このページでは、ローソンオリジナルのカップ麺、「麺大盛り 豚コクしょうゆラーメン」と「麺大盛り 辛みそラーメン」を食べてレビューしていきます。



ローソンオリジナルの大盛カップ麺2種食べ比べ


今回のカップ麺は、ローソンオリジナルの「麺大盛り 豚コクしょうゆラーメン」と「麺大盛り 辛みそラーメン」。いずれも2023年4月25日発売の新商品です。ローソンのプライベートブランド「ローソンオリジナル」の商品で、製造は日清食品が担当しています。



「デカうま」が叩き台?


ローソンオリジナルの商品は、シンプルなパッケージデザインですぐにこれとわかりますが、ロゴ自体はとても小さく描かれており、セブンプレミアムやファミマるなどライバルに比べると控えめとなっています。実際、セブンやファミマほど自社ブランドのカップ麺に力を入れている感じではないですが、今回、コンビニPBでは珍しいバケツ型の大盛カップ麺が2種同時に発売されました。

このサイズは、「スーパーカップ」や「でかまる」、廉価版だと「ごつ盛り」や「デカうま」などありますが、今回は製造が日清食品なので、叩き台となっているのは「デカうま」でしょうか。



内容物、価格、購入額など




左が「しょうゆ」で右が「辛みそ」。どちらも別添袋はひとつですが、「しょうゆ」は後入れの「液体スープ」、「辛みそ」は先入れの「先入れ粉末スープ」が入っていました。カップにはどちらも縮れのついた麺とネギが入っています。



「辛みそ」の麺の上に先入れの「先入れ粉末スープ」を開けた状態。ちょっと赤いですね。

品名麺大盛り 豚コクしょうゆラーメン
麺大盛り 辛みそラーメン
メーカーローソンセレクト
発売日2023年4月25日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープしょうゆ:1袋(液体スープ)
辛みそ:1袋(先入れ粉末スープ)
定価税込168円
取得価格税込168円(ローソン)


栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分しょうゆ
112g(めん90g)
辛みそ
104g(めん90g)
エネルギー463kcal462kcal
∟めん・かやく∟413kcal∟408kcal
∟スープ∟50kcal∟54kcal
たんぱく質11.2g10.5g
脂質20.6g18.9g
炭水化物59.4g63.9g
∟糖質∟57.0g∟61.2g
∟食物繊維∟2.4g∟2.7g
食塩相当量7.1g7.9g
∟めん・かやく∟2.4g∟2.9g
∟スープ∟4.7g∟5.0g
ビタミンB10.26mg0.24mg
ビタミンB20.34mg0.36mg
カルシウム136mg132mg

いずれも麺量は90gで「デカうま」と同サイズ。


  • 原材料


左が「しょうゆ」で右が「辛みそ」。麺やかやくは両者同じ構成となっていました。

どちらも阪急マルーンを思わせる原材料記載部分の色使い。日本のローソンはダイエーグループとしてスタートしましたが、そのローソン1号店は大阪府豊中市。阪急のお膝元なんですよね。初心にかえる意味で阪急マルーンを使ったのでしょうか。もちろんそんなわけないですよね。この色を見て阪急マルーンと言いたくなっただけです。


ローソンオリジナル 「麺大盛り 豚コクしょうゆラーメン」食べてみた!




豚の旨みと醤油のキレが利いたスープがやみつきになる一杯です。




豚の旨みと豚脂のコクを効かせたしょうゆ味のスープに、中細で縮れのついた大盛り麺量の油揚げ麺と、ネギが合わせられています。大盛で税込168円という価格設定を考えれば、スープの豚の旨みには厚みがあり、かなりリッチな味わいとなっています。スープだけならもっと高くてもまったく違和感ないレベルで、他の大盛廉価商品を圧倒しています。

反面、麺がやや駄菓子のような安っぽさがあり、具もネギだけという貧相ぶり。スープの厚みと麺量に全振りして、麺と具の質はすべてオミットした形となっていました。かなり割り切っていますが、「スーパーカップ」や「でかまる」と、「ごつ盛り」や「デカうま」の中間にある価格設定と考えると、もうちょっと具は欲しかったところ。麺はある種のジャンク感があってこれはこれで良かったです。



ローソンオリジナル 「麺大盛り 辛みそラーメン」食べてみた!




コクのある味噌スープに、唐辛子の辛みでアクセントを加えたやみつきになる一杯です。




辛味を効かせたみそ味のスープに、中細で縮れのついた大盛り麺量の油揚げ麺と、ネギが合わせられています。スープ以外は「しょうゆラーメン」とまったく同じだと思われます。豚脂のコクが前面に出た刺さらない味の「しょうゆラーメン」とは違い、こちらは塩気強めのみそ味に、ピリ辛以上中辛程度の辛味、さらにはニンニクによってキレを加えています。

こちらのスープはジャンクさを追求しているような味をしており、同じくある種のジャンキーさを醸し出す駄菓子のような味の麺と好相性。スープだけなら「しょうゆ味」の方がおいしいと感じましたが、麺まで含めると「辛みそ」の方がカップ麺らしい良い意味で体に悪そうな?味がしていて良かったです。「良い意味で」とつけたら何でも良いのかという話ですがw

オススメ度(標準は3です)


  • ローソンオリジナル 「麺大盛り 豚コクしょうゆラーメン」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
  • ローソンオリジナル 「麺大盛り 辛みそラーメン」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

廉価大盛商品で、中途半端に安っぽい具を入れるくらいなら、ほぼ具をなくしてその分をスープに集中しようという、新しいことをする気概が感じられる一杯でした。「しょうゆラーメン」は豚脂の厚みが感じられる高級感ある味、「辛みそラーメン」は塩気強めのみそ味に辛味やニンニクを加えたジャンキーな味に、それぞれ具をオミットしただけの効果が感じられました。これで「ごつ盛り」や「デカうま」くらい安ければもうひとつ★を足していました。

「デカうま」といえばこれ。コスパ最強のカップ焼そばだと思っています。ソースは粉末が良いなら「デカうま」、液体が良いなら「ごつ盛り」です。


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加