このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海鮮サラダ風」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」はどんな商品?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」。2023年5月15日発売の「凄麺」シリーズの商品です。「凄麺」の「冷し中華」は今回で3回目の登場となります。



3年連続登場「凄麺」の「冷し中華」


今回で3枚目の登場となる「凄麺」の「冷し中華」。過去2回の「冷し中華」は、甘酸っぱい「冷し中華」スタイルのたれに、海藻類と紅生姜を加えた海鮮サラダ風の商品でした。今回も「海鮮サラダ風」なので、同じ系統を引き継いでいるものと思われます。果たしてどんな商品いなっているのでしょうか。

過去2回の「凄麺 冷し中華」はこちら。
夏に食べたい冷し中華のカップ麺!「凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」を実食レビュー

夏に食べたい冷し中華のカップ麺!「凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」を実食レビュー

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」を食べてレビューしていきます。「凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」はどんな商品?今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」。2021年5月17日に発売された「凄麺」シリーズの商品。カップ麺ではとても珍しい「冷し中華」の商品となっています。ヤマダイさんが夏本番の前に余裕を持って5月に発売してくれたのに、毎日真夏日の...

今年も【凄麺】の夏季限定商品登場! 「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」を実食レビュー

今年も【凄麺】の夏季限定商品登場! 「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」を実食レビュー

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」を食べてレビューしていきます。「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」はどんな商品?今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」。2022年4月25日発売の「凄麺」シリーズの商品です。昨年も発売されていた「凄麺 冷し中華」が今年も登場。夏季限定商品となっています。 「凄...



内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っていて、例年とまったく同じスタイルとなっています。袋のデザインまで同じです。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。例年の海藻類3種の他に、今回からえび団子が加わっており、変化が見られました。

品名ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風
メーカーヤマダイ
発売日2023年5月15日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体タレ・かやく・紅生姜)
定価税別242円
取得価格税別198円(スーパー)

栄養成分表、原材料


1食132g(めん72g)あたり
エネルギー347kcal
たん白質8.1g
脂質1.7g
炭水化物74.9g
食塩相当量4.1g

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、大豆食物繊維)、タレ(糖類、しょうゆ、食塩、植物油脂、鰹節エキス、ビーフエキス)、かやく(紅生姜、えび団子、白キクラゲ、わかめ、ツノマタ)/加工でん粉、酸味料、かんすい、酒精、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、pH調整剤、アカキャベツ色素、(一部に小麦、えび、牛肉、ごま、大豆を含む)

内容量と麺量は昨年とまったく同じで、栄養成分も僅かな変化に留まります。原材料も「えび団子」以外に大きな変化は見られませんでした。昨年から定価税別で22円値上げされていますが、これはこのご時世致し方ない上に、現状では他社よりも小幅な値上げに留まっています。


2023年版「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」食べてみた!



ゆでたての旨さが自慢の凄麺シリーズに、今年も夏季限定で冷し中華が仲間入りです。
冷し中華専用の中細ちぢれ麺は、しっかり冷やすとよりツルツル、シコシコとした食感が楽しめます。
本醸造醤油がベースのタレは、酸味と甘みのバランスが絶妙で、ゴマ油の風味が食欲をそそります。
具材には海老ボール、白きくらげ、わかめ、赤つのまたを使用し、彩り豊かに仕上げました。
暑い夏にピッタリの甘酸っぱいサッパリした味わいの一品です。



たれ




しょうゆ味に甘みや酸味を加え、ごま油で風味づけした冷し中華のたれ。全国津々浦々、色んな味の冷し中華があると思いますが、おそらく最大公約数を取るとこんな味になるのではないかという、ほどほどに酸っぱくてほどほどに甘いたれです。ごま油がしっかり効いており、自分でからしでも入れたら完璧ですね。

正直、ぴっくりするおいしさというわけではないですが、これがカップ麺で手軽に食べることができることに価値があると思います。安定のおいしさ。





湯戻し時間5分の、中細で弾力のある多加水麺食感のノンフライ麺で、「冷し中華」専用麺とのこと。他社にも冷し中華はありますが、最も大きな違いはノンフライ麺と油揚げ麺の違いで、冷し中華のたれの酸味は油揚げ麺の匂いは相性があまり良くなく、不協和音のように感じることがありますが、ノンフライ麺だとその懸念がなく、本物の冷し中華と大差ない感覚で食べることができます。

湯戻しした後に冷水で冷やすことで、キリッと引き締まった食感となり、いつもの「凄麺」以上に弾力を感じました。






これまでも入っていたわかめ、白キクラゲ、ツノマタ、別添の紅生姜、そして今回新たに加わったえび団子の組み合わせです。えび団子が加わったためか、もともとの海藻3種はちょっと量が減ってしまいました。ツノマタや白キクラゲはカップ麺で食べようとすると珍しい存在なので、ちょっと残念。

新たに加わったえび団子は、具の中で唯一の動物系。えびの香ばしさがあり貴重な存在ですが、海藻の量と天秤にかけると賛否分かれそうですね。私は海藻ドッサリの方が良かったです。

紅生姜は、たれの酸味と合わさるとかなりキレッキレの味になってしまうので、苦手な場合は少量ずつ試してみる方が良さそうです。


オススメ度(標準は3です)


  • ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
海藻の量がえび団子に代わった以外は、昨年とそれひど違いの感じない冷し中華でしたが、引き続きかなりの良品でした。ノンフライ麺を使用していることがとても大きく、油揚げ麺では得難い酸味との相性の良さでした。毎年の恒例商品になっていきそうですね。

五木の冷し中華。うちのあたりだと見たことがありませんが、見つけ次第食べてみたいです。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加