このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「名店の味 春木屋 東京ワンタン麺」を食べてレビューしていきます。



「名店の味 春木屋 東京ワンタン麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「名店の味 春木屋 東京ワンタン麺」。2022年10月31日発売の商品です。東京・荻窪の名店、「春木屋」の看板メニュー「わんたん麺」を再現したカップ麺となっています。



荻窪ラーメン「春木屋」の味を再現


「春木屋」は、1949年創業の荻窪ラーメンの名店。今や荻窪どころか東京ラーメンの代表格として扱われることも多く、中華そばの代名詞として君臨しています。荻窪ラーメンといえば、北口の「春木屋」、南口の「丸長」が老舗として有名で、私オサーンはどちらもなじみがありませんが、目白の「丸長」の酸っぱい味のつけそばが大好きでよく食べた記憶があります。当時はそれが大勝軒の原型のような存在だとは知りもしませんでした。歴史を辿っていくと、思わぬところでお店同士のつながりがあったりして面白いです。

さて、「春木屋」に話を戻しますが、荻窪ラーメンのカップ麺は何度か出ていたことがありますが、「春木屋」の再現となると私の知る限り初めてのカップ麺化ではないかと思います。ひょっとすると私の知るもっと以前にはあったのかもしれません。なのでこのカップ麺を発売前からすごく楽しみにしていたのですが、私の周辺ではまったく見ることもなく時が過ぎてしまい、先日、発売から半年も経とうとする日になぜかスーパーに大量に置かれているのを発見しました。もうメーカーのラインナップからも消えてしまっていますが、食べたかったカップ麺がせっかく手に入ってのでレビューしようと思います。

セブンのレンジ麺として「春木屋」の商品が出ていたことがあります。
【セブン】荻窪ラーメン名店のレンジ麺!「東京荻窪・春木屋監修 チャーシュー麺」を実食レビュー!

【セブン】荻窪ラーメン名店のレンジ麺!「東京荻窪・春木屋監修 チャーシュー麺」を実食レビュー!

このページでは、セブン-イレブンのレンジ麺、「東京荻窪・春木屋監修 チャーシュー麺」を食べてレビューしていきます。セブン「東京荻窪・春木屋監修 チャーシュー麺」はどんな商品?今回は、セブン-イレブンの「東京荻窪・春木屋監修 チャーシュー麺」。2022年3月2日に北海道で発売となったセブン-イレブンのレンジ麺です。東京・荻窪にある「荻窪ラーメン」の名店、「春木屋」監修のレンジ麺です。...



内容物、価格、購入額など




別添袋は4つ。カップには麺のみ入っています。



先入れのかやく2袋を開けた状態。ワンタンが4個入っています。賞味期限まではまだ時間はあるのですが、発売から少し時間が経過してしまっているため、ネギが少し酸化した色をしているでしょうか。

品名名店の味 春木屋 東京ワンタン麺
メーカーサンヨー食品
発売日2022年10月31日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ4袋(あと入れ液体スープ・かやく2袋・あと入れ調味油)
定価税別310円
取得価格税別298円(西友)

栄養成分表


1食136g(めん75g)あたり
エネルギー525kcal
∟めん・かやく∟404kcal
∟スープ∟121kcal
たん白質11.4g
脂質23.5g
炭水化物66.9g
食塩相当量7.3g
∟めん・かやく∟2.3g
∟スープ∟5.0g

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、植物油脂、食塩、大豆食物繊維、粉末卵)、スープ(豚脂、植物油脂、チキン調味料、しょうゆ、食塩、糖類、調味油脂、牛脂、ガーリックエキス、たん白加水分解物、ポークエキス、煮干粉末、ビーフ調味料、香味油、発酵調味料、かつお節調味料、香辛料、たまねぎ調味料、酵母エキス、こんぶエキス)、かやく(ワンタン、チャーシュー、ねぎ、メンマ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、酒精、カラメル色素、レシチン、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(キサンタン)、酸味料、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)


「名店の味 春木屋 東京ワンタン麺」食べてみた!




東京・荻窪の人気ラーメン店「春木屋」の味わいを再現したワンタン麺です。
張りとしっかりとした噛み応えがある中太のちぢれめんです。
全粒粉を使用することで小麦の風味を活かし、形状を丸くすることで食べ応えを出しました。
チキンやポークのうまみに、ガーリックやジンジャー、オニオンのコク、煮干やかつお節の奥深い味わいを合わせた風味豊かなしょうゆ味スープです。
具材はワンタン、チャーシュー、ねぎ、メンマの組み合わせです。




スープ




豚や鶏といった動物系ベースのしょうゆ味スープに豚脂など油脂を浮かせ、魚介の風味を効かせたオーソドックスな中華そばスープとなっています。しょうゆのキレ、動物系特に鶏ガラの旨み、そして煮干しやかつおのエッジがバランスよく、昔ながらの中華そばの味としてはやや濃いめな印象です。

加えて、スープ表面には豚脂など油脂が多めに浮いており、あっさり一辺倒でもありません。あっさり好きこってり好き両方とも楽しめる味ではないでしょうか。





湯戻し時間5分の、中太で縮れのついたノンフライ麺。やや浅黒で全粒粉配合の麺とのこと。お店の麺も全粒粉が配合されているようです。昔ながらの中華そばの麺は中細のイメージがありますが、「春木屋」の麺は中太で縮れており、コシも強め。今回の麺もコシが強く、この麺と合わせてバランスを取るためにスープが少し濃いめになっているものと思われます。麺とスープのバランスばっちりでした。






具は、ワンタン4個と、チャーシュー、メンマ、ネギ。ワンタンはそれほど大きくはないものの、カップ麺の具としては存在感がしっかりあり、餡もきちんと入っています。



チャーシューは小さめですが、厚みがあって肉感は十分。ワンタンが入っている上にチャーシューも入っていて充実していました。メンマとネギも入っています。


オススメ度(標準は3です)


  • サンヨー食品 「名店の味 春木屋 東京ワンタン麺」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
濃いめのスープと食べ応えのある中太ノンフライ麺、そしてワンタンとチャーシューが両方入った具の充実ぶりと、素晴らしい商品でした。ノスタルジックな気分浸りつつも、おいしさもきちんと追求されていました。ただ、価格が300円超えというのは気になるところで、おいしいとはいえ、手放しで高評価はできないようにも思います。

荻窪といえば中央線。中央線といえば今はなき201系。中央線をガシガシ走っている時から大好きな電車でした。先日、大阪でまだまだ現役の201系を目にして目頭が熱くなりました。201系といえば東京も大阪もオレンジかブルーのイメージで、今見られるのはウグイス色のしかありませんが、いつまでも走っていて欲しいです。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加