal
∟めん・かやく∟337kcal
∟スープ∟139kcal
たん白質16.1g
脂質12.3g
炭水化物75.3g
食塩相当量7.9g
∟めん・かやく∟2.9g
∟スープ∟5.0g
ビタミンB10.37mg
ビタミンB20.43mg
カルシウム403mg

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス)、スープ(ポークエキス、糖類、しょうゆ、豚脂、魚粉、ポーク調味料、香辛料、食塩、ねぎ、小麦粉)、かやく(チャーシュー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、リン酸Ca、カラメル色素、かんすい、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、炭酸Ca、チャ抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、シリコーン、香辛料抽出物、酸味料、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)


脂質の数値はそれほど大きくないですが、その割にカロリーが高く、特に100kcal超えのスープは期待できそうです。麺量は80gで大盛りに近い多め。


「日清ドロラ王 魚粉、ザラザラ、魚介豚骨」食べてみた!


"ドロドロ豚骨×ザラザラ魚粉" の濃厚やみつきスープ
ドロっとした豚骨スープに魚粉のうまみを加えたコク深い味わいが特長です。「あとのせ魚粉」を加えれば、ザラザラとした質感のスープと麺がよく絡み、やみつきになる一杯に仕上がります。




スープ




大量の魚粉を加えてとろみとザラつきのあるしょうゆ味のとんこつスープに、太くて縮れの強いノンフライ麺と、厚みのあるチャーシューやネギを合わせています。

スープはとろみが強くつけられていてまさに「ドロラ王」の名前通り。ベース部分のとんこつスープは、しょうゆのキレやとんこつのコクが強いというよりは、甘み強めのマイルド系のスープという印象です。魚粉抜きだと魚介もそれほど強くありませんでした。もうちょっとエッジが立って欲しかったですかね。

魚粉




別添「あとのせ魚粉」に入っている大量の魚粉。これだけ入っているとさすがに看板に偽りなくザラザラになります。「ドロラ王」でザラザは間違いないです。



魚介よりマイルドが勝ってしまう




しょうゆやとんこつよりもマイルドさが目立つスープに大量の魚粉を加える構成になりますが、合わせてもマイルドなスープが勝ってしまう印象で、ドロドロなのも甘さを増幅させる要因になっていそうです。食感が重視されるあまり、「とみ田」のようなキレがないのはちょっと残念でした。

魚介の濃さを堪能するためには、魚粉をスープに溶かしきらずに、スープに浮かせた状態で食べる方が良さそうです。





湯戻し時間5分の、フテ奥手縮れのついたノンフライ麺。以前の二郎インスパイア「豚ラ王」の麺と成分は違いますが食感などよく似ています。二郎系のワシワシ麺タイプです。麺の太さもスープの甘みを増幅させており、魚介を楽しむならもっと細いほうが良いように感じましたが、ドロドロスープと麺がよく絡んで一体感があり、両者の相性は悪くなかったです。

麺量は80g。豚ラ王、ドロラ王と一貫して80gで、通常のラ王より5g多くなっています。






乾燥チャーシューと粉末スープに入っていたネギの組み合わせ。チャーシューには厚みがあって、さすが高額商品の風格があります。ただ、ネギはおまけ程度にしか入っておらず、全体として具が価格に見合うかは微妙なところです。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清ドロラ王 魚粉、ザラザラ、魚介豚骨」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ドロドロでザラザラの魚介豚骨で、商品名の看板に偽りありません。リッチな味わいを楽しめますが、「魚介豚骨」と聞いて思い浮かべる「とみ田」のようなガツンとくる味ではなく、ドロドロを重視したためか甘さが目立っているように感じました。もうちょっとキレが欲しかったです。

最近、個人的に塩昆布をそのままごはんにかけて食べるという、とても褒められない食べ方が流行りです。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加